自動製氷機のピンク氷を捨てないで!再利用してお風呂のザラザラを掃除する方法

こんにちは!節約おそうじブロガーのよしママです。

自動製氷機を洗浄剤、ピンク色に着色されていることが多いと思います。
そのあと落ちてくるピンク色の氷、どうしていますか?
ふつうは捨ててしまうと思いますが、実はそれとってももったいないことをしているんです!
再利用すれば、掃除に使えるんですよ。

その氷、わがやではお風呂掃除に使用しています。
ザラザラしている洗面器や浴槽など、洗浄剤を使うと落ちやすくなるんです。

この再利用方法を知ると、自動製氷機の洗浄をしたくなると思いますよ。

  • 202140
  • 364
  • いいね
  • クリップ

製氷皿の洗浄剤の成分

成分はクエン酸の物が多いと思われます。クエン酸の洗浄剤として、再利用することができます。
衛生面を考えて、給湯ポットなどキッチン用品の掃除より、お風呂やトイレ、洗面所などに再利用することをおすすめします。

手順

製氷皿からピンク色から透明の氷がでてきます。その中でも色の濃いピンク色の氷を洗面器などに入れて溶かします。色の濃いピンクの氷にはクエン酸成分が一番濃く含まれれるからです。

また溶かしてすぐ使うと、冷たくて効果が発揮できないので、しばらく浴室などに置いて常温にしておきます。この溶かした液を使ってお掃除していきます。

※着色が心配な場合は、目立たない場所で確かめてから掃除をしてください。

洗面器の掃除

溶かした洗浄剤をスポンジに含ませて、洗面器の掃除をしていきます。洗面器の内側についていたザラザラが取れやすくなりました。取れにくい場合は、時間をおいてから再びこすると落ちやすくなりますよ。

いすの掃除

お風呂の椅子も、側面がザラつきやすいです。たっぷり洗浄剤を含ませたら、ゆっくり磨いていきます。こちらも落ちない場合、しばらくおいてゆるませてから、再びこすると落ちやすくなります。スポンジも水だけで落ちるマイクロファイバーの素材を使うと落ちやすいですよ。

カランの掃除

水道の蛇口も水垢がつきます。水垢も取れやすくなります。水垢がひどい場合は、ペーパーに洗浄剤をふくませて、湿布してしばらく置くと取れやすくなりますよ。

まとめ

その他の場所の掃除にも使えます。お風呂では鏡や、浴槽内の水位線のざらつきの掃除ができます。弱酸性になるので、アルカリ性の洗剤で落ちなかった汚れに強いです。

製氷機の掃除をしたら、ぜひピンク色の氷を捨てずに掃除に再利用してみてください。

  • 202140
  • 364
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

愛知県出身。茨城県在住。9歳と11歳の子どもを持つそうじ大好き主婦です。時短家事を目指し家族に優しいそうじと洗濯などを研究しています。元小学校家庭科教諭。新しい…

おすすめのアイデア

話題のキーワード