窓側?前方?場所によってメリットも異なる飛行機の座席位置。アナタにピッタリな座席の選び方

飛行機に乗る時、座席の位置は気になるポイントの1つですよね。どこの席でも同じ目的地に到着するとはいえ、やはり少しでも心地よく、快適に過ごしたいもの。飛行時間が長くなればなるほど、その思いは強くなると思います。今回はそんな飛行機の座席位置のメリット&デメリットをご紹介します。

  • 204
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

飛行機に乗る時、座席の位置は気になるポイントの1つですよね。どこの席でも同じ目的地に到着するとはいえ、やはり少しでも心地よく快適に過ごしたいもの。飛行時間が長くなればなるほど、その思いは強くなると思います。今回はそんな飛行機の座席位置のメリット&デメリットをご紹介します。

飛行機 エコノミークラス

窓側と通路側のメリット&デメリット

窓側のメリットは通路側のデメリット、通路側のメリットは窓側のデメリット…窓側と通路側の長所短所は、表裏一体な気がしますね。

飛行機内 窓側の座席

【窓側のメリット】

・小窓を開けて景色を楽しみながら過ごせる

国際線は、夜間など窓を開けられない時間帯も多くあるので、そこまでメリットではないかもしれませんが…国内線や晴れている時は外の景色が見られて気分がいいですね♪

・起こされることなくゆっくり寝られる

通路を開けたりする必要がないので、とにかく寝たい!という人にはおすすめです。

・人がはけてからゆっくり出ることができる

手荷物が沢山ある人、子連れの人などはゆっくり出られるので良いポイントだと思います。

【窓側のデメリット】

・トイレに行く時など、移動する際は気を遣う

席の間は狭いので、通路側の人に声をかけて通らないといけないのは難点。寝ている人だったら、わざわざ起こさないといけないのは申し訳ない気もしますよね。

・到着後、外に出るときは時間がかかる

人がはけてから出られるのはメリットでもある反面、到着後すぐに予定のある方や、出張などで時間に余裕のない方などは、すぐに機外へ出ることが難しいので、デメリットになるかもしれません。

・頭上の荷物が取り出しにくい

・窓が近いので、通路側より少し寒く感じる

飛行機内 通路側

【通路側のメリット】

・トイレや飲み物を取りに行きやすい

通路側のメリットの醍醐味と言えるでしょうか。トイレなど気になる人は通路側が最適ですね。

・到着後、すぐに出やすい

・頭上の荷物が取り出しやすい

荷物が多い、足元には荷物を置かず広々と使いたい、という人は荷物入れを気軽に触れる通路側がおすすめです。

【通路側のデメリット】

・窓側の席の人が移動する際に声をかけられる

とにかく邪魔されずゆっくり寝たり、機内の映画を見たい!という人は窓側の方がいいのかも…

どちらが自分にとって優先したいことなのか、気にならないことなのか。これによって自分に最適な場所がどちらか変わってくるのではないでしょうか。

前方と後方だったら前方の方がいい事ばかり⁈ 非常口前の席のポイントは?

じゃあ、前方と後方だったらどっちの方がいいの?というと…おすすめは断然前方です!

飛行機 前方 エンジン付近

【前方のメリット】

・エンジン音が比較的うるさくない

・揺れも後方に比べて比較的少ない

・到着後、早く機外に出られる&その後の手続きも待たずに済む

・機内食が選べる

国内線では関係ないかもしれませんが、国際線の場合、機内食は前方から配られる&選べるので後方の席だと、だいたい2種類ある機内食のどちらかしか残っていない場合も多くあります。せっかくなら好きな方を選んで食べたいですよね!

デメリットと言えば、料金が割高な事でしょうか。また、前方はファーストクラスやビジネスクラスがほとんどのため、エコノミークラスの場合はなるべく前方と頭に入れておくと良いかもしれません。

非常口前の席は好みが分かれます。良い面もありますがデメリットというよりは非常口という特殊な場所から、国際線では特にシートを選ぶ際に注意する点や条件がいくつかあります。

飛行機内 非常口前シート

【非常口前の席のメリット】

・足元がとにかく広い、開放的

・隣の人を起こさずに席を立つことが可能、起こされる心配もない

前方に座席がないので、通路側であっても隣の人に起こされることもなく、自分も通路に出やすい荷物も取りやすい、というのは非常に良いかもしれません♪

【非常口前の席のデメリット】

・荷物は足元に一切置けない

小さなものでも置けません。座席の前にポケットもないので、荷物は全て頭上の棚に置かなければならないというルールがある場合もあります。

・テーブルが座席脇の肘掛けから取り出す折り畳みテーブルなので、小さい

【非常口前の席に座れる条件】

・外資系航空会社の場合、英語を話せないといけない

非常口前の席では、緊急時に客室乗務員の手助けをしなければならず、コミュニケーションと取る必要があるという理由からだそう。

・体調の悪い人、赤ちゃん連れ、身体を思うように動かすことができない人はNG

このような方々も緊急時に客室乗務員の手助けをする、という点で難しいため

・年齢制限が設けられている航空会社もある

シートリクエストを英語で伝えてみよう

空港 チェックインカウンター

では最後に、いざという時に役立つ、シートリクエストの英文をいくつかご紹介しましょう。

・通路側の席をお願いします

→Could I have an aisle seat, please?

「aisle seat」で“通路側”といいます。窓側の席は「a window seat」なので、そこを言い換えればいいですね♪

・前方の席をお願いしたいのですが

→I prefer to sit in the front of the plane.

・並び席をお願いしたいのですが

→May I have two seats side by side?

いかがでしたか? 搭乗する路線や機材によっても変わってきますが、事前に航空会社のHPなどでチェックして自分にピッタリな座席を選んでみてくださいね。

この記事は2016年9月13日に公開されたものを再編集したものです。

  • 204
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

「トリドリ」は、あなたに様々な旅行やお出かけのキッカケを提供するメディアです。記事を読んで「ここ、行ってみたい!」と思ったら、それはもう旅への第一歩。ひとくちに…

おすすめのアイデア

話題のキーワード