キッチンの排水溝掃除「綺麗を保つために気をつける3つのこと」

キッチンのシンク・排水溝のお掃除って大変ですよね。毎日使うところなので汚れるのも早いです。今日はキッチンの排水溝を綺麗に保つために私が気をつけている3つのことを皆さんとシェアしたいと思います。

  • 16235
  • 157
  • 0
  • いいね
  • クリップ

キッチンの排水溝は生活に毎日使う場所なので汚れやすい場所です。
かといって毎日お掃除するのは大変!

家事に育児にお仕事に・・・。
忙しい方のために週に2回のお掃除で綺麗を保つ方法をご紹介します。

キッチンシンク

キッチンの掃除をサボるとどうなる?

キッチンのお掃除を長らくサボってしまうと、排水溝に滑りが出るだけでなく臭いの原因にもなります。
特に梅雨〜夏の時期にかけては排水溝が乾いたタイミングで悪臭が放たれ、虫が湧いてしまうこともあるので、出来るだけ清潔に保っておきたい場所です。

キッチンの排水溝を掃除するタイミング

ではいつ掃除をすれば効率が良いのでしょうか?
それは可燃ゴミ収集の前日です。

だいたい週に2回収集があるのではないかと思いますので、「週2回のお掃除」という風にご説明させていただきました。

排水溝に溜まった生ゴミを速やかに捨てることができるタイミングなので、このタイミングがとてもおすすめです。

キッチン掃除のお助けアイテム

セリアワンプッシュ小物ケース

・激落ちスポンジ
・アルミホイル
・排水溝用ネット

主にこの3つが大活躍。

セリアのワンプッシュ小物ケースに収納してキッチンのシンク横に置いています。
片手で取り出せるのでとても便利です。

※食器用のスポンジは1ヶ月に1度交換するので、その時には使い古したネットスポンジを使って掃除しています。ネットスポンジはシンクにも傷をつけにくいのでとても優秀です。

ぬめり撃退にはアルミホイル!

アルミホイルを丸めた物

滑りの原因は主にカビや雑菌です。

これらを抑えるために、アルミホイルを小さく丸めて排水溝受けと排水溝ネットの間に入れます。
このアルミホイル玉を入れるとぬめりが出にくいので必ずセットするようにしています。

※ちなみにアルミホイルはこのお掃除にしか使わないので完全にコスパ重視で選びます。
また毎回ちぎって丸めるのは手間なので暇な時間に丸めてストックしておきます。

排水溝ネットを使ってゴミ捨てを楽に

ストッキングのようなタイプの排水溝ネットを使っています。
目が細かいのでゴミがすり抜けて行かず、キャッチしてくれるのが良いです。

ちなみにこのゴミが溜まったネットを捨てるときはきちんと水分を切ることが必要です。
たくさん水分を含んだまま捨ててしまうとカビが発生したり、臭いの原因になります。

ゴミの集積場で動物に荒らされてしまう原因にもなりうるのでしっかり抑えて水気を切ってからゴミ袋に入れるようにしましょう。

キッチン排水溝周りの掃除方法のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今日はキッチンの排水溝のお掃除をするにあたって気をつけたい3つのことをご紹介しました。

・掃除のタイミングは可燃ゴミの前日
・アルミホイルで滑りを減らす
・排水溝ネットでゴミを集める

この対策で週2回のお掃除だけで綺麗を保つことができています。
キッチンのお掃除の参考になると嬉しいです。

  • 16235
  • 157
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付け・収納

ナチュラルなインテリアが好きで、グレー×ウッド×白を基調とした部屋づくりをしています。モノトーンインテリアも好きです。100均アイテムやシンプル可愛い収納ボック…

おすすめのアイデア

話題のキーワード