思わず出しておきたくなるいまどきの救急箱

出しっぱなしでも許されちゃう、インテリアに溶け込むいまどきの救急箱の名は、メディスンボックス!
間仕切りがついているので中身の整理整頓もキレイにできますよ。

  • 79237
  • 1081
  • 5
  • いいね
  • クリップ

こんにちは。
先日インターネットで見つけた救急箱に一目惚れしてしまいました。
救急箱と検索をかければ色々とヒットしますが、その中でも私が気になったのは、救急箱だけど出しっぱなしでもインテリアを盛り上げてくれそうな1つのオブジェと言えるかもしれません。
救急箱のイメージと言えば、木製の箱に入った重みのあるケースを思い浮かべますよね。
しかし、いまどきの救急箱はおしゃれ性が高く、そして軽く、コンパクトで持ち運びやすくなっているようです。

商品名がカッコイイ!その名はメディスンボックス

マナベインテリアハーツさんで購入出来る救急箱の名は「メディスンボックス」と言います。
メディスンは「薬」という意味。
救急箱と言う響きより、メディスンボックスと呼ぶ方がいまどきなのかもしれませんね。
マナベインテリアハーツさんは関西を中心に展開されており、ネットショッピング以外にも実店舗があるようです。
家具からインテリア雑貨などたくさん揃っていますので、気になる方は是非チェックしてみてください!

メディスンボックスの特徴その1

ここからはメディスンボックスの特徴についてです。
普通の救急箱と異なるのはデザイン性を重視しているところです。
大きなクロス柄がとても目立ちますが、それが何だか可愛く思えちゃうんです。
救急箱だけど救急箱らしくないところが、思わず出しっぱなしにしたくなるところなのかもしれません。

メディスンボックスの特徴その2

メディスンボックスは2段式仕様。
上段にはトレーが付いていて、大きなものを入れたりするのに適しています。
湿布は大きめなのでここには丁度良く収まりました。

そして下段には間仕切りが付いているので、細かく収納したいものを分けて入れることができます。
可動式ではありませんが薬をきちんと仕分けできるので、間仕切りがあることで整理整頓がしやすくなっています。

メディスンボックスの特徴その3 

大きさやカラーはそれぞれ2種類から選ぶことができます。
我が家で使っているサイズは一番小さなSサイズですがLサイズも展開中です!
ひとまわりほど大きいので、家族の多い方にはLサイズがおすすめ。
カラーはグレーホワイトとホワイトピンクの2カラー。
グレーはインテリアに馴染むカラーで、ピンクのほうは可愛さをメインに出したカラーになっています。
皆さんはどちらを選びますか?

ブログでもご紹介しています!

最後までお読み頂きありがとうございました。
こちらの記事はブログでもご紹介しています。
是非合わせてお読み頂けますと嬉しいです。

  • 79237
  • 1081
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

北海道在住。収納インテリアブログ「ちいさなおうち」では暮らしに役立つ情報をメインにプチプラ収納インテリアを公開しております。誰もが簡単に手に入る物との生活で、暮…

おすすめ

話題のキーワード