もうすぐ梅雨入り!トイレのジメジメとした湿気は“アレ”を使ってバイバイしよう

雨が続く梅雨時期にいつも悩まされるのがジメジメした湿気! 少し手を抜くと湿気による黒カビや嫌なニオイが広がり、掃除が大変に……。

この時期はお風呂や玄関を中心に湿気対策をしている方が多いと思いますが、実はトイレも湿気がこもりやすい場所の一つです。“アレ”を使った湿気対策でトイレを快適な空間にしましょう!

  • 5846
  • 47
  • 0
  • いいね
  • クリップ

トイレのジメジメや結露を放置すると黒カビが発生!

常に水が溜まっているトイレは、湿気がこもりやすい場所です。狭くて気温も上がりやすい空間なので、湿気対策をしないと黒カビが発生する可能性があります。

黒カビを侮ってはいけません。便器はもちろん、壁や天井にも広がってしまうのでトイレが悲惨なことに……。壁が真っ黒にならないように、取り急ぎの対処として24時間換気扇を回したり、こまめに水気を拭き取ったりしてお手入れをしましょう!

除湿器や除湿剤を置いて湿気を除去しましょう

窓がないトイレや梅雨時期は湿気がこもりがち。まずは市販されている除湿器や除湿剤を試してみてはいかがでしょう。

除湿器はしっかりと湿気を吸収してくれるので、一年中快適なトイレ空間に。脱臭機能が付いた除湿器ならニオイ対策もできます! コンパクトな除湿器を選べば狭いトイレでも邪魔になりません。

除湿剤は水が溜まったら交換する手間はありますが、小さいのでインテリアの邪魔にならず、置くだけで手軽に湿気対策ができます。湿気を含んだ空気は下の方にたまるので、除湿剤は床に置くのがおすすめです。

炭と重曹で経済的な湿気対策に♪

湿気を吸収してくれるといわれている炭や重曹を使えばとっても経済的です!

炭は消臭効果もあるため、トイレに置くのにうってつけ。かごに入れたり壁に飾ったりすればおしゃれなインテリアに変身します。消臭効果の弱まりを感じたら、洗って天日干しすれば再利用できます。

重曹はトイレのタンク掃除にも使用できるので、こちらもおすすめのアイテムです。使い方は、重曹を容器に入れて置くだけ。重曹が固くなってきたら交換の目安です。固くなった重曹はそのままタンクに入れると、タンク内の汚れを落としてくれますよ。しばらく置いてから流すだけなのでとても簡単にお掃除ができます。

思い切って壁紙を変えてみる!?

湿気を取る壁紙も発売されているため、思い切ってDIYをするのも手! おしゃれな柄も豊富にあるため、トイレの模様替えついでに湿気対策ができます。

また、珪藻土(けいそうど)や漆喰(しっくい)は調湿効果と消臭効果があります。DIYをするのは他の手段よりも手間がかかってしまいますが、湿気対策に加えてトイレの印象をガラっと変えることができるのでおすすめです。

こまめなお手入れでピカピカのトイレを維持しよう!

「トイレが汚いと運気が下がる」といわれるほど、トイレはいつも快適な空間にしておきたい場所です。目に見える汚れの掃除ももちろん重要ですが、黒カビを発生させないために、今からしっかりと湿気対策をしておきましょう!

湿気が増える梅雨時期を前にもう一度見直してみませんか?

  • 5846
  • 47
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

1995年の設立以来、延べ12万件以上のリフォーム施工実績のフレッシュハウス。現在は関東、中部、九州に30を超える支店・ショールームを展開。ホームプロでは全国第…

おすすめのアイデア

話題のキーワード