今からでも間に合う!絶対食べたいお勧めマロンスイーツ4選

女性が大好きな、芋栗南瓜。特にこの時期は新栗が出回るので、マロンスイーツが目白押しです。早い所だと9月からマロンスイーツが出ていてピークは10月。でも、まだまだこれからでも間に合うマロンスイーツをご紹介します。

  • 1858
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

気が付けば、季節は晩秋。そろそろ冬支度を始める頃になってきました。
でも、食欲の秋はまだまだ衰えず、といったところでしょうか。
秋には秋刀魚などもありますが、女性はやっぱり芋栗南瓜のスイーツに目が行きがちではないでしょうか。
私もご多分に漏れずそれらが大好き!中でもマロンには目がありません。
マロンスイーツも10月ごろがピークの様で、食べ損ねちゃった!っていう方いらっしゃいませんか?
いえいえ、まだまだ美味しいマロンスイーツありますよ!
今回はまだ間に合う、とっておきのマロンスイーツをご紹介しましょう!

1.やっぱりこれがキング オブ マロンパフェ

最初にご紹介するのが、千疋屋総本店のマロンパフェ。千疋屋というとフルーツのパフェというイメージがありますが、この時期に登場するマロンパフェも千疋屋では人気のパフェの一つです。
ここ数年でマイナーチェンジをしていて、今年は初のアーモンドアイスを投入し、スポンジを取り除いて、マロンクリームや渋皮栗などをふんだんに使い、例年よりも贅沢な仕上がりになっています。
大きくて、栗の風味や食感が楽しめるように煮られた栗の渋皮煮がまさに圧巻。頑張っている自分にぜひご褒美として食べてみてください。

チョコレートの魔術師が手掛けるマロンパフェ

もらってうれしいチョコレート、としていつも上位にランクインしている、ピエール・マルコリーニ。こちらのカフェでは、定番のパフェの他に、シーズンごとに登場するパフェがあります。毎年この時期に登場するのがマルコリーニ マロンパフェ。こちらも毎年マロンアイス以外のアイテムが少しずつ変わっていて、楽しみにしているマロンスイーツの一つです。
今年はダックワーズをイメージして作られた構成で、サクサクした食感が印象的です。マロンの風味豊かなアイス、タマゴたっぷりなカスタードアイス、そしてアクセント的なビターな味わいのチョコレートソースの一体感が見事です。小ぶりですが、満足感はしっかりとある一品です。

マロンとチョコレートの黄金タッグを楽しめるマロンパフェ

高級スーパーや輸入雑貨店などで買えるリンツのチョコレート。そのカフェにもシーズンごとにパフェが登場しますが、今年初めてマロンを使ったパフェがラインナップされました。
自慢のチョコレートを使ったホイップクリームやバニラビーンズが香るマルカルポーネクリーム、そこにマロンのムースやマロンアイス、ミルクチョコレートのアイスなど、とにかく、細身のグラスにアイテム数モリモリな、マロンパフェに仕上がっています。
マロンは繊細な味わいなので、パンチ力のあるチョコレートに負けてしまいそうですが、チョコレートの存在感を残しつつも、きちんとマロンの風味や味わいを引き立てるように作られていて、そこは流石というところ。どっちも食べたい派、にはお勧めです。

品のある、マロンをガッツリ堪能できる皿盛りデザート

銀座4丁目に、銀座のシンボルとしてある、和光。そのティーサロンではこの時期マロンフェアが開催されます。毎年変わらず登場するマロンパフェも魅力的ですが、今回お勧めするのは、皿盛りのデセール マロン。こちらも年ごとに内容が少しずつ変えられていて、今年は渋皮栗のモンブランの中が栗のムースに変更になっています。
ほのかな栗の風味が感じられるアイスミルク的なさっぱり系のマロンアイス、マロンクリームを巻き込んだ、もっちり生地のクレープ。そして、パイ生地の上に、大きな栗の渋皮煮を忍ばせた栗のムース、それを渋皮栗のペーストを贅沢に使用したたっぷりのモンブランクリームで覆った渋皮栗のモンブラン。まさに栗づくしのデセールです。栗を存分に堪能したい、と言う方はぜひこちらを。

いかがでしたか?
こちらのマロンスイーツは11月いっぱい(予定)まで提供されているので、まだまだ間に合います。食べそびれちゃっている方、あるいはもっとマロンスイーツを堪能したい方は、ぜひ、足を運んでみてくださいね。

  • 1858
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

美味しいものが大好きです。アイス、パフェ、カレー、グラタン、ベーグル、ハード系のパンが好物です。その他にも気になるレストランへ行ったりして、日々徘徊しています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード