なるほどこれはラク!洗濯動線◎なファミリークローゼットのある家

洗濯物を取り込んで、畳んで、それぞれの部屋に運ぶのって結構大変。一カ所にまとめられたら家事の効率も上がるのに……。そんな悩みを解決できるのが、収納空間をシェアできるファミリークローゼットです。『建築家住宅R+house』の施工事例から、ファミリークローゼットがあるお宅にお邪魔して、収納づくりのポイントをのぞいてみましょう♪

  • 21962
  • 152
  • 0
  • いいね
  • クリップ

「収納」も家事のひとつ。でもスムーズにいかない

日々限られた時間の中で、家事ってやることが多いんですよね。そこで今回、家づくりから家事をサポートするために、建築家住宅R+houseが着目したのは、洋服の収納スペースです。

意外と時間を取られているのが、これは自分の、これは子どもの……と洗濯が終わった衣類をそれぞれのクローゼットへ運ぶこと。さらにそれぞれの部屋が物で溢れ、整理整頓がしにくくなっていることも。快適な収納空間を目指すために、ファミリークローゼットのアイデアをご覧ください♪

動線スムーズで、家事の時短が叶う

ファミリークローゼットは、洗濯物の収納が一ヶ所で済むなど、家事効率が上がる工夫がたくさん。

洗濯してハンガーに吊るして干した後の衣類を、そのまま収納できるのもポイントです。洗濯物が多ければ多いほど、畳む手間を軽減できるのはうれしいですよね♪ 家族それぞれの部屋へ収納に行く必要がないので、移動が少なくなり家事の効率もアップ。

上の写真のように、ポールや棚で上下に仕切りを加えたり、誰のスペースか分かりやすくするために壁のデザインを変えてみるなど、使いやすさを追求するこだわりも忘れません。

さらに時短になるのが、服を収納する場所で洗濯物が干せること。「え?そんなことができるの?」と思うかもしれませんが、R+houseの建築家なら設計できちゃうのです。コツはうまくスペースを確保すること。

こちらのウォークスルーファミリークローゼットは、収納スペースの間の天井に洗濯を干すためのスチールパイプを設置。「雨の日や夜の室内干しはこのスチールパイプを活用でき、問題なく乾くのでとても便利」と施主様から、喜びの声が届いてます。

花粉症や梅雨の時期など、外干しができない時期もこのクローゼットなら関係ありませんね!

整理する習慣が自然に⁉︎ キレイも保てる

ひとつのスペースに物が集まるファミリークローゼットは、日々の整理整頓の作業をサポート。キレイを保てるというメリットもありますよ。

こちらのお宅は、寝室の隣にファミリークローゼットを設置。目につきやすいオープンな空間なので、いらないアイテムを整理する習慣が身についたそうです。衣類だけでなく、バッグなどの散らばりがちな小物もセットで収納できるので、片づけのしやすさもアップします!

物を持つ量は人によって違うため、収納スペースをシェアして共通のアイテムなどを置いたりすることで、出し入れもしやすく、自分の部屋の物の整理もしやすくなります。

最後にご紹介するのは、奥さまと2人のお子さんのアイテムが並ぶファミリークローゼットです。お子さんの着替えをしながら自分の身支度も同じ場所でできるのがポイント。上段まで手が届かない小さなお子さんのアイテムは、下段の衣装ケースに収納することで、一緒に片づけをする習慣も身につきますね♪

収納スペースは、寝室や水回りに近い位置に配置。朝起きてから着替えてリビングに出たり、洗濯する動線もバッチリ。家事や育児の時短も叶えてくれるファミリークローゼットです。

建築家住宅で憧れの住まいが実現♪

整理する習慣が身についたり、家事ももっと効率がよくなったりと、収納空間を家族でシェアすることで暮らしやすさがアップします。快適な住まいづくりのヒントは、家事などの「もっとこうしたい!」というお悩みから生まれます。建築家住宅R+houseが、みなさんのご要望が叶う家作りをサポートしますよ。

公式サイトで、こだわり溢れるステキな住まいの数々もチェックしてみてくださいね。InstagramとFacebookも更新中、フォローもお気軽に♪

  • 21962
  • 152
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

『3年連続〔建築家住宅〕新築供給数全国NO.1』※~[建築家住宅]を誰もが手にできる世界を~家づくりを”建築家”に依頼するということ。今まで限られた人にしかかな…

おすすめのアイデア

話題のキーワード