2.5間の間口で実現 東向きボートガレージの家

商工住が混在する用途エリアで東向きに立地する邸宅です。
外観の特徴となる1Fのビルトインガレージは、ガルバリウムの外壁との組み合わせにより、一見すると住宅とわからない外観意匠とし、建物内部との印象のギャップを演出。門型フレームを採用することで、間口約3m奥行き約11mのビルトイン空間を、柱や壁をつくらずに実現しました。

2階のLDKは約22.6帖の大空間。奥様のこだわりのキッチンはステンレスと黒で統一したコーディネイトで空間を引き締めます。
LDKの東の端には段差をなくした約5帖のバルコニーが繋がります。

なお、このお宅は南面からの採光が難しい立地のため、東・西・北の3方向からの光でまかなう基本採光計画で考えられているのが特徴です。それにより、一年を通じてLDKにはやわらかい光が入り込み、南側が開けたお宅とはまた異なった居心地を提供します。どんな敷地にもおいても光と風を考える、タイコーならではの家づくりの考え方です。

  • 4414
  • 16
  • 0
  • クリップ

黒いガルバリウム鋼板の外壁が、一見、「住宅?」と思わせながらも、玄関前の木の目隠しファサードで暖かさもプラスしています。隣接する建物との関係から、南面からの採光はハイサッシからだけに限り、基本は東、西、北からの採光をもとに計画しました。

都市部にはこのような敷地がたくさんありますが、計画的な開口部の配置を行なえば、十分に明るい空間をつくりだすことが可能です。

間口約3m、奥行き約11mのガレージスペース。自動車も2台駐車可能な大空間。廊下側にもガラスが入りさらなる開放感を実現。
玄関を入ると右手にはご主人ご自慢のボートガレージ。
間口約3m、奥行き約11mのガレージスペース。自動車も2台駐車可能な大空間。廊下側にもガラスが入りさらなる開放感を実現。
東西に長い敷地の特性を最大限に引き出すLDK。北面からの柔らかい光が一日中入り込みます。
奥様のこだわりの対面キッチン。黒とステンレスで統一されて、空間を引き締めます。夜にはダイニングバーにも早変わり。
リビングから続くウッドデッキ。外で日向ぼっこも気持ちいいですね。
  • 4414
  • 16
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード