医療保険

「医療保険」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「医療保険」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 医療保険には睡眠時無呼吸症候群と診断されても入れる?加入の条件

    睡眠時に呼吸が止まるという睡眠時無呼吸症候群。いびきが激しくなったら要注意といわれている病気です。軽視できる病気ではなく病院での治療も必要になりますが、その際医療保険を利用することができるのでしょうか。また、医療保険に入っていない人は診断された後でも加入することができるのかも気になります。睡眠時無呼吸症候群とはどのような病気なのか、そして医療保険の利用可否と加入ができるのかについても見ていきましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 25737
    • 2
  2. 医療保険と生命保険はどっちに入る?それとも両方入る?

    保険について「入りたいけれど内容がよくわからない」「医療保険と生命保険、どっちがいいのかわからない」と思っている人は多いでしょう。加入したくてパンフレットを取り寄せてみたけれどもよく理解できず、結局そのまま入らなかったという話もよく聞きます。 そこで、今後保険加入を考えている人のために、代表的な保険商品「医療保険」と「生命保険」について解説します。「どっちに入った方がいい?」「医療保険と生命保険どちらも必要なの?」と気になっている人は必読です。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 10611
    • 18
  3. 医療保険を郵便局で販売!?郵便局でみかける保険商品ってどうなの?

    実は、みなさんが日頃利用している郵便局では、郵便の手続き以外に医療保険の販売もされています。郵便局へ郵便の手続きに行った際に、郵便局の窓口で医療保険の案内をされたことがあるという人も中にはいると思います。また、「郵便局って医療保険も販売しているの?」と思われている方にも、郵便局で取り扱っている医療保険の種類や、どんな人におすすめなのか、などをまとめましたのでぜひご参考ください。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 10718
    • 25
  4. 医療保険に贈与税が課税される?保険金に課税される場合に備えて気をつけたいこと

    医療保険に加入をしている時に、不幸にも保険事故が発生してしまったら、保険会社に保険金を申請し、保険金を受け取ることができます。しかし、ここで気をつけなくてはならないことがあります。それは「税金」です。場合によっては、給付された保険金に贈与税などの税金が発生してしまうことがあるのです。せっかく万が一に備えて医療保険に加入をしたのに、贈与税で保険金が減ってしまったら困りますよね。   この記事では、「医療保険と税金」ということをテーマにお話をします。はじめに保険金に課税されるケースとされないケースを明らかにして、次に医療保険に加入していることによって所得控除が受けられるのかを解説します。そして最後に保険金に対して課税されないケースをまとめます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 12155
    • 13
  5. 医療保険は精神科に通院していると加入を拒否されることがある?

    医療保険に加入するためには、健康状態に関する告知や、医師の診査を受けることが必要です。このとき、精神科・心療内科に通院していることを告知すると、医療保険に加入するのが難しくなるのが現実です。ただし、精神科に通院している人が利用できる支援制度は、多くあります。医療保険に加入できないなら、他の方法で経済的に備えていく方法を考えましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 16464
    • 14
  6. アツ!!医療保険ではやけども保障される?それとも傷害保険?

    日常生活の中で、料理中やバーベキューなどでやけどをしてしまうことがあると思います。医療保険には加入しているけど、やけどの場合は補償対象になるのでしょうか? 今回は、やけどをしたとき、医療保険と傷害保険での補償内容の違いを詳しく説明していきたいと思います。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 24899
    • 8
  7. 医療保険は盲腸で入院をした場合にどんな保障をしてくれる?

    日々の生活で、手術をするような病気にはかかることはなかなかないですよね。盲腸になって初めて手術を受け、医療保険のお世話になるという方もいるのではないでしょうか。そんなとき、民間医療保険は病気やけがの治療を目的とした入院・手術について、保険金を給付し保障をしてくれます。今回は、医療保険の適用数が多い盲腸の治療と医療保険というテーマについてお話します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 29982
    • 4
  8. 医療保険でタクシー代は支給される?保障されるもの、されないものを知ろう

    病気やケガで入院すると、病院までの交通費がかかります。電車やバスで移動できる状態なら、交通費も安く抑えられるのですが、骨折などの理由で公共交通機関が利用できず、タクシー代がかさむ場合もありますよね。日本国民なら誰もが加入している医療保険(健康保険、国民健康保険など)では、タクシー代は支給されるでしょうか? また、民間の医療保険での扱いはどうなるでしょうか? 通院にかかる費用について確認していきましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 38793
    • 6
  9. 医療保険は親知らずの治療にも適用される?抜歯やその他の歯科治療で気になる保険のこと

    親知らずが生えたら、抜かないといけないケースがほとんどです。いざ、抜歯しようと思ったときに、「いくら必要なんだろう?」と考えるのではないでしょうか? 頻繁には抜歯をすることはありませんから、どのくらいかかるか想像できないものですよね。 抜歯の手術は、簡単に歯医者さんで抜けるケースもありますし、大掛かりなものとなると、大学病院まで行って、抜歯手術をしなければいけないケースもあります。ですから、治療費がとてもかさむこともあるでしょう。なかなか費用がかかりそうな抜歯手術ですが、「抜歯手術は医療保険が適用されるのでは」と思いますよね。今回は、抜歯と医療保険の関係について、ご紹介していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 114761
    • 12
  10. 医療保険は腰痛やぎっくり腰のときも使えるの?医療保険の加入と活用方法について

    慢性的な腰痛、急激な痛みを伴うぎっくり腰など、腰回りの異常事態が発生したとき。すでに医療保険に加入されている方は、「保険金・給付金の申請は可能?」と気になられると思います。これから保険に加入するのであれば、「腰痛持ちでも保険に入れる?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。そこで今回は、腰痛と医療保険の関係にスポットを当てて、保険加入から給付金の請求についてご紹介していきましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 61249
    • 10
  11. 医療保険は誘発分娩でも使える?費用の相場や出産での医療保険の活用について

    出産予定日を過ぎても陣痛が始まらず、なかなか赤ちゃんが、生まれてきてくれないことがあります。予定日から1週間を超えてくると、赤ちゃんや母体に危険が及ぶ心配があるため、帝王切開や、誘発分娩(陣痛誘発)によって出産を行うことが一般的になってきています。 無痛分娩など計画的に出産を行う場合などを除けば、誘発分娩を行うのかは予定日を過ぎるまでわかりません。ただ、誘発分娩となるケースは、みなさんが思っている以上に多いようです。そこで今回は、誘発分娩について、その内容や費用、医療保険が使えるのかといった疑問を解消していきましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 213870
    • 22
  12. 医療保険は相続対策になる?賢い利用法をファイナンシャルプランナーが伝授!

    「我が家は、財産もなさそうだし、相続対策は私には関係ないんじゃない?」そう思っている方でも、控除額引き下げや地価の上昇などによって、相続税がかかるケースが増えてきています。平成28年に相続税が課税された割合は、相続全体の8.1%(※1)、東京国税局管内に限れば12.8%(※2)。決して人ごととはいえなくなってきています。 もともと、相続対策を行っていたという方にとっても、課税対象が増えることから、追加で対策を考えていく必要があるといえるでしょう。そこで今回は、あまり知られていない医療保険を相続対策に活用する方法と、ポイントについて解説していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 10714
    • 9
  13. 医療保険では切迫早産は対象になる?3ヶ月の入院が必要となることも!

    妊娠中の女性が切迫早産となる確率は、15%ともいわれます。切迫早産と診断されるとそのまま出産まで入院ということも多く、2〜3ヶ月の入院になることも珍しくありません。 入院中は、お腹の赤ちゃんが大丈夫だろうかと不安ですし、ほとんどなにもできない状態で何日も過ごす辛さに加え、医療保険がないと金銭的な負担も……。入院が長引くほど、経済的にも精神的にも負担となってきます。このような場合、どういった医療保険であれば、使うことができるのでしょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 61209
    • 10
  14. 医療保険の受取人は誰でもいいの?どうやって決める?

    医療保険に加入していれば、入院したりや手術を受けた際に、保険会社へ受取人から請求することで、給付金を受け取ることができます。中には、子どもや介護している親などが入院し、入院した本人以外が医療費を負担するケースなどもあるでしょう。このようなケースでは、最初から医療費を負担する人が受取人になっておいたほうがスムーズな気もします。はたして、医療保険の受取人は誰でもなれるのでしょうか?

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 21812
    • 6
  15. 医療保険は美容整形をしていても加入できる?保障の対象になるのか、気をつけたい点

    技術が進化し、より身近になってきた美容整形。美容整形したいと思っている、検討しているという方は多くいると思いますが、美容整形は医療保険で保障はされるのかどうか知っていますか? また、過去に美容整形をしている方は医療保険の加入時にそのことを告知する必要があるのでしょうか。美容整形と医療保険の関係について解説します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 20964
    • 3
  16. 医療保険には、睡眠導入剤を飲んでいても加入できる?

    医師の診察を受けて睡眠導入剤を服用している場合、結論から言うと医療保険への加入は難しくなります。睡眠改善薬が薬局などで気軽に買えるようになった現代、「睡眠導入剤を飲んでいるくらいで、医療保険に入れないなんて!?」と驚く人もいるかもしれません。ただ医療保険の世界では、加入審査が厳しくなってしまうのが現実です。 とはいえ「医療保険に入りたいから、睡眠導入剤を飲むのを我慢する」というのは本末転倒です。睡眠がとれずに体調を悪化させたり、交通事故を起こしたりしては意味がないので、何か対策はないのかを考えていきましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 25602
    • 7
  17. 医療保険を途中で解約するとどんなペナルティが課されるの?

    医療保険に加入しているものの、新しく販売されている医療保険のほうが内容的にもよさそうだったり、保険料の負担が重かったり……。このような理由から、医療保険を解約したいと思っているものの「契約を途中で解約すると、違約金のようなペナルティがあるのでは?」と心配に思っている方が多いのではないでしょうか。そこで今回は医療保険を途中で解約した場合の「ペナルティ」について解説していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 12475
    • 9

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード