確実に取り出しやすくなる!!奥行きがあるスペースの収納方法。(食器棚編)

奥行きがあるスペースは奥の物が取り出しにくく、探しにくい。
そんな時は種類ごとにまとめて引き出してしまえる収納方法が有効です。

  • 56777
  • 426
  • 2
  • クリップ

奥行きがあるスペースはたくさん物が入るけど、取り出しにくい!?

例えば、奥行きのある食器棚、吊り戸棚、キャビネットの中など奥行きがあって、たくさん入るけど、取り出しにくいと感じているスペースはありませんか!?
そんなスペースには奥の物も一気に引き出せる収納を作ると空間を有効に使えるようになります。

食事の時にセットのように使うお茶碗と汁椀をひとつのケースに入れて収納しておくとケースを引き出すだけで奥に入れてある物も同時に取り出しやすくなります。

同じカテゴリーや目的の物をまとめると取り出しやすいし、探しやすい

さらにそれをカテゴリー別や用途別に分けてトレーに入れると、一度引き出すだけで必要な物が一緒に出てくることになるので、さらに使いやすく時短になります。

こうすると、グラスが使いたいときは奥までグラスが入っているので、引き出すことでその時に使いたい大きさを選んで取り出すことができます。

また、洗った後に戻す時もトレーを引き出せば楽に元の場所に戻すことができます。

以前はこうでした…

縦列にアイテムごとに並べて収納していましたが、すぐに列が乱れたり、アイテムの種類がごちゃごちゃになってしまったり、奥のものは使いにくく、出し入れもしにくく、常に手前の物ばかり使っている…という状態でした…

セリアでケースを購入

事前に食器棚の縦、横、奥行きをきちんと測っておき、合う物をセリアで購入。

これは、仕切り板が付いていて、引き出しの中を仕切って収納できるものですが、今回は仕切り板は必要ありませんでした。
ここに、アイテムごとにグラスやカップを並べます。
手前に使用頻度高いもの、奥に使用頻度低めのもの…という順で並べるとさらに出し入れの手間が少なくなります。

こうすることによって、使用頻度が少なくて普段あまり使っていないカップも引き出すたびに目にすることになります。

目にすることで、このカップも使おうかなと使う機会が増えたり、反対にずっと使ってないんだからもう必要ないかも。と手放す機会になったりもします。

物は使ってこそ!!

物は使ってこそ、生かされます。

お家の中に奥の方で眠っている物。忘れ去られている物はないでしょうか!?

そんな場所は奥行きも有効に活かせる収納にされてはいかがでしょうか。

  • 56777
  • 426
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード