ざっくり収納で楽に!頻度の少ない季節雑貨はイベントごとの収納が便利!

お正月に向けて揃えた、豆皿など、そのまま食器棚に収納していませんか?普段使う予定のない季節の食器や雑貨を「いつか別の機会に使うかも」と考えず、イベントごとにざっくりお片づけするお話です。

  • 7294
  • 38
  • 0
  • クリップ

季節の雑貨、どうしてますか?

お正月や節分、ひな祭り、子どもの日…

毎月のように、季節ごとの楽しみがあり、その度に100均などでは新商品が登場します。

ついつい集めたくなる雑貨や、季節ならではのキッチンアイテム。

それらをカテゴリごとではなく、イベントごとに収納すれば、準備しやすく片づけやすい仕組みが作れます。

モノの増やし過ぎ防止にも繋がりますよ。

季節アイテムがキッチンに集まってしまっていませんか?

年末に購入した豆皿。

お正月にはおせちを少しずつ盛ったり、取り皿にしたりと活躍しました。

みなさんのご家庭にも、こんなお正月っぽいお皿はありませんか?

これからの季節に増えがちなのは、つい欲しくなる可愛らしい桜モチーフのお皿でしょうか。

オフシーズンも、お皿なので収納場所は食器棚…となりがちなのですが、そこでちょっと考えましょう。

「そのお皿、普段も(別の季節も)使いますか?」

豆皿を例にすると、

普段豆皿をあまり使わない方は、おそらくこの先も使わない可能性があるので、次のお正月まで出番が来ない恐れが。

普段からよく豆皿を使う方は、他の豆皿も既にお持ちでしょうから、お正月用の形や色合いをしたなど、季節感が強い豆皿の出番は他の季節には使わないかもしれません。

「いつか和食の日に使うかも」は、結局いつものお皿を出してしまい使わず過ぎてしまうかも?

豆皿以外にも、普段は飲まないけれども、お正月に少しだけ飲むためにある、熱燗用の徳利やお猪口。

もう少し遡ると、クリスマスシーズンにしか使わない可能性のあるグラスや、調理器具。

これからのシーズンだと、普段スイーツは作らないけれどバレンタインの時だけ登場する調理用温度計や粉ふるいなど。

こんな風に、キッチンには捨てたら困るけれども、いつも使うわけではない食器や雑貨が多く存在する可能性があります。

そのせいで、頻繁に使う食器や雑貨が取り出しにくくなっては不便。片づけてしまいましょう。

キッチン雑貨はキッチンに…というわけではありません。

緩衝材、いわゆるプチプチを使います。

100均やホームセンターなどで手に入ります。私はキャンドゥで購入しました。

これをお引越しの時のように、包むだけ。

季節雑貨も一緒に包んでしまいましょう。

そうすることで、そのシーズンが来たら雑貨と一緒に取り出せばすぐに準備ができます。

また、プチプチに包むことで色々な形をした雑貨も、割れやすい食器も、あまり気にせずざっくりと収納スペースに積み重ねることができます。

季節のイベントごとに、プラスチックかごに入れて、棚の一番上など普段は使いにくいスペースに収納するのもいいですね。

私は、季節ごとに箱を分けてクローゼットに収納しています。

食器だからキッチン、というわけではなくオフシーズンは思い切ってクローゼット等にイベントごとに片づけておくと、キッチンが雑然としにくくなります。

買い過ぎ防止や手放す目安にもなります。

収納するかごや、箱は少し余白がある状態がおすすめです。

その代わり、次のシーズンが来て追加したい雑貨が出てきても、そのスペースに入りきるかどうかで購入を考えます。

入らないのであれば、今持っているものを処分してでも欲しいかどうかを考えてみましょう。

買い過ぎ防止や何となく増えていく雑貨の溜め込み防止になります。

なので、初めは次シーズンのお楽しみを少し残すため、余白がある状態で収納するといいですね。

まとめ

季節特有のものは、食器や雑貨などカテゴリの違うアイテムもイベントごとに一緒にざっくりと収納すると準備も片づけも楽になります。

使う季節が来たら、かご(箱)ごと取り出すとその時に必要な雑貨や食器が一度に取り出せ、季節が終わればまたかご(箱)に入れて戻すという簡単管理の方法でした。

  • 7294
  • 38
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー