鍵はここまで進化! スマホで開け閉めするスマートロック

  • 1639
  • 14
  • 0
  • いいね
  • クリップ

家に入るために必要なものと言えば、鍵。同時に、家を守ってくれるものも鍵であり、私たちの生活には欠かせないものです。

でも、いざ玄関のドアを開けようとしたら鍵がない!なんていう経験をしたこともある人も少なくないのでは?
うっかりしてオフィスに置いてきてしまったけれど、もう家族は就寝中……。
鍵をどこかに落としてしまった。悪用されたら怖い……。

そこで注目されているのが、スマートロックです。
いわゆる”鍵”を物理的に持たなくても、玄関のドアの内側に設置し、スマホなどを使ってドアを開閉できるロックシステムで、アメリカでは採用している一般家庭も多いとか。
日本の住宅事情に合わせて開発されたという日本製のスマートロックAkerunを調べてみました。
モノトーンのパッケージから出してみると、何だかシンプルすぎる。それに軽い。もっと複雑なモノを予想していたのですが、意外です。

スマートロックAkerunを開発した株式会社フォトシンスを訪ねました。
同社は、2014年に20代の技術者たちが中心になって起業した会社です。

「スマートロックと聞くと難しそうですが、仕組みは本当にシンプルなんですよ」と、Akerunを取り付けたモデルで説明する同社広報担当の山岸麗美さん。

Akerun本体は、玄関のドアの内側のサムターン部分にはめるだけ。本体には粘着テープが付いていてドアに固定されます。設置は数分で完了してしまいます。
簡単に後付けできるので、住宅を購入した後でも、賃貸物件に住んでいる人でも利用できるのがいいですね。

シンプルなフォルムとマットな質感のシルバーカラ―。玄関ドアに取り付けても違和感はありません。
内部はどうなっているのか…と、開けてみると、単3乾電池2個とサムターンにはまっている丸い部分が見えます。ちなみに、電池がなくなったときには、この丸い部分を手動で回して、鍵を開け閉めすることも可能です。
では、どんな仕組みでスマホをタップするだけで鍵を開閉できるのでしょう?

Akerun本体とペアリングを行っておいたスマホをタップすると、Akerun本体にbluetooth で情報が送られます。
わかりやすく言えば、これによって、本体側に”スイッチ”が入り、乾電池のパワーでサムターンが回るというわけです。その原理は結構単純!?なんですね。

外出するときは、Akerun 本体に触れるだけでロックが解除。ドアが閉まると自動でロックされます。

鍵を家族や友人と共有することもできます。
アプリ上で鍵を渡したい人の携帯電話番号やメールアドレスを設定して送信するだけと操作も簡単。家族や友人のスマホを合鍵代わりにすることができるのです。友人や離れて暮らす親族の急な来訪にも便利ですね。

鍵の利用時間の限定も設定できるので、ハウスキーピングやベビーシッターなどを依頼するシーンでも、実際の鍵の受け渡しが不要で利便性、安全性も高くなります。
鍵利用はリアルタイムでAkerunの所有者のスマホにポップアップ通知させて確認することができます。

共働きの家庭なら、子どもが学校から帰った時間や、外出した時間が把握できていいですね。
高齢の家族がいる場合も、外出や帰宅の通知で元気で過ごしていることがわかり、安心です。

小さくてシンプル、使い方は簡単なのに、いろんなことができるスマートロック、Akerun。
これからマイホームを購入予定の人も、すでに建ててしまった人も注目したいスグレモノです。


LIMIAからのお知らせ

楽天ポイント最大50%還元♡楽天スーパーDEAL!
人気ブランドから日用品までポイント高還元!毎日更新中!

  • 1639
  • 14
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

「いえんさ」は、都市型家族のカタチをデザインするための情報サイトとして「デザイン×暮らし」をテーマにした情報をお届けします。家づくりのヒントとして、豊かなライフ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード