100円雑貨で収納を見直したビニール袋収納と配置

狭いキッチンを日々使いながら、模様替えをしていく中でやっと使いやすい収納にまとめることができました。

  • 246070
  • 2603
  • クリップ

キッチンの消耗品はどうしても使いやすい場所に配置したくなるので、見栄えも気になりますし収納には、可愛さも求めてしまいます。

今まで使いやすさを重視して、ポリ袋は買ってきたものを一枚ずつ開いて紙袋に収納していました。スーパーのレジでアルバイトをしていた時にやっていた、ポリ袋を開いて準備しておく作業。
すぐに使えて便利なので、お家の収納でも真似をして常備していました。これ以上の使いやすさはないと思っていたのですが、なくなるたびにまた準備をする作業がだんだん億劫になってしまったので、収納を可愛くすることと、使いやすい場所に置くことで見直してみようと考えました。

入れ替えたのはセリアのプルアウトボックス。見栄えが気になるので、プルアウトボックスより高さのあるセリアの水杉バスケットを被せてポリ袋収納が見えないようにし、カウンターキッチンのシンク側に置きました。リビング側には、お茶のセットが置いてあるので、キッチン側からしか見えないようになっています。

シンクには三角コーナーは置かず、作業をする際に出たゴミは、用意したポリ袋に入れながらキッチン作業をするので、カウンターに置くことでとても使いやすくなりました。
リビングからも手を伸ばせばすぐに取り出して使えるので、ダイニングテーブルで食べこぼしたものや、ティーバッグなどのゴミもすぐにポリ袋を出して処分でき、キッチンとリビングから使えるのでとても使い勝手が良い配置になりました。

レジ袋は、サイズ別にセリアのリメイクしたバッグに壁面収納。
畳んだレジ袋をS、M、Lで3つに仕分けしました。壁面収納にしたので、ビニール袋が嵩張らないようにちゃんと畳んでから収納するようになりました。すぐに消耗してしまうので、膨らむほど溜まることもなく、スッキリ収納できています。
ここは、キッチンの前の壁面なので邪魔にならず使いやすい便利な配置になりました。

資源ごみ用の大きなサイズのゴミ袋や、指定ゴミ袋は半分に折り曲げた焼き網に挟んで壁面に粘着タイプのフックを2つ取り付けて焼き網をフックに掛けてゴミ箱にしているシンク下に隙間収納。
耐荷量2キロのフックなので、ゴミ袋50枚入りのゴミ袋を挟んでいますが、強度は充分です。
挟むことで、ビニール袋がくたっとならず、つまんで引っ張り出すだけで使えるので便利です。
ゴミ箱の横にゴミ袋を置く配置がやっぱり一番使いやすいように思います。

シンク下の隙間なので、死角になり見えないのでスッキリした収納になっています。
収納を見直したうえに、配置も動線になる場所にするとより使いやすいです。
溜まることも使うことも多いビニール袋。
収納の際は、使う場所も見直してみることがオススメです。

  • 246070
  • 2603
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード