漆喰を塗って壁をDIYしてみよう!漆喰の塗り方から”漆喰風”なおすすめの塗料までご紹介

今回は漆喰を壁に塗ってDIYをする方法をご紹介します。基本的な漆喰の塗り方から賃貸でも原状回復可能なものまで様々な事例を集めてみました!漆喰風なおすすめの塗料も合わせてご紹介しているので漆喰DIYをお考えの方は必見です。

私でも漆喰でDIYできるの…?

「漆喰」と聞くと、
『コテを持った専門の左官さんしか行えないもの』
というイメージが強いかもしれません。

しかしながら、もちろん左官さんほどはできないものの、
今では簡単に漆喰で塗装できるような商品も出ているので、漆喰でDIYできるんです!

今回は漆喰を使ったDIYアイデアを集めました★
特に漆喰が気になっている方は、最後まで必見ですよ◎

漆喰DIYの塗り方は?壁を塗る際の練習にもなる漆喰塗りの方法!

まずはswaro109さんの漆喰を塗る練習にも使えるアイデアをご紹介します!
最初から壁を塗るのは怖い…と感じる方におすすめです◎

今回行うのは、バインダーのリメイク!
100均バインダーをDIYリメイクしていきましょう!

使った材料・道具はこちら☆

===============
*100均(セリア)のバインダー
*レンガの壁紙
*ボンド・接着剤
*アクリル絵の具
*漆喰

*コテなどの漆喰を塗る際に必要なもの
*カッター
*筆
*スポンジ等
===============

まずはバインダーの裏の部分に合わせて壁紙をカットして、ボンドや接着剤で貼り付けていきます。
お好みでステンシルを入れることで、さらに「自分だけの」ものになりますね♪

ここで漆喰を塗っていきます!
今回swaro109さんが使っているのは、すでに水と混ざっている状態で売られているタイプのもの。

今はローラーで塗ることのできるタイプのものもあるので、
用途によってうまく使い分けてみてくださいね!

フチの部分から塗っていきます!
内側の方は、思いっきり雑にやってしまうのもおしゃれにみせるための一つのコツですね!

このように塗っていきます!
コテをうまく使ってアレンジしてみてください!

しっかりと外の角の部分まで塗りましょう。
これをしないと、角の部分から次々に剥がれ落ちてしまうので注意が必要です!

しっかりと漆喰を乾かした後に、スポンジや筆を使ってペイントしたそうです!
ちょうどいい大きさなので漆喰壁に取り掛かる前の練習にはぴったりだと思います!

是非挑戦してみてください☆

また、漆喰は通販でも手に入るので、こちらも合わせてチェックしてみてください。

▼swaro109さんのアイデアをもっと見る▼

【事例①】漆喰でイメージチェンジ!和室から洋室へとリメイクDIY

ここからは実際に壁に漆喰を塗っていくアイデアのご紹介になります!

Jeanne d'Arc*ふーこさんは、砂壁部分を漆喰で塗り、
部屋全体を和室から洋室にリメイクするアイデアを紹介しています!

もともとはこのように畳の部屋、壁は砂壁という部屋でした。
砂壁は触ると砂が落ちてきて掃除も大変ということで、今回漆喰の壁に変更するそうです!

ここからは実際にリメイクした様子をご紹介していきます!

砂壁を剥がすのみでは、もともとの柱の部分が”和室感”を出してしまうという理由で、
柱の上からベニヤを貼ることにしたそうです!

部屋の壁一面にベニヤ板を貼っていきます。

二度塗りすることを前提に、どんどん塗っていきます!
Jeanne d'Arc*ふーこさんによると「フラットに」を意識しながら塗ることがポイントだそうです♪

ベニヤ板のつなぎ目の部分は、ファイバーテープを貼り、パテ埋めしています!

一度塗りが終了したときの写真がこちらです!
うっすらつなぎ目の部分が浮き出て見えますが…

二度塗り終了後はこのように、殆ど目立たないようになりました!

ただしDIY終了後しばらくすると、浮き出てきてしまうことも。
余裕があれば三度塗りも検討してみてくださいね★

またJeanne d'Arc*ふーこさんは、天井にも漆喰を塗ったそう。
塗る前はこのような天井だったそうです!

天井にも漆喰を塗ると部屋の雰囲気も一気に変わりますよね★
今回Jeanne d'Arc*ふーこさんは漆喰以外にも、レンガ風の壁紙も貼ったそうです!


レンガ風の壁紙のうまい貼り付け方などは、以下のアイデアが非常に参考になると思うので、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね☆

最終的にはもともとここが和室だったとは思えないほどになってますよね…!
和室から洋室にDIYすることを考えている人は、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね!

▼Jeanne d'Arc*ふーこさんのアイデアをもっと見る▼

【事例②】賃貸でも◎原状回復可能な漆喰壁DIY

noroさんは、賃貸にお住まいの方でも原状回復可能なアイデアの紹介をしています!
賃貸でなくても、壁に直接塗ることに抵抗のある方も必見のアイデアです!

こちらが完成写真です!
木の暖かさと、漆喰の趣深さが相まって、非常に居心地の良さそうな空間に思います♪

先程のアイデア同様、ベニヤ板を全面に取り付けるところからスタートです!
今回noroさんが使用しているのは、ラワンベニヤの厚さ5.5mmのもの。

あまり薄いものを利用すると漆喰を塗った後に板が反ってしまうことがあるそうで、
noroさんは5mm程度の暑さがあるものをおすすめしています!

ベニヤ板の接合には、こちらのタッカーで止めています。
ベニヤ板の厚さが今回は5.5mmなので、針は13mmのものを使用したそうです。

コンセントや既に埋め込まれているスイッチなどの場所は、
一箇所に穴を開けた後にノコギリを使って切り抜いています!

事例①ではファイバーテープを用いていましたが、
noroさんは「マスキングテープ」を使用したそうです!

ポイントは幅の広いタイプのマスキングテープを使うこと。
あまり狭すぎる物を使ってしまうと隙間に漆喰が入ってしまうこともあるので注意が必要です…!

早速塗っていく…その前に、塗らない部分には養生をしっかりと行いましょう。
うっかり手が滑ってしまうこともありますので、この一手間も忘れずに!

noroさんは漆喰を塗る前に、
-----------------------------------------------------------------------------
①木から出るアクを止めるための「シーラー」
②漆喰と板をしっかりと接着するための「モルタル接着増強剤」
-----------------------------------------------------------------------------
を塗ったそうです!

シーラーがしっかり乾いた後にモルタルを塗ってくださいね☆

ここからついに漆喰を塗っていきます!

noroさんは漆喰の粉を用いたそうで、バケツを使って漆喰を作っています。
おおよそ漆喰の70~75%ほど水を入れたそうです!

パン作りと同じですが、漆喰もこの「練り」が非常に重要なんです!
かなり力の要る作業ですが、負けないように頑張りましょう…!

先程のアイデアのように、既に練られた状態の漆喰も売っているので、
時間や予算などと相談して決めてください!

こちらは一度塗り後の写真です。
一度塗りのときは特に模様なども気にすることなく塗っていってOKです♪

noroさんのように、お子さんと一緒に作業しても楽しいかもしれませんね!

翌日、再度「モルタル接着増強剤」を塗った後に、二度塗りをしていきます!

今回noroさんは調合剤をいれて色に変化をつけています!
一見オレンジが強く出そうですが、実際に乾くとそこまで色が強く出ることもありません。

購入時にサンプルを見てみてくださいね☆

------------------------------
右側が、一度塗りの状態
左側が、二度塗りの状態
------------------------------
です!

十分に乾ききったら完成です☆

乾いた後にもとの家具を戻せば完成です…!

漆喰独特の雰囲気と、着色したおかげで、
非常に温かいリビングスペースになっていますよね♪

陶磁器も漆喰と非常に相性が良いですよね!

漆喰の落ち着いたスペースを作りたい方、是非参考にしてみてくださいね★

▼noroさんのアイデアをもっと見る▼

漆喰”風”なオススメ塗料はこちら!

ここまで漆喰でのDIYをご紹介しましたが、sayo.さんは
簡単に漆喰”風”にDIYできる塗料を紹介しています!

こちらがその商品。
VIVID VANさんが扱う「Mediterranean(メディタレニアン)」という水性塗料なのですが、
簡単に荒い漆喰風に仕上げることができるそうなんです◎

こちらは、もともと茶色だった普通の鉢にMediterraneanで着色しただけのもの。
まさか水性の塗料だとは思わないような仕上がりですよね◎

もちろん木材にも塗装可能なため、
DIYでは大活躍の「2×4材(ツーバイフォー材)」をはじめとする様々な木材を
このように簡単に塗装することができるんです…★

また、金属からダンボールまで塗装可能なようですよ!

▼sayo.さんのアイデアをもっと見る▼

いかがだったでしょうか?

今回は漆喰を塗って壁をDIYするアイデアをご紹介しました。
初めは難しそうと思っていても、
実はシンプルだと感じた人も多いのではないでしょうか?

ご紹介した通り、もしもいきなり壁が不安な方は小さな物でDIYしてみてくださいね♪

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

みんなの投稿コンテスト