簡単お手軽♪100均セメントでガーデニング雑貨DIY☆

緑や花が鮮やかでガーデニングが楽しい季節がやってきました♪
花の苗を買ってきて寄せ植えをしたり、種を蒔いたりして少しずつグリーンを増やしてガーデニングを楽しんでいます。

今回ご紹介するのは、そんなガーデニングを盛り上げる100均セメントのガーデン雑貨です。

特別な道具は必要なく、簡単に作れるので思い立ったらすぐにできますよ♪

  • 40791
  • 227
  • 0
  • いいね
  • クリップ

材料

ガーデン雑貨作りに用意したものです。

○ダイソーのセメント(仕上げ用)
○ビニール袋
○オーブンペーパー
○わりばし
○スプーン
○型(セリアのクッキー型です)
○水
○556スプレー

セメント以外はおうちにあるものばかりです。

下準備

セメントを水で練る前にクッキー型にスプレーをしておきます。
これは固まったセメントを取り出しやすくするためです。
シリコンスプレーなどでもオッケーです。スプレーがなければオリーブオイルなどの油を塗るだけでも大丈夫です。

下準備はたったのこれだけ。
では、セメントを練っていきます!

セメントを混ぜる

セメントを練っていきますが、容器などで練ると終わった後の処理が大変なので、ビニール袋を使って混ぜていきます。

ビニール袋にセメントを出し、分量の水を入れて袋を揉んで混ぜていきます。

こんな感じでキレイに混ざりました。

成形

オーブンペーパーを敷いてクッキー型を置き、セメントをスプーンで流し入れて形を作ります。

あまった分はドロップクッキーのようにオーブンペーパーに落とし、5分くらいして表面が少しだけ乾いたらスプーンで形づけをしました。

これでもかなりセメントが余ったので、牛乳パックを縦半分に切ったものに流し入れました。

穴あけ

さらに15分くらい経ち、セメントが固まり始めて流れてこなくなったくらいのタイミングで、わりばしなどを使って穴を開けておきます。

牛乳パックの方も同じようにしておきます。

これで吊り下げても使えるようになります。

乾燥させたら型から取り出します。
牛乳パックの一枚が乾燥が不十分だったため割れてしまいました…。
薄いセメントなので割れやすいです。

着色&ペイント

セメントのグレーの色も好きですが、屋外で使いたいので明るい色を塗ります。
グラデーションにしてみたり、ざっくりと塗ってみたり…。
ペイントを楽しみます。

ペンキが乾いたら文字を書いていきます。

鉢植えにも添えたいので、オリーブやペチュニア、セダムなどの草花の名前も書きました。

完成!

穴をあけたものは麻ひもを通して玄関先の木の枝にひっかけてみました。
緑が少なくなってくる季節には、もっとたくさん作って飾るのも良さそうです。

牛乳パックで作った長細いプレートは、端材に釘で固定しました。

ここでもプレートが割れてしまうというハプニングが…。
もう少し厚く作ったほうがよかったかもしれませんが、この割れもアジ…ということでこのまま使います。

草花の名前を書いたプレートは鉢植えに添えました。

型で作ったプレートはグランドカバーに添えたり鉢植えの横に置いてみたり。

色々な使い方を楽しめます。

ダイソーのセメントは水を加えるだけで簡単に使えて便利。
ガーデニング雑貨として使う小物ならたくさん作れます。
庭やグリーンにちょっと添えるだけで明るくかわいくなるのでガーデニングのお供にぜひ作ってみてください♪

閲覧いただきありがとうございました☆

  • 40791
  • 227
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

大人カフェ風インテリアを目指して築11年目のマイホームをセルフリノベーションで楽しく居心地のいい空間にしています。ホームセンターや100均グッズなどのお手軽素材…

おすすめのアイデア

話題のキーワード