素焼きのポットに穴を開けて、【プランツハンギング】を楽しもう♪

生活空間にグリーンを取り入れると
日々の暮らしが、より豊かにオシャレになります♪

今回は、空中でも植物を愛でることができる【プランツハンガー】を
素焼きのポットに穴を開け、紐を通して作る方法を紹介します^^

  • 3729
  • 43
  • 1
  • クリップ

★準備するモノ

●素焼きのポット
●麻ひも 100cm ×4本(画像に写ってません)
●バケツ
●電動ドリル
●磁器タイル用ドリルビット (刃先径6.0mm)

★作り方

素焼きのポットに穴を開けるための
磁器タイル用のドリルビットは、水を使用すると
切削性・耐久性がさらにアップします。

鉢をしばらく水につけておくと、ビットの威力がアップするだけでなく
さらに鉢も割れにくくなり、おすすすめです。

いよいよ穴あけスタート!

力を入れすぎると鉢が割れてしまう恐れがあるので
焦らずゆっくりと、力を加減しながらおこなってください。

また、穴は貫通させるので
鉢の下には、穴が開いてもいい木材などを置いて
作業するといいです^^

等間隔で、鉢の上方に4つの穴を開けましょう。

鉢の淵ギリギリに開けようとすると、鉢が欠けてしまうコトもあります。
ギリギリは避けて、少し内側に開けてくださいね^^

100cm ×4本の麻ヒモは、4本まとめて半分に折り
画像のように、クルッとまとめてくくります。

その麻ひも2本を1セットにして、ドリルで開けた素焼きの穴に通して
結びます。

同じ長さになるよう、それを4回繰り返して麻ひもを結べは
完成です!!

吊るす植物は、ツルの長いタイプが似合いますよ♪

今回は、ディスキディア エメラルド を
鉢に植え込みました。

★まとめ

いかがですか?

素焼きのポットと麻ひもだけで
簡単に作れるプランツハンガーですが
グリーンの魅力をよりアップしてくれますよ♪

みなさんもぜひチャレンジしてみてくださいね☆彡

  • 3729
  • 43
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード