給湯器の種類と選び方のポイント。交換時の費用や注意点も

給湯器にはたくさんの種類があるので何を基準に選べばよいか迷うところですね。まずは給湯器の耐用年数を知って、万が一故障した時や交換する必要が出た時の対応方法や費用の相場についても知っておくとよいでしょう。

  • 2730
  • 13
  • 0
  • いいね
  • クリップ

給湯器の種類

日頃は何気なく使っている給湯器ですが、専門家でない限り種類や性能について詳しく解説することは難しいですよね。

日常的によく利用するシーンとして挙げられるお風呂を例に挙げれば、追い焚き機能が必要な時は「風呂給湯器」または「給湯暖房熱源機」を選ぶと覚えておくとよいでしょう。

追い焚き機能は必要ないという場合には、「給湯専用」または「高温水給湯型」を選ぶと覚えましょう。給湯器は交換の時に種類変更をするということができないので、最初にきちんと選んでおくことが大切です。基本的な知識についてまとめていきます。

給湯熱源で分けると5種類

給湯は、「ガス」「電気」「石油」「ハイブリッド」「太陽光」の5種類が主な熱源です。

最も主流なのが、「ガス」と「電気」です。「ガス給湯器」は、サイズが小型で安価ですが、ガス代が多少高額です。「電気」は、深夜の電気料金を利用して沸かすためランニングコストが安いのが特徴です。

また、これらのよい面を組み合わせた「ハイブリッド型」であれば、排出されるCO2も削減してくれます。

ほかにも、ガス給湯器の瞬間式との似た原理を持つ「石油給湯器」や、「太陽熱」を利用した給湯器などがあるので、まずは自分にあった熱源から選びましょう。

給湯器の選び方のポイント

給湯器は大きく分けて四つのポイントで選びます。新築の場合は、何もないところから給湯器のタイプを選べますが、交換の場合は、現状と同じ種類を選ぶことになります。

賃貸の場合も、最初から給湯器のタイプは決まっているため、入居してから「失敗した!」とならないために、入居前にチェックをしておきましょう。

設置場所をチェック

給湯器には、「屋内設置タイプ」と「屋外設置タイプ」の2タイプがあります。屋内設置タイプは、給湯器の吸排気を煙突で行うFF方式、BF方式、FE方式などがあります。

設置タイプは、「壁掛型」や「浴室据置型」があり、自宅のキッチンやお風呂場周辺に給湯器が設置してあれば、「屋内設置タイプ」です。

屋外設置タイプは、名前の通り建物の外に設置する給湯器で、壁面に固定する「壁掛型」と、地面に置く「据置型」が一般的です。マンションの廊下などにある「パイプシャフト型」も、屋外設置タイプの給湯器です。

性能、機能で選ぶ

近年の給湯器は非常に進化しているので、ただお風呂にお湯を入れるだけでなく、「どれだけ機械が自動でやってくれるか」も、選ぶポイントになっています。

「給湯機能のみ」が、現行の給湯器でもっともシンプルな型です。1台の給湯器で、キッチンの温水と、シャワーなどの給湯を供給します。 アパートやワンルームマンションでは、このタイプが多くみられます。

「自分でお風呂のお湯をはるのは面倒」という人には、自動湯はり機能のついた給湯器がおすすめです。追い焚き機能がついているかどうかは、設置前に確認しましょう。

「熱源機」は、戸建住宅で給湯器が複数ある場合に使用します。キッチンやシャワーなどの給湯はもちろん、床暖房や浴室暖房乾燥機、ミストサウナなど、家一軒丸ごとの温水暖房をまかなえます。

号数で選ぶ

給湯器を選ぶポイントでよく聞かれるのが「号数」という言葉です。号数は、1分間に出すことのできるお湯の量を表します。1分間に16lのお湯が出せる給湯器なら「16号」です。

一般的な家庭サイズであれば、16号、20号、24号の3タイプが多くなります。単身者や2人家族は16号、4人家族は20号が適しているでしょう。しかし、2カ所で同時に使うと、片方の湯の勢いが弱まる可能性があると認識しておきましょう。

4人以上の家族なら、たくさんのお湯が同時に使える24号がおすすめです。このサイズなら、2カ所で同時に使っても湯の勢いが弱まらず、ストレスなく使えますよ!

従来のものかエコタイプで選ぶ

給湯器を選ぶときには、従来タイプか、エコタイプのどちらかを選ぶことになります。一般的にエコタイプのほうが、給湯器自体の値段が1万5,000~3万円程度と高額です。

エコタイプは、従来タイプでは使えなかった排気熱を使うため、少ないガスの利用料でお湯が沸かせるという特徴があります。使用状況にもよりますが、購入後3年程度で回収できる計算です。

給湯器にも寿命がある

給湯器に限らず、電気機器には寿命が存在します。給湯器の寿命はどのくらいなのでしょうか? 寿命を知らせるサインの見方を知って、安全に給湯器を使う知識を身に付けましょう。

給湯器の故障のサイン

シャワーなどから出るお湯の温度が、設定より低かったり、一定でなくなったりしたら、故障を疑います。その際に、エラーコードがでていないか、あわせてチェックしましょう。

給湯器から異音がしたり、音自体が大きくなった場合も、故障のサインである可能性が高いといえます。特に、給湯器が着火する際に爆発音がしたり、給湯器の排気から黒い煙がでたりした場合は、直ちに使用を中止してください。

故障のサインは、単なる故障の場合もありますが、長年使っている場合は、寿命の可能性があります。どのような場合でも、無理に使用を続けるのではなく、専門業者に連絡をして点検してもらいましょう。

給湯器の寿命は平均10年前後

給湯器の寿命は約10年と考えておきましょう。各メーカー「給湯器の部品は、製造終了から10年」という供給期限を発表しています。

10年経過した給湯器は、修理部品がない可能性も高く、ほとんどの場合が交換になります。もちろん、10年もたずに故障する場合もあれば、10年以上使える給湯器もあり、寿命は一律ではありません。

給湯器の交換費用と注意点

私たちは、蛇口をひねれば、お湯が出るのが当たり前と思っています。しかし、そこには給湯器が介在しているので、給湯器が故障すれば、当然お湯は使えなくなります。

お湯が使えない場合、もっとも困るのがシャワーやお風呂です。給湯器に限らず、電気機器は壊れたらすぐに代わりを購入しようとするため、費用や内容を比較したり、吟味したりする時間が取れず、設置後に後悔する場合があります。

給湯器が寿命を迎える前に、交換を前提にして費用を考えておくとよいでしょう。また、給湯器交換について知っておきたい注意点もあわせて紹介していきます。

本体価格と交換工事費用の目安

給湯器の設置には、大きく分けて「本体価格」と「工事費用」の2種類の費用が発生します。給湯器を同タイプに交換する場合の工事は「標準工事」と呼ばれ、配管や風呂釜の位置に変更がなければ、費用は3〜5万円が相場です。

工事は、給湯器メーカーか、給湯器販売店や施工業者に依頼します。標準工事の場合、業者による値段の差はあまりありません。また、給湯器の号数で費用が変わることもないと覚えておきましょう。

複数の業者から相見積もりを取る

給湯器本体は型番商品のため、標準工事同様、どこに依頼してもそれほど金額の差はありません。金額が変わるのは、増設や、据置型から壁掛型など、設置方法の変更が必要な場合です。

工事費用が妥当な金額かを知るためには、複数の業者から「相見積もり」を取りましょう。ポイントは、その見積もりに何が含まれているのか、明細をしっかりチェックすることです。

具体的には、本体の値段、工事費用、廃材処理代、税金、割引、出張費用などです。不明な点は、工事前にお互い確認しておくことが、のちのトラブル回避につながります。

業者選びは慎重に

業者を選ぶとき、つい値段の安さで決めてしまいがちです。もちろん安いに越したことはありませんが、安すぎる業者は、手抜き工事など、トラブルを招くケースがあります。

同じくらいの納期や金額の業者なら、万が一に備えて、保証やアフターフォローがある業者を選んでみるのも、一つの方法です。故障などのとき、すぐにきてくれる業者がいれば、給湯器を使い続ける上でも安心です。

給湯器は家庭に合ったものを賢く選ぼう

給湯器は、私たちの生活になくてはならない電気機器です。給湯器は決して安い買い物ではありません。ストレスなくお湯を使うためにも、給湯器は慎重に選びたいものです。

安さだけで決めるのではなく、自分たちがどのような生活を送りたいのか、そのライフスタイルを中心に考え、給湯器や業者を選んでみてはいかがでしょうか?


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 2730
  • 13
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード