100均ベルトでもOK!おしゃピクに、毎日のお供に♪レザーボトルホルダーをハンドメイド🔨

近年ではSNSの普及で、おしゃピクやおしゃキャンなどの言葉もうまれて
アウトドアにもおしゃれを求められるようになってきましたよね☺

今回は普段のおでかけで水筒を持ち歩く方にもぴったりな
見た目や使い勝手もよくて
かけていてもインテリアの邪魔にもならない、レザーのホルダーをハンドメイドしてみました★

  • 197931
  • 3390
  • 11
  • クリップ

水筒メーカーなどでも販売されている
ボトルホルダーですが
素敵にハンドメイドされている方もみかけます★
レザーで作られているものは
大人も持ててすごくおしゃれですよね✨

今回は、子供がいても気軽に使える、価格もリーズナブルなフェイクレザーでハンドメイドしてみましたので
詳しい作り方を載せていきたいと思います🔨♪

用意するもの

【今回作るものは、直径7cm前後、高さ20cm前後のボトルを入れる場合 ※500mlペットボトルやマイボトルなどにもちょうどいいサイズです】

★レザーテープ幅1cm〜1.5cmを
250cm←すみません、2個分の長さの5mとなっていましたので訂正しました🙏

手芸店で1m200円ほどで購入できます。
100均のベルトを利用しても👍

★カシメ 9組
(私が使用したのは頭7㎜の片面カシメ 足の長さ7mmを6つと8.5mmを3つ)

★美錠(ベルトのバックル)2つ


道具
★メジャー

★ハサミ、カッター

★カシメ打具(手芸やさんにカシメとセットで売っていることが多いです)

★穴開けポンチ(ダイソーの工具か手芸コーナーにあります。キリでも代用できますが、ベルト穴などの見た目をよくするためには専用ポンチを使ってください)

★木槌(トンカチ)

★下に敷くもの


↑※左側のニットのリュックにはダイソーの細ベルトを使っていますが、バックルもついていますし、そちらを利用しても大丈夫です!
また今度ダイソーベルトを活用したDIY、ハンドメイドをご紹介しますね😊

材料を切る

レザーテープを
・20cm(以下①)
・25cm(以下②)
・32cm(以下③)
・145cm〜155くらい(以下④)←肩掛けする場合とななめがけする場合長さ調整してください。
の4本切り出す。

ポンチで穴を開ける

カシメの大きさにあわせて2〜3mmの穴を数個開けます。
形によってイロイロなパターンがあると思いますが、
私の場合↑ようなパターンで開けました。

ご自身の持っている水筒に合わせて組み立てながら開けていく方がいいかもしれませんが、
一応ペットボトルなどにいいサイズですので、参考に載せます✍

写真ではレザークラフト用のスクリューポンチをつかっていますが
ポンチ(ダイソーにあります)をトンカチで打ち付けて穴をあける方法でも大丈夫です。

バックル穴をあける

③-E,Fの間と、④-G,Hの間にバックル穴を開けます。

👆👆
ベルトのバックルをつける穴をあけます。

美錠抜きという専用工具を使うとキレイに穴を開けられますが、
カッターで切っても大丈夫です。

わかりやすいようにマジックで黒く塗った部分に穴を開けていきます。
両端をポンチで抜き、カッターで二本、線をいれてくりぬきます。

素材にもよりますがこちらはすごく開けにくい素材だったので
この方法で開けました。

👇👇
上が美錠抜きを使った穴
下がポンチ+カッターを使ってあけた穴です。

もちろんカッターで線をいれるだけでもOKです!

ポンチ+カッターもいい感じです\(^o^)/

パーツを組み立てる

さあ、下準備ができたので
組み立てていきます。
手書きの図にある記号を使って説明しますね。
わかりにくいかもしれませんがこの方法しか思いつかなくてすみません(;´・ω・)」

まずは
①-Aと④-Fを十字にあわせカシメます。
一番長いテープと1番短いテープです!
カシメに合わせた打ち具を当てて、トンカチで叩いてください。

この最初に合わせる部分が底の真ん中の部分になります。

※レザーテープ2枚を合わせるときにはカシメの足の長さ7mm、3枚合わせるときには8.5mmを使います。

②-Eと②-Cをあわせてわっかにします。そこに④-Jを合わせて3枚をカシメます。

反対側の②-Aと④-Iもカシメます。

②-Bを①-B,①-Cの間に挟んで、
同様に②-Dを①-D、Eで挟んでそれぞれ3枚ずつカシメます。

下の部分出来上がり✨

④-Kと③-G、④-Lと③-Hをそれぞれ合わせてカシメます。上の輪っかベルト部分です。

上のベルト輪っか部分をつけます。
形になりました。あとはバックルパーツをつけるだけ。

👆③と④のレザーテープにベルトのバックルをつけて折り曲げてカシメます。
ここで先程あけた細長い楕円の穴の出番です!
付けてみると、ピッタリきて、
こういうことか!となるはず。

(バックルは組み立ての前に取り付けててもOKです👌)


バックルピンをベルトに通して
出来上がり!!
お好みでベルトを通した先をナナメにカットしたりするとまたおしゃれです✄

一見ややこしいように見えますが穴をあける位置さえわかれば大丈夫です★

私の場合は、オンラインショップで販売していますのでハンドプレス機を使ったりしていますが、
個人で使うものでしたら本格的な道具をそろえなくてもほぼ家にありそうなもので作ることができます😊

上の部分の調整がいらなければ、バックルの工程を省いてもいいですし、アレンジしてみてくださいね😊

インテリアとしてかけておいてもいいですし、これからの行楽シーズンにもピッタリです!

穴開けとカシメで出来て、
縫う工程はないので、レザークラフトをやってみたいなと思う方は
このボトルホルダーから始めてみるのもいいかもです🔨

長くなりましたが、
"レザーボトルホルダーをハンドメイド🔨"
最後まで読んでいただきありがとうございました💛

記号など、ややこしくてすみません!
次回はボトルホルダーの応用編でもうちょっと簡単に100均ベルトを使ったハンドメイドをご紹介予定です👋✨

aco

  • 197931
  • 3390
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード