狭い空間をうまく使おう!トイレの収納アイデア

トイレットペーパーや掃除道具など、トイレには収納したいものがたくさんあります。しかし、トイレ内の収納スペースは限られているので、お悩みの方も多いのではないでしょうか。
突っ張り棒やラックを活用して収納スペースを増やす方法をご紹介します。

  • 5741
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ

トイレットペーパーや掃除道具など、トイレには収納したいものがたくさんあります。しかし、トイレ内の収納スペースは限られているので、お悩みの方も多いのではないでしょうか。
突っ張り棒やラックを活用して収納スペースを増やす方法をご紹介します。

突っ張り棒を活用しよう

収納を増やすにあたって、一番簡単なのが突っ張り棒を活用する方法です。
100均やホームセンターなどで購入できる突っ張り棒を設置して、トイレの壁面に収納スペースを作り出します。たとえば、トイレットペーパーの幅の分だけ壁から離して突っ張り棒を設置するだけで、トイレットペーパーストックができあがります。

棒の上にそのままトイレットペーパーを乗せるのは落ちそうで不安、という方は、手提げバッグの持ち手部分を突っ張り棒に通して吊り下げ、そのなかにトイレットペーパーを入れておくとよいでしょう。フックを突っ張り棒に引っかけておけば、トイレットペーパーに限らずいろいろなものを吊り下げることができて便利です。
他にも、掃除用具を床に直接置きたくないという方は、タンクの裏側に突っ張り棒を取り付けて、吊り下げ式の収納を作ってみてはいかがでしょうか。目立たず、すっきりと収納することができます。

また、平行に設置した2本の突っ張り棒の上に板を置けば、壁に穴を開けなくても簡単に棚を作ることができます。棚があればトイレットペーパーだけでなく、掃除道具なども置くことができるでしょう。棚の上にトイレットペーパーを置く際は、カラーボックスやワイヤーバスケットなどに入れておくと見栄えがよくなるのでおすすめです。
この突っ張り棒を使った棚を上下に2つ作り、側面を板で覆って前面に扉を取り付ければ、簡単な収納箱を作ることもできます。

これを応用すれば、流行りのタンクレス風トイレを作ることもできます。まず2本の突っ張り棒を平行に設置し、その上に板を乗せて棚を作成します。
そして、手前の突っ張り棒にカーテンを取り付け、タンクを隠せば完成です。板の上にものを置けるのはもちろん、カーテンの裏に掃除道具などを収納できるので、収納スペースを広げるという点でもおすすめの方法です。

ラックを活用しよう

スペースのないトイレの収納で役に立つのが、スリムなラックです。ホームセンターなどで販売されているトイレ用の細身のラックを、トイレタンクの横やトイレの角に設置することで、収納を増やすことができます。

自宅のトイレの隙間に合わせて、ぴったりサイズのラックをDIYするのもおすすめです。ラックを作るときは、下にキャスターを取り付けておくと、掃除のときに簡単に動かせて便利です。十分なスペースがある場合は奥行きのない本棚で代用することもできるでしょう。

また、トイレタンクよりも背の高いラックを左右に置いて、上に板を渡せば、タンクの上にさらに棚を作ることができます。左右のラックと棚だけでも、十分な収納スペースになるのではないでしょうか。

トイレは一見、収納スペースが少ないと思われがちです。しかし、壁やタンク横など、工夫次第で有効活用できるスペースが実はたくさんあります。
ぜひ自宅のトイレに合った方法で、収納スペースを増やしてみてください。

  • 5741
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

1995年の設立以来、延べ13万件以上のリフォーム施工実績のフレッシュハウス。現在は関東、中部、九州に30を超える支店・ショールームを展開。ホームプロでは全国第…

おすすめのアイデア

話題のキーワード