「もうなくならない!」磁石を使ったピン収納で、ヘアピン収納はストレスフリー

散らかりやすい、行方不明になりやすいヘアピン
細くて取りにくい小さなピンは、磁石を使って収納をしてみると、これは便利!!

  • 18003
  • 114
  • 0
  • いいね
  • クリップ

女の子のいる家でよくある「あるある問題」。
ヘアピン散らかり事件(笑)。
外すときには、その辺に投げてしまいがち。そして、使うときには小さくて取りにくいピン。
小さなお子さんでも、収めることが楽しくなる収納をご紹介します

ヘアピンは磁石にくっつく

ヘアピンは磁石にくっつきます。これを収納にも利用してみます。
わが家には、洗面台滞在時間が歳ごとに長くなっていく(笑)、高校生女子がいます。
ヘアピンは、よく使う、なければならないもの。
中学の頃から始めた収納方法ですが、今もこのやり方は変わっていません。

用意するのは、
・小さなびん
・シール付き磁石

ヘアピンを入れるびんやカップは取り出しやすいように、使っているピンの長さより少し小さめがオススメ。
そうして用意したびんやカップの底に、シール付き磁石を貼り付けます。
シール付き磁石は、100均一にいろんな大きさがありますので、貼り付ける底の長さを測って、入るものを用意してくださいね。

取り出しが簡単 ちょうどいい力加減

底に磁石をつけて収納すると、ひっついている部分が少ないのが、取り出しやすさ、戻しやすさを助けてくれます。磁石が強すぎると、取り出すときにストレスを感じそうですが、これが程よい力。例えば、ピンを入れている瓶を倒してしまっても、散らかりません。もちろん数本は、飛び出しますが、すぐに集められる程度。以前は、ピンが小さいだけに、入れ物を落とすと散らかっていたわが家もそんなストレスはなくなりました。
また、戻すときに、近づけると、すっと自ら収納してくれます。このなんとも言えない感覚が、子供達には大人気。この方法は、実際に片づけサポート先でも取り入れることが多いのです。

磁石シートを使って壁面収納


最近は、磁石もいろんなタイプのものがあります。
例えば、シート状のものを壁に貼り付け、壁にヘアピン収納を作ってみる。
投げっぱなしになっているピンを見つけたら、「シートに貼り付けて集合させる」。この方法は、小さなお子様でも、「くっつく」というのがゲーム感覚に感じ、見つけたらくっつけたくなります。
片づけているようで、遊んでいるような・・・・。楽しくなる収納方法をぜひ、取り入れてみてください。

収納は集めろところからスタート

わが家の磁石を使ったヘアピン収納は、基本は洗面台の引き出しの中。
ここが最終的に集まる場所にしています。

実は、この磁石入りヘアピン収納は、リビングにも置いています。
その理由は、こちら

疲れて、ソファに座るとそこで外すことも多い娘。こうして、ピンは行方不明になりがち。
洗面台にすぐに持っていけばいいのですが、なかなかすぐに行動はしません。
そうこうしているうちに、外して置いたつもりのピンが、床に落ち、椅子の下に隠れて、不思議だけど、いつのまにかなくなる....。そんな繰り返しです。

この磁石付きびんを、洗面台だけでなく、外しそうな場所へ置いておく。
小さなものなので、まずは集めることを目的のヘアピン入れ。
こうして集まったものを、お風呂に行くとき、もしくは、この瓶がいっぱいになったとき....っと、
ルールを決めれば、行方不明になることはなくなります。


このくっつきすぎないちょうどいい感覚で収納できる磁石を使ったヘアピン収納。
「不思議だけど、ヘアピンがなくなる」という方はぜひ試してみてくださいね。

  • 18003
  • 114
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

収納も考え方も整理して、家族みんなハッピーに!カメラを使って心充たされる暮らしを見つけます。「丁寧な暮らしがしたいけれど、時間に追われて…」「片付け本を読んでも…

おすすめのアイデア

話題のキーワード