自動車保険

「自動車保険」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「自動車保険」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 等級はそのままで自動車保険を再契約!中断証明書の使い方

    結婚してお互いに持っていた車を1台にしたり、出産や育児、また長期の海外赴任などで車の運転をしなくなり、自動車保険の解約をすることがあります。その後再び車を購入したり、運転を再開する場合、自動車保険を再契約しなければなりませんが、その時前回の契約内容を引き継ぐことは可能なのでしょうか? 結論から言うと、「ある一定の条件を満たせば」可能です。今回の記事では、再契約で等級を引き継ぐためには何が必要か、等級を引き継いで自動車保険を再契約する手続きなどについて詳しく解説していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 6466
    • 16
  2. 記名被保険者の変更で安くなる!自動車保険の保険料

    車を購入すると必ず契約する自動車保険。最近はネットで申し込みをするダイレクト系の自動車保険が増えてきていますが、その場合は必要項目を自分で入力しなければなりません。そんなとき、「契約者名を入力してください」「車の所有者を入力してください」などと要求されます。これらは簡単ですが、「記名被保険者を入力してください」はどうでしょう? WEB申し込みサイトのQ&Aにはよく「契約者名と同じで大丈夫です」と書いてありますが、記名被保険者を誰にするかはとても重要な問題です。なぜなら、記名被保険者が誰かによって保険料が高くなったり、安くなったりするからです。そこで今回は、契約者・所有者・記名被保険者の関係から保険料を安くするためには誰を記名被保険者にするべきかまで、詳しく説明していきます。自動車保険の保険料を安くするアイデア満載です。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 18351
    • 17
  3. 無事故で保険料が返ってくる?自動車保険の無事故返戻金について解説

    自動車保険は満期前に解約しても、生命保険の解約返戻金のように保険料が戻ってきません。生命保険には、満期まで死亡しなかった場合に満期金が受け取れる養老保険があります。これに似た商品が自動車保険にもあり、満期までを無事故で過ごすと無事故返戻金を受け取れる自動車保険があるのです。支払った保険料が返ってくるというのは魅力的で、興味のある人もいるでしょう。そこで今回は、自動車保険の無事故返戻金がどういうものか、支払い方法やその他の特典について詳しく解説します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 26713
    • 10
  4. 納車前に知っておきたい、納車日と自動車保険を契約するタイミング

    自動車を所有するときほとんどの人が自動車保険に加入しますが、車を買い替える場合、自動車保険の個別手続きが必要になります。新しい車の納車日までにこの手続きせず、仮に事故を起こしてしまった場合、補償を受けることができない場合があります。このような事態にならないよう、納車日を意識した自動車保険の手続きが必要です。納車日と自動車保険の契約手続きの関係について解説します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 28518
    • 16
  5. 自動車保険の満期切れで事故を起こしたらどうなる?対処法を解説

    自動車保険の更新は1年に1回なので、うっかり更新し忘れて満期を過ぎていたということがあります。満期までに更新手続きをしなければ、自動車保険は解約となり補償を受けられないのが原則です。自動車保険が満期切れになって補償が受けられないと、万が一事故を起こしたらどうなるのだろうと不安になるでしょう。そこで今回は、自動車保険の満期切れや更新忘れの状態で事故を起こした場合の対処法について解説します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 15712
    • 6
  6. 自動車保険の等級継承とは?等級継承の条件や家族への引き継ぎ

    自動車保険の「等級継承」という制度を知っていますか? 自動車保険は等級によって保険料の割引を受けることができます。等級はすべての保険会社で有効で、新しい保険会社に乗り換えたときや、車の買い換えのときには持っている等級をそのまま次の契約でも使うことができます。また、本人だけでなく、家族にも引き継ぐことができるので、等級継承を使えば保険料を大きく節約することができますよ。 今回は、等級継承できるケースやその条件、気をつけたいことについて解説していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 17027
    • 11
  7. たまに通勤に使うならOK?自動車保険の使用目的と保険料の関係

    週末アウトドアグッズを満載してキャンプ場へ。雨の日に子供を学校まで送り迎え。サンプルの商品を積んで得意先訪問……。ひとくちに自動車の運転といっても、その使用する目的は人によってさまざまです。また同じ人でも平日と週末では使い方が変わることもあります。 自動車保険を契約する時に「お車をお使いの目的は主に通勤・通学ですか?それとも日常・レジャー用途ですか?」と車の使用目的を聞かれたことがあるのではないでしょうか。それは車の使用目的と保険料には密接な関係があるからなのです。 今回は、自動車保険の使用目的について解説し、「雨の日は通勤でも使うんだけど、日常・レジャーじゃだめなの?」「最近仕事でも車を使うようになったんだけど、保険会社に伝えなきゃだめかな?」といった疑問に答えていきます。この記事を読めば、自信をもって自動車保険の使用目的を答えられるようになりますよ。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 12288
    • 5
  8. 自動車保険は親名義で利用すると、保険料は半分になる!?

    免許を取って新しく車を買ったときには、自動車保険にも加入しなければなりません。特に、18歳で免許を取って新規で自動車保険に加入するような場合、年齢も若く、等級も低いことから、年間保険料が20万円を超えることも! そのため、「自動車保険ってこんなに高いのか!」と驚かれる方も少なくないようです。 そんなとき、自動車保険を親名義でうまく利用できれば、保険料を半分以下まで下げられる可能性があります。そこで今回は、自動車保険に加入するなら知っておきたい「親名義で保険に入り、保険料を下げる方法」について解説します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 50570
    • 20

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード