地震保険

地震保険とは、損害保険の一種で地震・噴火・津波による損害を受けた場合に、補償する保険のことです。地震による火災や倒壊は、一般的な火災保険では補償されないため、地震による損害に備えるには地震保険への加入が必要です。なお、地震保険は必ず火災保険と合わせて加入する必要があります。

  1. 「家の傾きが1センチ」ってどういうこと?意外と知らない地盤沈下豆知識!

    我が家は安全、と思って過ごしていても、地震などの災害によって家が傾いてしまうことがあります。そんな傾いてしまった位は、「家の傾きが●センチ」「家が●度傾いている」というような表記で物件情報に載っていることがあります。今回は、そんな家の傾きの基準の考え方についてお伝えします。知っておくと、万が一自分の家が傾いてしまったときに参考になりますよ!

    レフトハウジング(家の傾き修正工事専門施工)
    • 6944
    • 14
  2. 地震から家族を守りたい!家の性能は耐震だけじゃなく◯◯が重要だった

    過去24年の間に大きな地震が発生し、未曾有の被害に見舞われた日本列島。地震大国に住む私たちにとって、地震への備えは必要不可欠です。そこで重要なのは、住まいにおける地震対策。過去の地震から教訓として学んだ建物に備えるべき機能とは……。地震のメカニズムと共に、安全な家づくりについてご紹介します。

    元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
    • 11485
    • 23
  3. 今すぐできる地震対策!液状化マップで地盤を調べてみよう

    地震の際、建物の倒壊や火事などと並んで心配なのが、「液状化現象」です。2011年3月11日に起きた東日本大震災では、液状化現象によって多くの家屋が地盤沈下や倒壊などの被害を受けました。こうした被害に備えるために役立つのが「液状化マップ」です。この記事では、液状化の定義から液状化マップの使い方、液状化の危険がわかった場合の対処法などをお伝えします。

    レフトハウジング(家の傾き修正工事専門施工)
    • 767
    • 0
  4. 【専門家監修】住宅ローンに火災保険は必須!金融機関も納得する火災保険の選び方

    夢のマイホームやセカンドハウスを購入するのに、住宅ローンを利用する方は多いと思います。ここ十数年は低金利時代といわれ、ローンを利用しやすい環境が続いています。住宅ローンを組む場合、ほとんどの金融機関は「火災保険への加入」を義務付けています。この火災保険はローンを借りる金融機関から案内される商品を契約しなければいけないのでしょうか。実は、自分で好きな商品を選んで加入することが可能です。金融機関も満足する、住宅ローンを借りる場合に最適な火災保険の選び方について解説していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 3163
    • 45
  5. 備えて安心!【地震保険】の疑問に答えるアイデアまとめ

    近年、日本各地で大規模な地震が頻発しています。そのため防災意識を高め、対策をしている方も多いのではないでしょうか? なかでも地震保険は、事前に準備をしなければいけないもの。地震保険はどんなものか、しっかり理解していますか? 今回は地震保険に関する疑問に答えるアイデアを紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

    LIMIA 住まい部
    • 4913
    • 14
  6. 地震保険は本当に必要?加入するべき人や保険料を下げるテクニック

    火災保険とともに加入でき、災害時の強い味方になる地震保険。でもその補償内容の少なさから加入するかどうか迷っていたり、どの保険会社から加入しても金額や内容が同じだと思っていたりする方も多いと思います。でも実は、地震保険には賢い加入方法があるのです!地震保険に入っておくべき人や、保険料を下げる方法など、地震保険選びに必要なお役立ち情報をご紹介いたします。

    LIMIA 住まい部
    • 10464
    • 43
  7. 【専門家監修】火災保険の保険料は、確定申告で保険料控除の対象になる?

    確定申告をするとき、保険料控除の欄に記入したことがある人も多いでしょう。生命保険料や地震保険料など保険料控除の対象となるものもありますが、火災保険の保険料はどのような扱いになるのでしょうか? そもそも、所得控除とはどのような理由で設けられた制度なのでしょうか?今回は、所得税と保険料の関係について、大切な知識をご紹介します。なお、所得税の納税手続きや税額など個別具体的なご相談については、税理士や弁護士などの資格を持つ方にご相談ください。

    LIMIA 住まい部
    • 1639
    • 18
  8. 地震保険に加入していて年末調整で控除を受ける方法。基礎から覚えておこう!

    地震や火災に備えて地震保険に加入する人は増えていますが、加入するためには当然、保険料を払う必要があります。地震のリスクが高い地域に住んでいる方や、家の構造区分によっては、高い保険料を支払っている方もいるでしょう。生命保険では、加入すると年末調整をすることで所得控除を受けられます。そうなると、火災保険や地震保険も年末調整をすれば所得控除を受けらるのではないか? と思う方もいるでしょう。控除を受けられるのであれば生命保険などと同様に負担を減らせるので、受けたいものです。今回は、地震保険は年末調整をすることで、所得控除を受けられるのかということをご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 3414
    • 17
  9. 地震保険の加入率は増加中!あなたが加入する必要はある?

    地震保険は、火災保険では補償できない地震や噴火などの大規模災害時に、あなたの生活を助けてくれる力強い存在です。しかし、いつ来るかわからない地震に備える地震保険は、本当に加入した方がいいのでしょうか? 地震保険への加入率はまだ高いとは言えませんが、徐々に増加傾向にあります。また、都道府県によって加入率には大きな差があります。地震保険への加入率についてあらゆる角度から解説していきます。あなたが加入するメリットがあるかどうか、判断する材料にしてみてください。

    LIMIA 住まい部
    • 1606
    • 8
  10. 【専門家監修】火災保険と地震保険の違いを徹底解剖!補償に違いは?

    火災保険や地震保険は、なんとなく似通った印象があります。どちらも火災や地震という突然のアクシデントであり、住居や家財が損害を受けた場合に補償してもらえるものであると言えます。保険は加入すれば安心できるものですが、たくさん加入するとそれなりに費用もかさみます。火災保険と地震保険の違いを知り、できるだけ賢く利用していきたいものです。

    LIMIA 住まい部
    • 1213
    • 9
  11. 地震保険の控除について。一時払いの契約で支払い分は控除されるの?

    東日本大震災から、地震に対する不安はより身近なものになりました。その影響で、地震保険の加入率や付帯率は、以前より増えています。特に大地震のリスクが高い地域は、地震保険に加入している人の割合も高いです。ただ、地震保険料はリスクが高い都道府県ほど高く設定されているので、家計の負担が大きくなってしまいます。その負担を少しでも軽減をできるよう、地震保険は支払った保険料に応じて控除を受けられます。地震保険料控除はその年に支払った保険料が対象ですが、5年契約などの一時払いなどはどうなるのでしょうか?今回は、地震保険料控除についての基礎知識と一時払いに関する注意点についてご紹介していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 4534
    • 9
  12. 地震保険の相場はどれくらい?条件によって異なる相場やお得な制度

    地震や噴火、それに伴う津波による被害を補償してくれる地震保険に加入するかどうかは、家を住み替えるときに皆さんが迷うポイントです。「地震保険の相場がよくわからない」「火災保険料だけで予算オーバー」という方もいらっしゃるかもしれません。実は、地震保険は住む物件や居住地によって、保険料が大きく変わることをご存知でしょうか? 地震保険の平均的な相場や、地震保険料を安く抑えられるポイント、保険料控除のしくみなど、お得に地震保険に加入する方法についてご紹介していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 769
    • 5
  13. 地震保険の県民共済は損保とどこが違う?メリットとデメリットとは

