都市型狭小三階建ての黒いパッシブハウス

都市型の三階建て狭小住宅。大阪市内ではもっとも多いのがこの形状だと思います。

土地条件としては 間口約4.8m、奥行き約12m(道路負担除く)、約60㎡実質約18坪(道路負担除く)。 西向き間口のこのお家の南面は現在駐車所になっていますが、将来的には建物が建つことも想定してプランする必要があります。また、間口が狭小であるため、最大有効を考えながらも近隣等の環境プライバシーをよく検討して窓配置を行う必要もありました。 プランとしては、1Fに水回りを集約し、2FのLDKをゆったりと。 各階への通風・採光は、階段スペースを利用してつなぐ。そんなお家となりました。モダンシックなダークトーンで外観・内観ともにコーディネイトした、スタイリッシュなお家です。よく「吹き抜けや階段のドアが無い家は寒くないですか?」とお客様にご質問されることがありますが、実際は逆です。狭小住宅で小さく仕切ることは、視覚的・日射・通風上・最大有効面積どの点においても不利になります。そもそも、居室部分と非居室の空間との境界にドアがないと温度差ができてしまう家、そこに根本的な問題のある「非健康住宅」であると認識してください。

これからの新しい都市型住宅のカタチを、快適な断熱性能の視点からリモデルしたタイコーならではのお家です。

  • 1814
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ブラックのシャープな外観

外観のポイントになっているバルコニー部分は、ポッコリと飛び出て格子によって囲まれています。

玄関ホール

玄関入ってすぐのこだわりの階段は木製のストリップ階段。明るいだけでなく入口に向かって伸びてくる構造が迫力あります。 ケコミ板が無い分、奥行き感を演出できるため、リビング階段や吹き抜けのある家でも取り入れられることが多いですが、今回は狭小住宅という事もあり、玄関からストリップ階段で少しでも抜け感が出せるように考えました。

大迫力のストリップ階段

2階から3階への階段もお施主様のこだわりのひとつです。シンプルな細い筒で吊って固定。浮いているようでおもしろいですね。狭い間口がこの階段のおかげで視線が抜け、広々と感じます。

間接照明でおしゃれに演出したリビング

お施主様お手製の家具たち

ダイニングテーブルとコーヒーテーブル、そしてテレビボードは実はご主人のお手製。床材と同じ塗料を使って統一感もばっちりです。アイアンの脚がいい味を出していますね。

ダークトーンでまとめたキッチン

キッチンの面材は床材よりも暗い色味を採用し、落ち着いた雰囲気にまとめました。奥にはパントリーも設け、空間の有効活用を行います。

キッチンからリビング方向を見る

キッチンも腰壁部分に床と同材の無垢フローリングを施工。ニッチがワンポイントです。

  • 1814
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

タイコーは創業54年、3100棟の施工実績SE構法大阪施工実績NO.1 『強くて 暖かくて ちょっとかっこいい家』がテーマのタイコーの家づくり。そんな住まいを実…

おすすめのアイデア

話題のキーワード