目指すは足場板!端材を古材風にリメイク☆

工事現場で使われ、傷やペンキがついて独特な色合いの足場板。

使い古したビンテージ感たっぷりの足場板に近づけるよう、行き当たりばったりで試行錯誤しながら杉材を古材風にリメイクしてみました(^^)

  • 11219
  • 24
  • 5
  • いいね
  • クリップ

端材に傷をつけて古材風に

家にあった杉材を使います。
足場板といえば傷!
カンナと金槌を使って傷をつけていきます。

カンナで面取りをしたり金槌で叩いたり引っかいたりして傷をつけます。
柔らかい杉材なので簡単にへこんだり傷がつきます。

ペイント

正しい古材の塗装方法はわからないので、ここから、ペンキを使っていろいろ試してみます!

まずはバターミルクペイントの「OhioCupboardReddishBrown」という赤みがかった茶色をざっくりと塗り、塗ったらすぐに濡れた布で拭き取ります。
色が滲み、赤みが広がりました。

なんとなく足場板はグレーっぽく色あせているイメージなので、次にグレーのペンキを使います。
約50ccの水にティースプーン半分ほどのグレーのペンキを入れて混ぜます。
それを全体に塗り、先ほどと同じように濡れた布で拭き取ります。これで傷や凹みに濃い色が入りました。
そして、さらにもう一度薄めたグレーのペンキを塗ります。

塗装前後です。
全体に赤みがかかり、グレーの色が汚れたような古びた風合いになりました。

ステンシル

ちょうどサイズがピッタリだった、オリジナルステンシルプレートを使ってステンシルしていきます。
筆についた余分なペンキを落としながら丁寧にステンシルします。
OやRなどのつながっていない文字の部分は、つまようじの尖っていない方を使ってあとから繋げます。

ステンシルが乾きました。
薄めたグレーのペンキは乾いたらそれほど色が残りませんでした。

まだ足場板の雰囲気には遠いなーと感じたのでさらにノコギリで傷をつけます!

ステンシルを付け加え、全体を紙ヤスリで削って塗料をほどよく落とします。

最後にブライワックス(色はジャコビアン)で色をつけますが、全体に塗ってしまうとちょっとイメージが変わってしまいそうなので、ノコギリの傷を中心に塗りました。

足場板の雰囲気に少しでも近づけるようにと、塗装を繰り返したので、作業工程は多くなってしまいましたがなんとか納得できるものになりました!

使い込んだような古材風の板は、さりげなく置いて使うくらいがちょうどいい♪

グリーンにも合います☆

少し無計画な作品でしたが、あれこれ試しながら作れるのもDIYの良さ♪
途中失敗したけど、最後に納得できるものができてよかったです(^-^)

閲覧いただきありがとうございました(^^)


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 11219
  • 24
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

大人カフェ風インテリアを目指して築11年目のマイホームをセルフリノベーションで楽しく居心地のいい空間にしています。ホームセンターや100均グッズなどのお手軽素材…

aya-woodworksさんの他のアイデア

DIYのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード