きれいに保ちやすい! バスルームの作り方

整理収納アドバイザーの須藤昌子です。 水回りは、汚れやすく、放置すると汚れが定着して、お掃除が大変になります。 そうならないために、必死でお掃除するばかりでは、疲れてしまいますよね。 そんなに必死にお掃除しなくても、きれいに保つことが出来、お掃除もしやすい。そんなバスルームの作り方をご紹介します。

  • 75944
  • 810
  • 8
  • クリップ

モノを浮かす

バスルームには、モノを直置きすると、水分がたまりやすくなります。そうなると、カビが生えやすくなり、ぬるぬるの原因にもなりかねません。そうならないためにも、出来るだけ直置きするものを少なくすることで、お掃除も楽になりカビを防ぐこともできます。

バスマットはタオルを使う

以前は、いわゆる「バスマット」と言われるものを使っていました。ですが、冬は、なかなか乾きにくく、カビは生えないまでも、衛生的に不安になることもあります。そして、厚めな素材だからこそ、お天気が悪い時には、洗濯を控えた方がいい時もあったりと、実は使い勝手は悪いのかもしれないと思いました。 そこで、バスマットにも使えるバスタオルを発見し、採用。タオル地のバスマットは、洗濯も容易にでき、バスマットに比べて乾きもいいので、衛生面でも、洗濯の際の手軽さも、とても良いです。 お風呂上りに必要なのは、バスマットだという固定観念を持たないことで、家事が楽になることがあります。 

直置きするものは、少なくする

先にも、書かせていただきましたが、直置きすると、ボトルの上部やボトルを置いた部分に水分がたまり、なかなか乾きません。そのまま、水分がとどまると、カビの原因にもなります。 ですから、直置きするものは、出来るだけ限定し、少なくすることで、お掃除が楽にでき、カビの心配も少なくなります。

お掃除しやすい、使いやすいバスルームづくりの方法は、いかがでしたか? 少しでもお役に立てると嬉しいです。

毎日のお掃除や片付けについてブログで綴っています。ぜひ、ご覧ください。

  • 75944
  • 810
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード