揺れにも強い「安定した家」とは・・・

建物が日常で感じている重力の負担には、風や人間の重みから地震まで幅広いストレスがあります。そこで耐震性・耐久性を兼ね備えた構造についてアイムの家がご紹介いたします。ぜひご覧ください。

  • 3080
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

建物は外から見るだけでは、内部にどのような力がかかっているか、よくわかりませんよね。
建物には、家そのものの重みに加え、家具や人、積雪などの「上からかかる力」、
さらには風や地震などの「横から加わる力」などがあり、
24時間360日「応力/ストレス」がかかっているのです。

揺れにも強い「安定した家」とは。今回はそのメカニズムを紹介します。

建物にかかる力の流れを知ろう!

上下、左右から加わる「外力」は、柱や梁で受け止められ、
上階から下階へと伝えられ、最後に地盤まで流れていきます。
この外力の流れがスムーズに伝わるための骨組みを計画することが、
安定した家をつくることにつながるのです。

そのためには、上階と下階の柱や梁が、規則正しく
立体格子状になっていることが大切になってきます。
下図右のように、1階と2階の輪郭や間仕切壁の位置にずれがなく、
梁や柱も規則正しく配置されているのが、構造的に安定したよい間取りといえます。

反対に、下図左のように、1階と2階で柱や壁の位置がずれている箇所が多く、
建物全体を支える通し柱が3か所(〇部分)も欠けているような構造だと、
不安定な間取りになります。

箱型で総2階のシンプルなカタチがベスト

安定した家とは、箱型総2階のようなシンプルで単純なつくりといえます。
建物のカタチが単純でまとまりがよいものは、耐震的に効果があるばかりではなく、
耐久性の面からも望ましく、さらには建築費用を抑えることもできるのです。

家のカタチを考えるときは、まずは単純な箱型総2階にして、不足部分があれば、
下屋にして追加するとよいでしょう。安定した構造の原理を理解することは、
様々な応用にもつながるのです。

  • 3080
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

完全自由設計で理想のマイホームを実現するアイムの家です。当社の大きな特徴が、専任の女性インテリアコーディネーターが打ち合わせから完成まで家づくりを担当します。お…

おすすめのアイデア

話題のキーワード