トンネルのある『キッズスペース』の作り方

別名『子ども用のウォークスルークローゼット』とも読んでいます。
トンネルって、子どもは大好きですよね。でもいずれ成長したときに、単なる物置にならないポイントなどもまとめてみました。

新築だけではなくて、リフォーム、リノベーションされる際も参考になると思うので、どうぞ。

そのほかにも、よく聞かれることは、instagramにまとめていますので、気になるかたは、instagram(@himawari_kobo)へもアクセスしてみてくださいね。

  • 9874
  • 64
  • 0
  • クリップ

『キッズスペース』って、そもそもなんなのか?子供部屋と何が違うのか?

まだ子ども室で勉強したり寝たり遊ぶというよりは、『誰かがいるのを感じる場所』で遊びたい。
そんな『つながりを大切にしたい親子』にぴったりの空間のことを『キッズスペース』とよんでいます。

近くてはなれた、秘密基地のような場所。これもまたキッズスペースの魅力です。



『実際に、兄貴が走り回るの図』です。

一見すると階段下になる『デッドスペース』。
これを単なる収納空間にしてももちろん正解です。

ですが今回は、あえて階段奥のスペースとゆるやかにつながる[トンネル]を計画しました。
トンネルを駆け抜ける子どもの様子を見る限り、楽しそうでホッとしています。

親からも近くてはなれている。おもちゃも邪魔じゃない程度につながっている。
これだと、リビングがおもちゃだらけに…なりにくいですよね?!



キッズスペースの中はこんな感じ!

階段の6段目に相当する場所をくりぬいて、そこから奥の空間をキッズスペースにしています。



ウォークスルーできるからこそ、ものがたまりにくいのもメリット。

子どもたちが独立したあとは、物置部屋になってしまうのももったいないですよね。
このキッズスペースは、ぐるぐると通り抜けができるので、物の溜まり場になりにくいのでオススメです。

作業スペースにしたり、家事室にしてみたり。可能性は色々とあります。

もちろん、将来、計画的な収納にリフォームしたっていいのです。
ただ、収納という機能ばかりに目を向けずに、子どもが小さなうちは、こうした『繋がるアイデア』も素敵ですよね。



いかがでしたでしょうか??
なにか、少しでも参考になれば幸いです。

もし気にいっていただければ、【フォロー】してくださると励みになります(*‘‘)
また次回の記事も、知恵ネタ投下しますね~!

暮らしの設計士 あず



━︎━︎━︎━︎━︎━︎━︎━︎
ちょっと楽しい家づくり
◼︎有限会社ひまわり工房◼︎

兵庫県相生市緑ヶ丘4-6-7
0791-22-4771
himawari-kobo.net
━︎━︎━︎━︎━︎━︎━︎━︎

  • 9874
  • 64
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード