2018秋♡ワイドパンツのコーデ術

数年前からブームのワイドパンツ。今では定番のボトムスになっていますよね。
2018秋ファッションでも、引き続きワイドパンツを活用していきたいところ。今回は、全身のバランスの取り方が難しい秋でも安心の、コーディネート作りのポイントや選び方をご紹介していきます。

  • 13196
  • 70
  • 0
  • いいね
  • クリップ

2018秋ワイドパンツコーデ①トップスをコンパクトに

ボリュームのあるワイドパンツを、より魅力的なシルエットで着こなすのならば、トップスをコンパクトにまとめるのが鉄則です。

これからの季節は、トップスに厚みが出てくることと思いますが、出来る限りタイトなものや、リブタイプのニットをチョイスするようにしましょう。

短い上半身×長い下半身で、よりスタイルアップした着こなしが叶います。

2018秋ワイドパンツコーデ術②レディライクな小物を

ボーイッシュでカジュアル感の強いワイドパンツですから、小物で女性らしさをプラスさせる必要があります。

シューズなどは、つま先の尖ったものor太めヒールのパンプスなどを合わせると良いですね。

アクセサリーやカバンなどは、全体をピリッと締めてくれるカラーやデザインを選びましょう。ゴールドなどは、カジュアルなワイドパンツスタイルにも、高貴さを与え全体を引き締めてくれる効果があります。

2018秋ワイドパンツコーデ術③アウターとのバランスに注意

秋冬は、着用するお洋服自体の暑さが増すだけではなく、アウターとの兼ね合いもあるため、全体のバランス取りがより難しくなるものです。

ボトムスにワイドパンツを持ってくる際には、ショート丈orロング丈のどちらかで合わせてあげるのがオススメ。ロング丈の場合は、縦のラインを強調しやすいとろみ素材を選ぶと良いですね。

反対に腰回り丈などの中途半端なアウターは、野暮ったい印象になるだけではなく、ワイドパンツの短所をより顕著に表してしまいます。

足も短く太く見え、ずんぐりとしたスタイルになってしまいますので、注意しましょう。

2018秋ワイドパンツコーデ術④秋色(秋柄)を選ぶ

定番ボトムスの仲間入りを果たしたワイドパンツは、一年中活躍させることが可能。

そんな定番ボトムスだからこそ、そのものに秋素材や秋デザインを取り込むことで、よりお洒落に! より季節感のある着こなしが叶います。

チェック柄や深めブラウンのカラーは、大人の女性にも使いやすくオススメです。

2018秋ワイドパンツコーデ術⑤とろみ素材を選ぶ

上半身に固めの質感を持ってきた場合、ワイドパンツはストンと落ちるとろみ素材を持ってくるようにしましょう。

ハリのあるワイドパンツは、下半身の存在感をより高めてしまうことになります。
その上、全身に固い素材を合わせてしまう事で、まるで鎧を纏ったかのような着こなしになってしまいます。

2018秋ワイドパンツコーデ術⑥センタープレスを味方に

パンツのフロント部分に、縦のラインでタックが施されたセンタープレスパンツ。

よりスッキリと綺麗なワイドパンツスタイルをされたい場合は、センタープレスを味方につけるのも一つの手。

カジュアル感が抑えられ、お仕事スタイルとしても活用しやすくなりますよ。

いかがですか?

難しいようですが、ポイントさえおさえておけば、秋冬もお洒落で綺麗な着こなしをする事が出来るワイドパンツ。

2018年秋も、是非活用してくださいね♡

  • 13196
  • 70
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

やんちゃな男の子2人のママです(^^)  学生時代から読者モデルを中心に、ショーモデルやお天気キャスターなどで活動していました。お洋服のコラボレーション企画や、…

おすすめ

話題のキーワード