【無印良品】ポリプロピレン収納ケースでウォークインをすっきり片付けよう!

日に日に寒くなり衣替えのシーズンとなりました。今日は我が家のウォークインクローゼット収納をご紹介いたします。

  • 155873
  • 1986
  • 0
  • クリップ

こんにちは!

いつもお読みいただきありがとうございます。


我が家のウォークインは寝室から続く2帖のこじんまりスペース。

扉は設けずカーテンで仕切る設計にしました。

夫婦の衣類はここに入る分しか持たない!と決めて収納しています。

シンデレラフィットを目指すなら無印!

衣類の収納には無印良品のポリプロピレン収納ケース(横ワイド)を使用しています。

3個並べたらウォークインにシンデレラフィットしました。


我が家のウォークイン、無印の収納ケースに寸法を合わせて設計したわけではありませんが、このぴったり感はさすが無印です!

無印の収納ケースは「尺モジュール(木造住宅の寸法)」にぴったりはまるよう、サイズが考えられているなぁと感じました。


これだけぴったりはまれば無駄なスペースがないので、空間を有効活用できますよね。

気持ちいいくらいのぴったり感です。

衣類は日光に当てないで!

過去には服を畳んで積み上げるショップ風収納を試したこともありますが、服にホコリは被るし、日焼け、色褪せする…など服へのダメージが大きくやめてしまいました。

日光が入らない収納なら問題ありませんが「ドアがないオープンウォークイン」「窓があるウォークイン」の方はなるべく引き出しにしまうことをおすすめします。

我が家でも、どうしても畳みたくない衣類とアウター以外のハンギングは極力避けるようにしています。

お気に入りの衣類は大切に保管したいですからね。

雑貨収納スペースも確保する

手前のスチールラックにはバッグ、帽子を置いています。


下段のカゴは夫婦それぞれの部屋着(パジャマ)入れです。

ここに部屋着を投げ入れられるようにしたら、脱ぎ捨て行為がなくなりました。


その隣の吊り収納にはマフラー、ストール、ニット帽などの冬小物を。


枕棚上のセリアのボックスにはオフシーズンの衣類が入っており、季節の変わり目に入れ替えをしています。


かさばる雑貨類の保管スペースもしっかり確保することで、すっきりした収納になります。

7割収納を目指そう

我が家が収納で気を付けていること。

それは7割収納を心がけ余力を持たせること。


理想は「1枚増えたら1枚処分する」です。

余力があれば多少物が増えても焦らずにすみますよね。



ただ、7割収納を心がけるようにしてから我が家では自然と物が増えなくなりました。

すっきりした空間を維持したいという気持ちの方が物欲に勝っているのだと思います。



衣食住という言葉があるように「住む」ということは私たちが生きていくことの根本です。

快適な住まいは快適な収納から。


年末に向けて収納の見直しはいかがですか。

Instagramもやっています。

良かったら覗いてみてください。

  • 155873
  • 1986
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード