おすすめホームシアターセット全5選|自宅で大迫力の映画を楽しめる

この記事ではホームシアターのセットを紹介しています。おすすめのプロジェクターとスクリーンのセットや、スピーカーのセットを厳選。また、ホームシアターを設置するうえでのポイントも解説しています。この記事を参考にホームシアターを作り、映画を楽しんでみてください♪

  • 59959
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ホームシアターは簡単に設置できる!

ホームシアターとは家にいながら、映画館さながらの迫力と臨場感で映画を楽しむことができるシアターセットのことです。映画だけでなく、ライブ映像やゲーム、ネット動画鑑賞などホームシアターセットの楽しみ方は無限大に広がっています。

そうはいっても、ホームシアターはどうしても取り付けが大変そうなイメージがありますよね。ホームシアターセットが普及しはじめたころはスピーカーやアンプ、プレーヤーなどを別々でそろえ、自分で組み立てる作業が必要でした。

しかし、今は設置・接続・設定・操作が簡単なホームシアターセットが出てきているんです! 簡単に設置ができ、誰でも気軽にホームシアターを楽しんでいただけますよ。

ホームシアター機器の選ぶポイント

ホームシアターの最大の魅力は大迫力の音にあると言われています。厚みのある音が、映画をより臨場感あふれるリアルなものに変えてくれますよ! そんなホームシアターの要となるスピーカーセットを選ぶ際に気をつけるポイントを紹介します。

ホームシアターと一口に言っても、そろえる機種の違いによって適した部屋の広さやサウンドが変わってきます。自分のライフスタイルや使用目的に合わせたホームシアターセットを選べるよう、設置する際のポイントを事前にチェックしておきましょう。

①入出力端子を合わせて選ぶ

ホームシアターのスピーカーセットを選ぶ際は、テレビやDVDプレイヤーと接続する入出力端子のタイプと合わせて選びましょう。もっとも主流なのは「HDMI」です。HDMIはテレビをはじめとした多くの映像機器で採用されている端子で、映像と音声を同時に送ることができます。

他にも「光デジタル」と「同軸」の端子が使われているスピーカーもあります。「光デジタル」と「同軸」はCDプレーヤーやDVDプレーヤーなどで使われることが多いです。しかし、「光デジタル」と「同軸」は一部のサラウンドフォーマットに対応していないので注意してくださいね。

②対応するサラウンドフォーマットを確認

サラウンドフォーマットとホームシアターのシステムが対応しているか確認しましょう。5.1chのフォーマットの場合は「Dolby Digital」や「DTS Digital Surround」、7.1chの場合は「Dolby Digital PLUS」や「DTS-HD High Resolution Audio」などがあります。chについては下で詳しく紹介します。

③部屋の広さに合わせてch数を選ぶ

ホームシアターのスピーカーセットを調べるとよく目にするのが「ch」。このchの違いはスピーカーの数と置く位置の違いです。chが大きくなるとスピーカーの数が増え、スピーカー同士の距離が縮まります。スピーカーを近い位置に設置することでより大迫力の音を味わうことができますよ。

6畳程度の部屋で気軽にホームシアターを楽しみたい方には、コンパクトな2.1chがおすすめ。8畳程度の空間には5.1chがぴったりです。12畳以上の広い空間では7.1chを使うことで、ホームシアターならではの臨場感のあるサウンドを楽しめますよ。

④そのほかの機能にも注目

ワイヤレス接続ができるかというのもチェックしておきたいポイント。とくに、Bluetoothに対応しているかチェックしておくとよいでしょう。Bluetoothに対応していれば、手持ちのスマートフォンやタブレットと接続し、気軽に音楽を楽しむこともできます。

おすすめのホームシアターセット5選を紹介

ホームシアターがあれば家にいながらまるで映画のなかに入ったかのような、ダイナミックでリアルな映像と音の世界を味わうことができます。

こだわりのホームシアターセットをそろえて、自分だけの映画館を作りましょう! みなさんの日常を非日常に変えてくれる、おすすめホームシアターセットを紹介します。

おすすめのスピーカーのセット

ホームシアターのなかでもっとも重要なアイテムがスピーカーセットです。力強く重厚感のある音が、映画や動画を生き生きとしたものへと変えてくれます。

またスピーカーセットがあれば映画だけでなく、音楽を楽しむことも! 映画や音楽を楽しむのにぴったりなスピーカーセットを紹介します。

ヤマハ
スピーカーパッケージ NS-PA41
39,410円(税込)
クリアな重低音に包まれる
クリアなサウンドでが楽しめると人気の『ヤマハ』から販売されているホームサウンドスピーカー。縦型のスピーカーもあるため、より臨場感の高いスピーカー配置ができるのが魅力です。重低音再生を可能にする『ヤマハ』の独創技術「A-YST」によって、スピード感のあるクリアな重低音を再生させることが可能に。リーズナブルな値段のため、価格重視の方におすすめの製品です。
パイオニア
パイオニア HTP-CS1
33,497円(税込)
コンパクトかつワイヤレス接続で置き場所を選ばない
『パイオニア』の『HTP-CS1』は、2.1chのコンパクトなスピーカーセット。スピーカーはテレビとテレビ台の隙間に設置できる薄さです。コンパクトながらも、躍動感のある音を楽しむことのできるアイテムとなっています。Bluetooth®に対応しているのもうれしいポイント。手持ちのスマートフィンやタブレットとつないで、いつもより高音質な音楽を楽しんでみてはいかがでしょうか。
オンキヨー
BASE-V60(B)2.1chシネマパッケージ
53,800円(税込)
立体感のあるサウンドを味わえる
高品質スピーカー『ONKYO(オンキヨー)』から販売されているホームシアタースピーカー。セパレートタイプになっており、複数のスピーカーから音を出力するため、立体感のあるサウンドを味わえるのが魅力です。4K映像やハイレゾ音源にも対応しているため、ハイクオリティなホームシアターを作りたいという方におすすめ。スピーカーはフロントサラウンドタイプですが、バーチャルサラウンド機能がついているので、より高い臨場感を味わえるのもポイントです。

おすすめのプロジェクター

スピーカーセットに加え、ホームシアターを楽しむ際に必要になるのがディスプレイです。ディスプレイは「大画面テレビ」と「スクリーン」のどちらかを選んでください。スクリーンの場合は、合わせてプロジェクターを用意する必要もあります。

常に大画面テレビを置く広さがない……という方や、週末だけ楽しみたいというときにおすすめしたいのはスクリーンタイプのディスプレイです。スクリーンは大画面テレビに比べ安価で購入でき、使わない際に収納することも可能なすぐれもの。今回はプロジェクターを紹介します。

エプソン
dreamio EH-TW5750
136,800円(税込)
5
5 Stars
1件)
お手軽にホームシアターを楽しみたい人のための入門機
『エプソン』のフルハイビジョン対応ホームシアタープロジェクター『dreamio(ドリーミオ) EH-TW5650S』は、クリアで上質な映像を楽しむことのできるプロジェクターです。6畳程度のスペースでも大画面投影が可能。スペースを取らずにホームシアターを楽しみたい方におすすめのアイテムです。スピーカー内蔵、Bluetooth®やHDMIの接続に対応しています。
JINHO
小型プロジェクター M30
10,980円(税込)
小型プロジェクターの革命児
『JINHO』の小型プロジェクター『M30』。小型の中では明るさの数値が6000ルーメンと非常に高く、最大200インチの大画面は家庭用の小型プロジェクター規模を凌駕しています。Wi-Fi接続、USB接続に対応、画面を投影するミラーリング作業がお手軽にできます。100インチ用のスクリーンが付属しているため、キャンプなどの屋外ですぐに使えるのもうれしいポイントです。

ホームシアターセットで映画鑑賞の楽しみが倍に♪

今回はおすすめのホームシアターセットや、ホームシアターセットを設置する際に気をつけるポイントについて紹介しました。

ホームシアターセットがあれば、力強い音とダイナミックな映像により、いつもの映画がさらに楽しくなること間違いなしです♪ ぜひチェックしてみてくださいね。

※記事内の情報はLIMIA編集部の調査(2021年10月)に基づくものです。
※一部の画像はイメージです。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。

  • 59959
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

家電のデイリーランキング

おすすめのアイデア