地震保険

「地震保険」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「地震保険」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 地震保険に加入していて年末調整で控除を受ける方法。基礎から覚えておこう!

    地震や火災に備えて地震保険に加入する人は増えていますが、加入するためには当然、保険料を払う必要があります。地震のリスクが高い地域に住んでいる方や、家の構造区分によっては、高い保険料を支払っている方もいるでしょう。 生命保険では、加入すると年末調整をすることで所得控除を受けられます。そうなると、火災保険や地震保険も年末調整をすれば所得控除を受けらるのではないか? と思う方もいるでしょう。控除を受けられるのであれば生命保険などと同様に負担を減らせるので、受けたいものです。今回は、地震保険は年末調整をすることで、所得控除を受けられるのかということをご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1504
    • 16
  2. 地震保険は本当に必要?加入するべき人や保険料を下げるテクニック

    火災保険とともに加入でき、災害時の強い味方になる地震保険。でもその補償内容の少なさから加入するかどうか迷っていたり、どの保険会社から加入しても金額や内容が同じだと思っていたりする方も多いと思います。 でも実は、地震保険には賢い加入方法があるのです! 地震保険に入っておくべき人や、保険料を下げる方法など、地震保険選びに必要なお役立ち情報をご紹介いたします。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 521
    • 10
  3. 地震保険の加入率は増加中!あなたが加入する必要はある?

    地震保険は、火災保険では補償できない地震や噴火などの大規模災害時に、あなたの生活を助けてくれる力強い存在です。しかし、いつ来るかわからない地震に備える地震保険は、本当に加入した方がいいのでしょうか? 地震保険への加入率はまだ高いとは言えませんが、徐々に増加傾向にあります。また、都道府県によって加入率には大きな差があります。地震保険への加入率についてあらゆる角度から解説していきます。あなたが加入するメリットがあるかどうか、判断する材料にしてみてください。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1182
    • 8
  4. 地震保険の相場はどれくらい?条件によって異なる相場やお得な制度

    地震や噴火、それに伴う津波による被害を補償してくれる地震保険に加入するかどうかは、家を住み替えるときに皆さんが迷うポイントです。「地震保険の相場がよくわからない」「火災保険料だけで予算オーバー」という方もいらっしゃるかもしれません。 実は、地震保険は住む物件や居住地によって、保険料が大きく変わることをご存知でしょうか? 地震保険の平均的な相場や、地震保険料を安く抑えられるポイント、保険料控除のしくみなど、お得に地震保険に加入する方法についてご紹介していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 395
    • 6
  5. 地震保険の県民共済は損保とどこが違う?メリットとデメリットとは

    地震保険は、地震の被害を受けたときにあなたの生活を助けてくれるものですが、損害保険会社からではなく、県民共済からも加入できることをご存知ですか? 損害保険会社と県民共済とでは、補償内容や保険料などに大きな違いがありますので、よく比較して加入する商品を決めた方が良いでしょう。県民共済の地震保険に加入するメリットやデメリットについてご紹介します。地震保険への加入を検討されるときに、ぜひ参考にしてください。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 575
    • 5
  6. 地震保険の控除について。一時払いの契約で支払い分は控除されるの?

    東日本大震災から、地震に対する不安はより身近なものになりました。その影響で、地震保険の加入率や付帯率は、以前より増えています。特に大地震のリスクが高い地域は、地震保険に加入している人の割合も高いです。ただ、地震保険料はリスクが高い都道府県ほど高く設定されているので、家計の負担が大きくなってしまいます。 その負担を少しでも軽減をできるよう、地震保険は支払った保険料に応じて控除を受けられます。地震保険料控除はその年に支払った保険料が対象ですが、5年契約などの一時払いなどはどうなるのでしょうか? 今回は、地震保険料控除についての基礎知識と一時払いに関する注意点についてご紹介していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 375
    • 9
  7. 地震保険の見直しはしていますか?地震保険に加入しているなら知っておきたいこと

    みなさんは地震保険に加入していますか? 東日本大震災は甚大な被害を残しました。それから人々の地震への関心や不安はより増え、地震保険に加入する人も増えました。 地震保険は数年に一度、保険料や制度などの改定があります。その度に保険料が上がったり、割引制度が増えたりしています。すでに地震保険に加入している方は、ご自身の保険を定期的に見直していますか?見直すことで、より優遇が受けられるようになるかもしれませんし、実は保険料のムダだった、など気づくこともあります。今回は、地震保険の見直しについてご説明していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1472
    • 7
  8. 地震保険で津波の損害は補償される?地震保険と津波の関係

    今後、かなりの確率で大地震が起きると多くのメディアでとりあげられています。特に遠くない将来、津波の被害を伴うと予想される南海トラフ地震が起こると言われています。 津波に対してはさまざまな備えが必要です。中でも大切な家に万が一のことがあったときのリスクを考えて、地震保険に加入しておくことは重要です。ですが、地震保険は津波の被害に対しても補償してくれるのでしょうか? 今回は、地震保険の津波の被害による補償についてご紹介していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 360
    • 7
  9. 地震保険の請求期限、確認していますか? 請求漏れで注意したいこと

    地震保険は地震や地震による火災・津波などの被害を補償してくれます。以前から加入している人が多い火災保険に比べ、東日本大震災の前は地震保険への加入率は低かったです。しかし震災以降、地震保険に関心を持つ人が徐々に増えました。 ですが、地震保険について正確に認識している人はまだまだ少ないのではないでしょうか。いざ地震が起きて、建物や家財が被害を受けたとき、保険金がどのように支払われるのか、またいくら支払われるのか把握していますか? 保険金を受け取るにはご自身で請求しなければいけませんが、これには請求期限があります。この期限を過ぎてしまうと、保険金を受け取れなくなる恐れがあります。そのような事態を避けるために、今回は地震保険の請求期限についてご説明します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1449
    • 7
  10. 地震保険は液状化現象で建物に損害が発生したときに適用される?

    東日本大震災では、埋め立て地を周辺に液状化現象が発生しました。それによって建物が傾いてしまうなどの被害を受けた方も多くいます。建物が倒壊や半壊はしなくても、傾いてしまってはその後住めなくなってしまいますよね。住宅ローンの残債の返済はまだ残っている場合もあるかもしれません。その場合、地震保険は適用されるのでしょうか? 地震保険は、基本的に地震や地震による火災・津波などの被害が保険金支払いの対象で、特に液状化については触れていません。液状化による建物損害に保険が適用されないとなると、その後の生活はとても不安ですよね。今回は液状化による地震保険について解説します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 388
    • 7
  11. 地震保険に積立型はある?掛け捨て型と積立型の保険はどう違う?

    保険には、積立型と掛け捨て型という、2つのタイプがあります。では、地震保険には積立型のものはあるのでしょうか? 積立型と掛け捨て型の違い、それぞれのメリットやデメリットを踏まえたうえで、地震保険を選ぶときの注意点や必要な損害保険を選ぶために必要な知識について確認しましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 409
    • 6
  12. 地震保険特約による補償の上乗せをもう一度検討する必要があるのはなぜ?

    東日本大震災から数年が経ちました。津波による多大な被害をもたらした大震災をきっかけに、地震に高い関心をもつ人は増えたのではないでしょうか。地震保険の補償額は、火災保険にかけた保険金に対して50%が限度です。ですが、さらに補償を上乗せできる特約補償が存在するのをご存知ですか? 今回は地震保険特約のしくみや保険料についてご紹介していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 527
    • 6
  13. 地震保険は賃貸物件にも必要?加入するなら家財保険!その理由とは

    進学や就職、転勤などで新しく賃貸マンションや賃貸アパートなどを借りる際、火災保険には必ず加入すると思います。ですが火災保険は、地震や噴火などの災害による火災は補償の対象外であることをご存知でしょうか? 大地震などに遭った際に助けになるのは、地震保険です。賃貸物件に住む場合も地震保険は必要なのでしょうか?また家財保険というものもありますが、どういった保険なのでしょうか? 賃貸物件に居住する際、地震保険に加入する方法やポイントについて解説していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 422
    • 6
  14. 地震保険はマンションにも必要!地震保険の加入方法や損害認定基準

    地震大国である日本では、いつ来てもおかしくない震災への備えがとても重要です。地震や噴火では火災保険が適用されないため、地震保険への加入を検討する方は年々増加しています。 マンションにお住まいの場合は、戸建てとはまた違った地震保険への加入方法があります。マンションにこれから住む方に向けて、地震保険への加入方法や加入のメリット、実際に被災した際の損害認定基準など、重要なポイントをご紹介していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 448
    • 6
  15. 地震保険の損害区分と保険料率が2017年に改定!加入者への影響は?

    地震や噴火、それに伴う津波による被害を受けたときに、あなたの生活を助けてくれるのが地震保険です。2017年1月に、この地震保険の損害区分の細分化と保険料率改定が行われました。また、地震保険料割引の確認資料も拡大されました。確認資料の拡大によって補償は受けやすくなりますが、損害区分の細分化はどのように影響するのでしょうか? この改定により地震保険加入者が受ける影響について解説していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 411
    • 3
  16. 地震保険料のカギは耐震等級。保険加入前のチェックは忘れずに!

    地震が起きても倒壊しにくい条件がそろっている建物の保険料は安く、地震が起きると倒壊しやすい条件を抱える建物の保険料は高くするのが地震保険の仕組みです。そのひとつが、建物の「耐震等級」に応じて保険料を変化させる「耐震等級割引」です。建物の耐震性を高めることは、地震保険の加入条件という側面だけでなく、自宅で安心して生活できるかという問題にも影響してきます。建物の耐震性と、万が一の場合の補償について考えてみましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 366
    • 5
  17. 火災保険と地震保険の違いを徹底解剖!補償に違いは?

    火災保険や地震保険は、なんとなく似通った印象があります。どちらも火災や地震という突然のアクシデントであり、住居や家財が損害を受けた場合に補償してもらえるものであると言えます。保険は加入すれば安心できるものですが、たくさん加入するとそれなりに費用もかさみます。火災保険と地震保険の違いを知り、できるだけ賢く利用していきたいものです。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 499
    • 5
  18. 地震保険は単独で加入ができない?その理由と基礎知識

    この日本は地震大国と言われています。東日本大震災などの影響もあり、以前よりも地震に関心を持つ方が増えました。マンションや戸建などの住宅を購入した際には、同時に火災保険や地震保険について検討されるのではないでしょうか。災害で建物に何かあったときのために、しっかりと備えておきたいですよね。 ただ、地震保険についてはまだまだ詳しくは知られていないように感じます。火災よりも地震のほうが心配だからと、地震保険にのみ単独加入したいと思っている方や、火災保険にも加入しないといけないのかと疑問に思っている方もいるかもしれません。今回は、地震保険の単独加入は可能なのか、またその理由と基礎知識についてご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 329
    • 4
  19. 地震保険の契約期間について!地震保険だけ解約することはできる?

    もしも地震の被害に遭ったときに、あなたの生活をサポートしてくれる地震保険。これから物件を購入したり借りたりする方は、火災保険と一緒に地震保険への加入も検討しているかもしれません。 火災保険のオプションとして加入できる地震保険ですが、その契約期間はどれくらいでしょうか?また、火災保険だけ、もしくは地震保険だけを解約することは可能なのでしょうか? 火災保険と地震保険の関係や、契約期間について解説していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1252
    • 4
  20. 地震保険と旧長期損害保険の関係とは?地震保険料控除は受けられる?

    地震保険がメジャーになる前から、長期の損害保険、いわゆる「旧長期損害保険」に加入していた方もいらっしゃると思います。以前は損害保険料控除の対象でしたが、平成18年の税制改正により、平成19年度から控除の対象外となってしまいました。ですが、一定の条件をクリアしている旧長期損害保険に対しては、地震保険料控除の特例を受けることが可能です。旧長期損害保険と地震保険の関係や、旧長期損害保険料控除の方法について解説していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 4038
    • 3

おすすめ

話題のキーワード

    25件中 1 - 20 件を表示