家に和風を取り入れよう!vol.2

家は洋間、どうにかしてほんのり和雰囲気を出したいそんな時、使えるのはインテリア。だからと言ってあんまりお高級なやつはちょっと、手が出しにくい。比較的手に入りやすいもので和を取り込みます。

  • 2215
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

和風を求めて3千里

今回ご紹介するのはちょっと前からはやり始めた手ぬぐい。手ぬぐいには日本の昔から伝わる柄ものから近代的なものまでじつにさまざまです。日本的な手ぬぐいを部屋にインテリアとして飾ることで部屋に和っぽいやわらかな雰囲気を出せたらと思い取り入れてみました。

しかし、ただの柄ものだけではちょっと物足りない気が、、、そこでおすすめするのが季節感が出る絵柄の手ぬぐい。1000円~1500円くらいで売っています。柄だけなら百均にもかわいい和柄がたくさんあります。今回写真はありませんが、私は青海波と金魚を買いました。

このように四季折々に合ったものを出しておくと季節感も部屋に出て楽しめます。月ごとに変えるのもいいですが、3か月に一つ、でも四季の移り変わりを示すインテリアとしては役割を果たします。上の写真の手ぬぐいは男女二人でお雛様を表すような絵ですが、花が桜にも見えますので2~4月頃まで飾っていても違和感ありません。

反対にこちらのクリスマスの絵柄は限定的で短い期間でしょうか。ご本人が気にならなければ11~1月まで飾ってもいいでしょう。(アメリカではお正月もツリーあるみたいですし。)ただ1月は心情的に和の心としてやはりお正月柄に変えたいものです。

手ぬぐい飾ろう

ほんの一例ですがいかがだったでしょうか。手ぬぐいは鋲で飾っていますが、額にいれると高級感が出ると思います。ただ手ぬぐい用の額はちょっと高いかもしれません。絵を飾る代わりに手ぬぐいを飾ってみてはいかがでしょうか。

  • 2215
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

工務店

「末永く暮らしていただける、愛され続ける家づくりを。」永く住めば住むほどに、その本来の良さが出てくる木の家。それが、長持ちし愛され続ける木の家づくりにこだわる理…

おすすめのアイデア

話題のキーワード