窓掃除の簡単なやり方!窓ガラス・サッシ掃除のコツやおすすめグッズを紹介

今回の記事では、簡単にできる窓ガラスの掃除方法を6つ紹介! 基本的な掃除方法から、油汚れや水垢汚れなど汚れの種類別におすすめの方法も紹介しています。ほかにも汚れの原因や、掃除するときのコツなども紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 44210
  • 210
  • 0
  • いいね
  • クリップ

窓の汚れの原因は?

窓の外側は花粉や砂ぼこり

常に外気にさらされている外側は、主に雨水や風で飛んでくる花粉や黄砂、砂ぼこりなどが付着し、汚れてしまうことが多いです。ほかにも車の排気ガスによって窓が黒く汚れてしまうことも。

これらの汚れをそのままにしておくと、なかなか落ちない頑固な汚れへとつながります。とくに花粉・黄砂のシーズン、台風の時期は普段より窓が汚れやすくなるため、こまめな掃除などをして注意が必要です。

窓の内側は手垢やほこり

内側の汚れは室内で発生したほこりや窓を触ったときについた皮脂、手垢などが主な原因となります。また、調理時の油を含んだ水蒸気が換気扇で吸いきれずに、窓に油汚れが付着してしまうことも

油汚れや手垢が窓ガラスについたままでいると、そこにほこりが張り付きやすくなってしまうため、内側の窓ガラスはサラサラに保つようにしましょう。

【基本】窓ガラス掃除用の洗剤を使った掃除方法

「窓掃除ってやることが多くて大変……」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 窓やサッシ、網戸など掃除する場所が多いので、面倒な窓掃除は後回しにしてしまいがちですよね。

この記事では、窓が汚れる原因や、窓の簡単な掃除方法について解説します! ぜひ参考にして、窓の掃除にチャレンジしてみてください♪

用意するもの

  • 窓拭き掃除
  • タオル

掃除方法

  1. 1.窓拭き用洗剤を窓全体に吹きかける
  2. 2.タオルを「コの字」を描くようにして上から下に向かって洗剤を拭き取る
窓拭き用洗剤には2度拭きが要らないタイプが多いため、タオルを2枚用意したり、水拭きしたりする手間が省けます。

タオルは繊維が残らないマイクロファイバーやクロスを使うのがおすすめです!

【基本】スクイジーを使った掃除方法

用意するもの

  • スクイジー
  • 新聞紙
  • タオル
  • セスキ炭酸ソーダorアルカリ電解水

掃除方法

  • 窓の内側を掃除する場合、窓の下の部分に水滴を吸い込ませるための新聞紙を敷いておく
  • 霧吹きやタオルを使って窓全体を濡らす
  • 上から下に向かってスクイジーを滑らせる
  • タオルで窓全体を拭く

【お手軽】雑巾やタオルで水拭き・乾拭き

用意するもの

  • タオル2枚(水拭き用・乾拭き用)

掃除方法

  • タオルを水で濡らし、固く絞る
  • 「コの字」を描くように上から下に向かって水拭きする
  • 乾いたタオルで円を描くようにして乾拭きする

【お手軽】新聞紙を使った掃除方法

用意するもの

  • 新聞紙
  • ぬるま湯

掃除方法

  1. 1.新聞紙を丸めてぬるま湯に浸す
  2. 2.「コの字」を描くように上から下に向かってやさしく拭いていく
  3. 3.乾いた新聞紙を丸めて、乾拭きする

【水垢汚れ】クエン酸を使った掃除方法

用意するもの

  • クエン酸
  • スプレーボトル
  • タオル2枚(水拭き用・乾拭き用)

掃除方法

  • 水200mlにクエン酸小さじ1杯を入れてクエン酸水を作る
  • クエン酸水をスプレーボトルに入れ、窓全体に吹きかける
  • 濡らしたタオルで窓を拭く
  • 乾いたタオルで水気が残らないようにしっかり拭き取る

【油汚れ】重曹を使った掃除方法

用意するもの

  • 重曹
  • スプレーボトル
  • タオル2枚(水拭き用・乾拭き用)

掃除方法

  1. 1.水200mlに重曹小さじ2杯を入れて重曹水を作る
  2. 2.重曹水をスプレーボトルに入れ、窓全体に吹きかける
  3. 3.濡らしたタオルで窓を拭く
  4. 4.乾いたタオルで水気が残らないようにしっかり拭き取る

窓掃除をするときのコツ

窓掃除は曇りの日に行う

曇りの日に窓掃除を行うメリットとして以下2つの点が挙げられます。

  • 窓ガラスに付着した汚れを目で確認しやすい
  • 湿度が高いため、汚れが落としやすい

晴れの日は窓ガラスに太陽の光が反射してしまい、汚れが見えづらくなってしまうことも。曇りの日に掃除を行うことで汚れが確認しやすくなります。また、曇りの日は湿度が高いため、汚れがやわらかくなり掃除しやすくなるのです。

窓サッシから掃除する

窓掃除をする際は、窓サッシから掃除するようにしましょう。窓ガラスを掃除するのに水を使用するため、サッシに溜まっているホコリや砂などが濡れてさらに汚れてしまうことも。そのため、最初に窓サッシのほこりや砂ぼこりなどを吸い取るのがおすすめです。

窓の外側から内側の順番で掃除する

窓の外側から掃除をすることで、大まかな汚れを落とすことができ、内側の汚れが見えやすくなります。内側から始めてしまうと、外の汚れが目立ってしまい、内側の汚れが確認しづらくなることも。そのため、外側→内側の順番で掃除するのがおすすめです。

窓サッシの掃除方法

用意するもの

  • 歯ブラシor小さなほうき
  • 雑巾2枚(水拭き用・乾拭き用)

掃除方法

  • 歯ブラシや小さなほうきで、埃などの汚れを取りのぞく
  • 濡らした雑巾で水拭きをする
  • 乾いた雑巾で水気が残らないようにしっかり拭き取る

窓掃除ならハウスクリーニング110番がおすすめ

※1「ハウスクリーニング110番」受付の満足度調査より(2016年7月実施)
※2「ハウスクリーニング110番」運営サイト全体のお問合わせ件数(2014年1月〜2019年1月)

窓掃除を業者に頼みたいという人は、「ハウスクリーニング110番」のお得なプランの利用がおすすめです。

エアコン・キッチン・水回りの3スポットそれぞれで、17,400円(税込)〜まとめて安く綺麗にできるパッケージプランや、26,400円(税込)〜家中まとめて綺麗にできるお家まるごとプランなど、お得なプランが豊富なため、まとめて安く綺麗にしたい!という人におすすめのサービスです。電話でのご相談は24時間365日受付中のため、窓掃除でお困りの人はまずは気軽に事前見積もりのご相談をしてみてはいかがでしょうか。

窓掃除に関するQ&A

Q. 窓が汚れる原因は?

A. 窓が汚れる原因は主に以下の2つです。

  • 外側の汚れは花粉や砂ぼこり
  • 内側の汚れは手垢やほこり

Q. 窓の掃除方法は?

A. 窓の掃除方法は以下の通りです。

  • 窓ガラス掃除用の洗剤を使って汚れを落とす
  • スクイジーを使って汚れを落とす
  • 雑巾やタオルで水拭き・乾拭きをする
  • 新聞紙を使って水拭き・乾拭きをする
  • 重曹を使って油汚れを落とす
  • クエン酸を使って水垢汚れを落とす

Q. 窓を掃除するときのコツは?

A. 窓を掃除するときのコツは以下の通りです。

  • 窓掃除は曇りの日に行う
  • 窓サッシから掃除する
  • 窓の外側から内側の順番で掃除する

窓の掃除に関する記事をチェック!

※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年4月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。製品の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。
※記事内の情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年4月)に基づいたものです。
※お掃除の際には、ゴム手袋をつけて、しっかりと換気を行い作業をしてください。
※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行ってください。

  • 44210
  • 210
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

ハウスクリーニングのデイリーランキング

おすすめのアイデア