    地震保険は、地震の被害を受けたときにあなたの生活を助けてくれるものですが、損害保険会社からではなく、県民共済からも加入できることをご存知ですか? 損害保険会社と県民共済とでは、補償内容や保険料などに大きな違いがありますので、よく比較して加入する商品を決めた方が良いでしょう。県民共済の地震保険に加入するメリットやデメリットについてご紹介します。地震保険への加入を検討されるときに、ぜひ参考にしてください。

    LIMIA 住まい部
    • 12468
    • 5
  14. 地震保険は賃貸物件にも必要?加入するなら家財保険!その理由とは

    進学や就職、転勤などで新しく賃貸マンションや賃貸アパートなどを借りる際、火災保険には必ず加入すると思います。ですが火災保険は、地震や噴火などの災害による火災は補償の対象外であることをご存知でしょうか?大地震などに遭った際に助けになるのは、地震保険です。賃貸物件に住む場合も地震保険は必要なのでしょうか?また家財保険というものもありますが、どういった保険なのでしょうか?賃貸物件に居住する際、地震保険に加入する方法やポイントについて解説していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 6094
    • 8
  15. 【専門家監修】地震保険は液状化現象で建物に損害が発生したときに適用される?

    東日本大震災では、埋め立て地を周辺に液状化現象が発生しました。それによって建物が傾いてしまうなどの被害を受けた方も多くいます。建物が倒壊や半壊はしなくても、傾いてしまってはその後住めなくなってしまいますよね。住宅ローンの残債の返済はまだ残っている場合もあるかもしれません。その場合、地震保険は適用されるのでしょうか?地震保険は、基本的に地震や地震による火災・津波などの被害が保険金支払いの対象で、特に液状化については触れていません。液状化による建物損害に保険が適用されないとなると、その後の生活はとても不安ですよね。今回は液状化による地震保険について解説します。

    LIMIA 住まい部
    • 1508
    • 8
  16. 地震保険の見直しはしていますか?地震保険に加入しているなら知っておきたいこと

    みなさんは地震保険に加入していますか? 東日本大震災は甚大な被害を残しました。それから人々の地震への関心や不安はより増え、地震保険に加入する人も増えました。地震保険は数年に一度、保険料や制度などの改定があります。その度に保険料が上がったり、割引制度が増えたりしています。すでに地震保険に加入している方は、ご自身の保険を定期的に見直していますか?見直すことで、より優遇が受けられるようになるかもしれませんし、実は保険料のムダだった、など気づくこともあります。今回は、地震保険の見直しについてご説明していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 1843
    • 7
  17. 地震保険で津波の損害は補償される?地震保険と津波の関係

    今後、かなりの確率で大地震が起きると多くのメディアでとりあげられています。特に遠くない将来、津波の被害を伴うと予想される南海トラフ地震が起こると言われています。津波に対してはさまざまな備えが必要です。中でも大切な家に万が一のことがあったときのリスクを考えて、地震保険に加入しておくことは重要です。ですが、地震保険は津波の被害に対しても補償してくれるのでしょうか? 今回は、地震保険の津波の被害による補償についてご紹介していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 1005
    • 7
  18. 地震保険の請求期限、確認していますか? 請求漏れで注意したいこと

    地震保険は地震や地震による火災・津波などの被害を補償してくれます。以前から加入している人が多い火災保険に比べ、東日本大震災の前は地震保険への加入率は低かったです。しかし震災以降、地震保険に関心を持つ人が徐々に増えました。ですが、地震保険について正確に認識している人はまだまだ少ないのではないでしょうか。いざ地震が起きて、建物や家財が被害を受けたとき、保険金がどのように支払われるのか、またいくら支払われるのか把握していますか?保険金を受け取るにはご自身で請求しなければいけませんが、これには請求期限があります。この期限を過ぎてしまうと、保険金を受け取れなくなる恐れがあります。そのような事態を避けるために、今回は地震保険の請求期限についてご説明します。

    LIMIA 住まい部
    • 17746
    • 7

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    32件中 1 - 20 件を表示