散らかり、忘れ物防止♪狭い廊下でもスマートに収納スペースを確保しよう

お出かけの時に持って行くものは玄関からリビングまでの間に定位置を決めることで、リビングの散らかり防止、失くし物・忘れ物予防になります。
でも、お客様の目につく玄関廻りはごちゃごちゃしたくない!
そんな方にもスッキリ!スマート!な収納グッズをご紹介します。

  • 70635
  • 628
  • 0
  • いいね
  • クリップ

玄関からリビングの間は、お出かけ動線・帰宅動線の重要ポイント

お出かけの時に身につける上着や帽子、持って行く交通系ICカードや社員証・保護者証など、玄関近くにあったら忘れ物予防になって便利ですよね!

また帰宅時も玄関近くに収納できれば、リビングまで持ち込んでのちょい置きがなくなり、散らかり予防になります。

玄関からリビングまでの間は、お出かけをスムーズにするため、また、帰宅後リビングに不要なモノを持ち込まないための重要な場所!
ここの収納を使いやすくすると良いですよ。

玄関廻りは掛ける収納が便利

以前はもらい物のキッズポールハンガーを使っていました。
袋物、帽子、保護者証など、簡単にかけられるのでこれはこれで便利でした。
やはり玄関廻りに「掛ける収納」は必須だと思います!

ですが、ポールハンガーはなんとなくごちゃつき感があって見た目的に微妙なのと、ポールハンガーの向かいにある扉付き収納を開けると狭い廊下がさらに狭くなるのが気になっていました。

スリム長押(なげし)でスッキリ収納!

そこで見つけたのが「長押レール(スリム長押)」です!

ねじと太ピン2種類の取り付け方法があるので、石膏ボードでも取り付け可能。
長さは40㎝、60㎝、90㎝、180㎝の4種類。
(お店によってはオーダーカットも可能なようです)
色はアイボリー、ナチュラル、セピアの3色展開と、設置場所やお家の雰囲気に合わせて選ぶことができます!

我が家は目立たせたくなかったので、壁の色に近いアイボリーにしました。

小さいフック3つは初めからセットになっているもので、大きいフックは別に購入しました。

どうですか?
すごくスッキリですよね!!

フックは可動式なので、その時に掛けている物の大きさに合わせて邪魔にならないようフックの場所を変えることもできます。

家族にも好評です!

設置場所によって使い道いろいろ!

長押レール上部は溝のようになっているので、ハンガーもかけることができます。

その他にも、
・リビングの壁に設置してピクチャーレールとして
・ウォークインクローゼットの壁に設置してベルトや帽子掛けに
・キッチンの壁に設置して、ゴミ袋を掛けたり、根菜類を入れた袋を吊るしたり

設置個所によって、使い道は色々ありそうです♪

ただし太ピンで設置の場合は、ねじよりも耐荷重は劣るので、掛けすぎには注意!
(我が家の60㎝タイプは、太ピンで5kg、ねじで10kgだそうです。)

「ここに収納があればよいのに」そう思ったら調べてみて

間取りや造付けの収納に自分たちの生活を合わせるのでなく、自分たちの生活に合わせて収納を選べる時代!

何気ない「ちょっと不便」を解消する収納グッズがたくさんあるので、色々探してみてくださいね。

困った時は整理収納アドバイザーがご相談に乗りますよ♪

お読みいただき、ありがとうございました。


LIMIAからのお知らせ

楽天ポイント最大50%還元♡楽天スーパーDEAL!
人気ブランドから日用品までポイント高還元!毎日更新中!

  • 70635
  • 628
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建売住宅を購入したときに独学で収納の勉強を始めたのがきっかけとなり、整理収納アドバイザーの道へ。学生時代、建築士を目指していた経験を活かし、■間取りとライフスタ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード