低反発パン系スクイーズ!【フランスパン、ハード系パンの手作りスクイーズの作り方】

今回は、比較的簡単なのに出来栄えの良い、フランスパンのスクイーズ♪
お子様でも作りやすいと思います(#^^#)

  • 15467
  • 186
  • 4
  • いいね
  • クリップ

クープ(パンの焼いたときに出来る割れ目)を入れるところだけちょっとコツがいりますが、色を付けるととても本物っぽくなりますので、是非、お子様との工作タイムや、夏休みの工作に試してみてくださいね♪

フランスパンのようなハード系のパンは、色々な種類があります。
フィセル、バゲットのような長細いものから、テーブルロールのような丸や楕円形のものまで。

そこで、長細いものと、楕円のテーブルロールサイズで表面に粉がついているものを作ってみました。
この粉っぽくするやり方は、粉砂糖を振りかけたようにしたい時にも使えます。
作り方の最後に紹介していますので、ご興味おありの方はチェックしてみてくださいね(#^^#)

もちもち低反発スポンジで【フランスパンのスクイーズ】の作り方

材料

低反発スポンジ
よく切れるはさみ
紙やすり
アクリル絵の具orガラス絵の具(黄色、薄茶、こげ茶)
仕上げの粉用・・・白い絵の具と白チョークやベビーパウダーなど
化粧パフ(着色用)
速乾アクリア(コーティング用ボンド)
筆(コーティング用)
オーブンシート

作り方

【スポンジを切る】

作りたいサイズ、形にスポンジを切り、表面を出来るだけきれいに整えます。

大体の形が出来たら、クープ(フランスパンなどの上にある、割れ目)を入れます。

パンの形のスポンジを折り曲げて、クープを入れたい場所が突き出る(山になる)ようにします。
そこを、ハサミで一気に切ります。
両端はとがって、真ん中は一番幅が広くなるように切ります。

このような感じになります(#^^#)

長いものと、小さいもの、2種類作ってみました。

長い方は色をすでに塗ってあるのではなく、もともとこういう色のスポンジでした。

【色を付ける】

着色していきます。

着色は筆で塗るよりも、化粧用スポンジでやる方が綺麗にぼかせます。私はいつもダイソーのお得用のスポンジを使っています。
絵の具は、ガラス絵の具でもアクリル絵の具でも。

ガラス絵の具の方が、柔らかな仕上がりに。
アクリル絵の具の方が、気持ちかための仕上がりになります。

おうちにある方、手に入りやすい方、お好みで使い分けて下さいね(*^^*)
オーブンシートを敷いた上で行うと、汚れず、直接色を出したり出来て、パレットがわりにもなるので便利です。

まずは黄色を塗ります。
クープの中心部分は白いままにしておきます。
クープの中心に向かって、少しぼかします。

薄茶、こげ茶で焼き色を付けていきます。
高いところほど濃くするといい感じに(#^^#)

出来ました♪
色付けはお好みで、黄色っぽくしたり、濃い目にしたりと調節してみてくださいね♪

【仕上げのコーティングをする】

ツヤを出すのに、最後に速乾アクリアでコーティングします。
筆にとって満遍なく塗っていきます。
真っ白になりますが、乾くと透明になりますので大丈夫♪
スポンジの穴を埋めていく感じ(*^^*)

ぬれたら、しっかりと乾かします。
つやを出したい場合は、2度塗り、3度塗りしてください。

【仕上げ♪】

小さい方は、表面に粉がついているようにしてみました。

チョークやベビーパウダー、アイシャドウなどの粉と、白い絵の具、混ぜる容器を用意します。

私は家にあったチョークを使いました。
ハサミで削って、、、

同量の白い絵の具を入れ、混ぜます。

すると粉っぽい、白絵の具ができます。
粉砂糖なども、これで表現しています。
化粧パフにとって、そのまま塗るとべたっと真っ白になってしまうので、よくふき取ったりたたいたりしてパフになじませた後に、、、

様子を見ながら少しずつ塗っていきます。

これで完成♪

クープを入れるところ以外は簡単。
簡単な割に、出来栄えも良いです(#^^#)

お子様と工作タイムに、夏休みの自由工作に、是非、楽しんでみてくださいね♪

他にもいろいろなスクイーズの作り方をご紹介させていただいています。
ご興味おありの方は是非試してみて下さいね♪

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
SEE YOU♪

  • 15467
  • 186
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ハンドメイド作家

インテリア、DIY、工作ハンドメイドについてのブログ【雪見日和】というサイトを運営させて頂いております。特に、ハロウィンやクリスマスなどのイベントの工作や、スク…

おすすめのアイデア

話題のキーワード