できないと思い込んでいませんか?【ビッグテーブルプロジェクト】

特注家具の大きな利点は
家に入りきらないと思われるものでも
設置できてしまうというところにあります。

ここでは
3mを超えるテーブルをどのように設計し、施工したかを
スケッチと写真で解説しています。

  • 5260
  • 26
  • 0
  • クリップ

「できない」を形にします

家に入りきらないほどのテーブル、
それも3階のリビングに置きたいとなると、
家具ショップで探すことはしないはずです。

なぜなら、あるわけがないからと思っているからです。

では、
お客様はそれを叶えるためには、
ハウスメーカーや建設会社に相談をするということになりますが、
ここでも必ずしも提案が受けられるとは限らないものです。


実は
私にはそういった性格のお問い合わせがよく寄せられます。

そして今回のテーブルプロジェクトはまさにそれでした。


一枚のスケッチから始まりました

ある日
取引のあるハウスメーカーの設計担当者から、

「3mの10人掛けのテーブルを希望されているクライアントがいるので
提案してもらえませんか?」
と言う相談がありました。


それで、
最初の段階では、はっきりとした希望を確認するという意味で、
私はいつものように簡単なスケッチで提案をさせていただきました。

デザインの変遷

一枚の提案したスケッチが、
そのまま通るということもいうこともありますが、

今回はそれからさらに形を変えていくことになりましたので
また新たなデザインをスケッチで提案していきました。

最終的に決まったテーブルの形

幾度の変更を経てようやく形が決まりました。

そしていよいよ製作図面を工場に渡すのですが、
どの工場でも作れるというわけではありませんので、
技術的に確かなところにお願いをしなくてはなりません。

製作の肝となる所はジョイントする部分の処理方法

とにかくこのような大きなテーブルは搬入するときには
分割となっている状態となっています。

そしてそれぞれを繋ぎ合わせることになるのですが、
指に違和感が無いくらいのしっかりとしたジョイントを実現させるために
ボルト締めの形にする必要がありました。

仮組み状態のテーブル。R(アール)のラインがとてもきれい

難しかったのは脚の金物でした

このテーブルのデザインを支えていたのは、
実は脚金物です。

特にこのような特殊な形の脚は、金物工場の経験値に頼る以外ありませんでしたので、
この形で大丈夫かと何度もチェックをしてもらいました。

完成写真をごらんください

今回のビッグテーブルプロジェクトにつきましては
ハウスメーカーとクライアントの快い了解をいただいたことで
公開の運びとなったものであり、感謝の念に堪えません。

CADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)

・インテリアに関して目の超えたお客様を満足させたい ・リビングを映えさせるTVボードの設計手法が知りたい。 ・スチール階段の設計パターンが決まりきっている。 ・アイランドキッチンの設計例をもっと見たい。 以上に該当する方はこのCADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)はお役に立てるかもしれません。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

LINE@始めました【友だち登録特典を用意しました:知らなきゃ損する家づくり ほか】

LINE@友だち登録特典 1.知らなきゃ損する家づくり:後悔しない為の知識  【家の打ち合わせの時にこのファイルをお持ちください】 2.フロート式TVボード価格表 3.システムキッチン、洗面化粧台、TVボード設計例多数公開 4.TVボード製作・設計ポイント動画集

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

フロート式(浮いている)TVボードをあなたの家に【全国販売開始(条件付き)】

「TVボードに脚なんて必要ない」 と常日頃から感じ続け、なければ自分で作るしかないと思ったことが このフロート式(浮いている)TVボード開発のきっかけでした。 2004年に開発し、ハウスメーカーのモデルハウスで発表して以来 多くの家に設置されてきたk-design開発のフロート式TVボードですが、 いままでごく限られたエリアのお客様しか実現ができないものでしたが、 ご依頼主の家の工事を請負うハウスメーカーや建築会社のご協力のもと 全国への展開が可能となったことで踏み切ることができました。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

テレビ台(テレビボード)選びの失敗談

テレビ台(テレビボード)選びの失敗の経験は誰もがしていると思い、 失敗談を聞かせて欲しいと呼びかけてみたところこんなに多くの失敗談が寄せられるとは思っても見ませんでした。 テレビボードを開発している身としてはもちろんこれらの貴重な体験を生かしますが、これから新築やリフォーム、引越しなどでテレビボードやほかの家具を選ぶ必要がある方にはぜひ参考にしてもらいたいと思っています。そして家や家具の設計の参考になればと思っています。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

CADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)

・インテリアに関して目の超えたお客様を満足させたい ・リビングを映えさせるTVボードの設計手法が知りたい。 ・スチール階段の設計パターンが決まりきっている。 ・アイランドキッチンの設計例をもっと見たい。 以上に該当する方はこのCADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)はお役に立てるかもしれません。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

私の知っているインテリアコーディネーターはおしゃれな頑固屋さん

インテリアコーディネーターは女性の憧れの職業となっています。 華やかなイメージが先行していますが、職人にも劣らない仕事へのこだわりを持っているスペシャリストであり、周りの人を変えるほどの力を持っています。 長年ディスカッションを続けてきて感じていることはインテリアコーディネーターはおしゃれで頑固な職人さんだということです。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】
  • 5260
  • 26
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー