カッティングボードと木箱でレタースタンドを2way仕様に簡単リメイクしてみよう!

こんにちは、まぁこです。
今回も観覧ありがとうございます!

カッティングボードと木箱
このアイテムは100均リメイクには欠かせない素材ですよね!

この2大100均アイテムで
「立てかけられる卓上バージョン」&「壁掛け出来る壁面バージョン」の2way仕様なレタースタンドをDIYしてみました。

その模様を記事にまとめましたので、ご紹介します。

  • 18128
  • 83
  • クリップ

材料

○材料
・カッティングボード スリム
・木箱
・オールドウッドワックス チャコールグレー
・水性塗料 マットブラック
・水性塗料で混ぜて作った グレー
・布製ステッカー
・木工用ボンド
・細めの釘 13mm
・丸棒 直径10mm 長さ5cm

○道具
・電動ドライバー
・金槌

作り方

まず、木箱をリメイクしていきます!

横幅の広い方を12cmにカットした、木箱の側面が1面欠けている木箱にします。

そのカットした木箱をマットブラックで全面塗装します。

マットブラックとグラフィティーペイントを混ぜ合わせたグレーの塗料でグラデーションになるように塗装します。

口が開いている方からだんだん下に向かって、グレーの塗料がかすれるように塗装して下さい。

グレーの塗料が乾けば、セリアで購入した布製のステッカーを貼ります。

ご自身が持っているステッカーなど、ステンシルなどでも構いませんので装飾しましょう。

次、カッティングボードのリメイクに移ります。

カッティングボードはオールドウッドワックスのチャコールグレーを塗り、余分なワックスをいらなくなった布やタオルで拭き取り乾燥させます。

カットした丸棒にも同じワックスを塗装します。

ワックスが乾燥したら、カッティングボードの下部分に丸棒と同じ直径の穴を電動ドライバーで開けます。
(カッティングボードに穴を開ける際は、端材などを敷いて床や机を傷つけないようにしましょう。)

そして、リメイクした2大100均アイテムを合体させます。

口が開いた木箱は、カッティングボードの持ち手に合わせて2つのアイテムを木工用ボンドで接着してから釘で固定します。

完成

これで完成です。

まさかのこの2大100均アイテムがシンデレラフィットする設計になっています。

ご自宅に来たハガキやお子さんのプリントを入れたりも出来るレタースタンドです。

カッティングボードに丸棒がない場合は…
壁に立てかけたり、カッティングボードの裏側に三角金具を取り付けて麻紐で吊り下げれば壁面収納が出来ます。

カッティングボードに丸棒がある場合は…
卓上にできます。(下の写真)
ご自宅でカフェ気分を味わう時やデスクで書類などを入れたり出来ます。

是非、ご自身に合った使い方で使ってみてください。

次回もお楽しみに♬

いかがでしたか?
今後のDIYライフの参考にしてくれると幸いです。いつもたくさんのいいねやフォローなどありがとうございます。

次回の記事もお楽しみに!
最後まで、ご観覧ありがとうございました。

Instagram▶︎@maaco.uw
Roomclip ID▶︎MAACO
Blog▶︎THE UNIVERSTWORKS

by UNIVERSTWORKS/MAACO

  • 18128
  • 83
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード