【基礎編】プチプラ商品で超簡単!3ステップで学ぶワンランク上のテーブルコーデ

お家でパーティーを開く機会も多くなる年末年始。せっかくなら、プチプラアイテムを使って、“ワンランク上のおもてなし”に挑戦してみませんか? 今回は月に10回はホームパーティーを開くという、おもてなし夫婦ユニット〔てとてと〕のモモコさんに、食卓を華やかにする「テーブルコーデの基本」をうかがいました!

意外と簡単! テーブルコーディネートの基本を知ろう

おもてなし夫婦ユニット〔てとてと〕のモモコさん

お話をうかがうのは、おもてなし夫婦ユニット〔てとてと〕で、食卓のコーディネートを担当する、ライフスタイルデザイナーのモモコさん。

たくさんのホームパーティーを開催する中で、モモコさんが培ってきた「おもてなしのテーブルコーデ」の考え方はとってもシンプル。プチプラアイテムを使って、ちょっとしたコツであっという間に華やかな食卓に仕上げることができます!

それでは早速、テーブルコーディネートの基礎に挑戦してみましょう♪

ステップ1 テーブルクロス選び

まずはテーブルコーディネートのベース作り。テーブルクロスを敷けば、パーティーの特別感を出すことができます。

そもそもテーブルクロスってどこで買うのでしょうか? 頻繁に使わないわりに高いのでは? その疑問をモモさんにぶつけると、「これ、じつは1枚300円くらいなんです」と、衝撃の事実が! 

「〔TOA〕という生地専門店で買っていて、1mで100円台から買えますよ。テーブルクロスは汚れやすいし、洗濯するとシワが気になる。既製品を買うと高い上にメンテナンスが大変なので、汚れが気になったら使い捨てられる激安生地をクロスにしています」(モモコさん)

なるほど! 大きな生地なので、テーブルクロスとして使えなくなっても、汚れていない部分で小物のリメイクもできそうです♪

布の選び方もとっても簡単。自宅のテーブルのサイズを測り、縦横それぞれの長さにプラス40cm足したサイズを買うといいそうです。

ステップ2 お皿にプラスワン! 庭のハーブでおもてなし

クロスの色選びのポイントは、パーティーで使うお皿が映えるかどうか。白いお皿を使うなら、コントラストのつく濃い色のクロスがおすすめです。今回は、白いお皿が映えるネイビーのテーブルクロスを敷いてみました。

まずはお皿とグラスを並べてみます。

うーん......味気ないですね。モモコさん、どうすればいいですか?

「ただクロスと食器を並べるだけでは、無機質になりがちなんです。そんな時は有機的なものを置いてみましょう」(モモコさん)

おもむろにベランダに出て、家庭菜園で育てているローズマリーを採ってきたモモコさん。ハサミで適当な大きさに切り分けて......

ちょこんとお皿に載せます。

これだけで生き生きとした印象になりますね♪ ほのかにハーブの香りがするのもすてきです。

ステップ3 テーブルの中心に季節のものを置く

最後は、テーブルの中心の飾りつけ。こちらの一輪挿しのビンも、100均で買えるプチプラのものだそう。モモさんがよく使うお花屋さんは〔ビッグフラワー〕というお店。東京に3店舗あるそうです。量が多めで安いので重宝しているのだとか。

この日は親戚からもらったという、カボスと一緒にお花をコーディネートしました。ネイビーのクロスとコントラストがついてきれいですね♪

「中心に置くものは同系色でまとめる」これが基本なのだそう。「季節の果物が意外と使えるんです。季節感も出るし、パーティーが終わっても食べることができる。その果物の色に合わせてお花を選ぶと簡単にまとまり感が出ます」(モモコさん)

これは目から鱗です! パーティーが終わっても無駄にならないのが嬉しいですね♪

全体はこのような感じ。色使いがまとまっていて清潔感があり、食卓が生き生きとして見えますね!

配置の仕方は、その場で試行錯誤することも多いそう。物足りない感じがしたら果物やお花を足してみて、ごちゃごちゃしたら引いて、ベストバランスを見つけましょう♪

番外編! クロスとお皿の色を変えたらどうなる?

それでは、同じコーディネートでクロスとお皿の色を変えるとどうなるのでしょうか? テーブルクロスを白く、コントラストのつく黒いお皿を乗せてみます。

まったく別の雰囲気に! 明るい色もすてきですね。

テーブルクロスとお皿のバリエーションがあれば、同じ方法でもバリエーション豊かにおもてなしができるということがわかりました。モモコさん、ありがとうございます!

ワンランク上をいくテーブルコーディネートの【基礎編】はこれにて終了です。次回はクリスマスと年明けのパーティーに使いまわせる、応用編をお贈りします♪

▼応用編はこちら▼

【クリスマス・正月に♪応用編】プチプラ商品で超簡単!ワンランク上のテーブルコーデ

お家でパーティーを開く機会も多くなる年末年始。せっかくなら、プチプラアイテムを使って、“ワンランク上のおもてなし”に挑戦してみませんか? 今回は月に10回はホームパーティーを開くという、おもてなし夫婦ユニット〔てとてと〕のモモコさんとゴウキさんに、クリスマスやお正月に使いまわせる「テーブルコーデと盛り付けのコツ」をうかがいました! 

LIMIA グルメ部

おもてなし夫婦ユニット てとてと

撮影:長谷川 健太

料理を通して場を創造するおもてなし夫婦ユニットです。東京 自由が丘にある築40年のビンテージマンションをフルリノベーションし、自宅兼〔てとてと食堂〕として完全予約制の食事会を開催しています。

●書き手・撮影 宇治田エリ

  • 23337
  • 54
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー