ホームシアター

ホームシアターに関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすくホームシアターについてご紹介しています。

  1. 空の青・地の緑に繋がる二世帯住宅

    高崎市役所から程近い閑静な住宅街に計画された二世帯住宅。シアタールームを持つLDK、BBQも可能なプライベートガーデン、ガレージ等が求められた。我々は南北に長い敷地一杯に広がるようにL字型の住居を配し、ガレージでL字を閉じる事で中庭を生み出し前面道路からのプライバシーを確保した。LDKは全開放出来るサッシで中庭と大きく繋がり、吹抜けを介し南の光を得ながら空を眺められる。L字の短辺は各階寝室となっており、中庭から明るさと風通りを確保している。端正な外観の奥には家族の住みやすさを追求した空間が広がっている。

    studio LOOP
    • 1360
    • 6
  2. おしゃれオーディオで音楽をインテリアに取り入れよう!

    大好きな音楽を聴きながら読書をしたり、リラックスタイムの片隅に音楽がある生活。 無音の中で行う作業よりも、音楽があることで捗る作業もたくさんあります。 音楽といえば、オーディオやスピーカーなどの機器が必要です。 そこで、本日はインテリアにも馴染む、そしてインテリアになる、そんな素敵なオーディオやスピーカーなどのグッズをご紹介します。 温かくのんびり過ごしたい春に、ぜひ音楽のある暮らしを取り入れてみましょう!

    MI
    • 8893
    • 42
  3. オーダー家具の合う住まい。憧れのシングルライフを満喫する“男子リノベ”

    【趣味もテイストもとことん自分好みに。男性ひとり暮らしが行う2DK→1Rのワンストップフルリノベーション】 自由が丘エリアのヴィンテージマンションにて行われた男性ひとり暮らしのリノベーションです。 「中古マンションをリノベーション」しての自分らしい暮らしが、実は賃料と同じくらいの金額で実現できることを知ったお施主様。そこから住まいのイメージが一気に広がり、さまざまな物件を探すうち、出会ったのが当部屋。 「ひとり暮らしでのリノベーションですし、どうせならとことん自分好みにしようと思っていました。誰に気を使うこともないので、時間や労力のかけ方なんかも、働きながらでも思い通りにできたと思います」。 扉を開けると、壁を取り払った大きなワンルームが広がり、洋服やインテリアなどがところどころに配され、まるで雑貨屋にいるかのように思わず楽しい気分になってくる空間です。 30代の男性らしく、シンプルな機能性とテイストがぎっしり詰まった2DK→1Rのワンストップフルリノベーション。ヴィンテージマンションゆえの独特なRC天井の風合いと、無塗装・無垢オーク床をふんだんに使った贅沢なコントラストが部屋全体に広がります。57mmと幅の狭いものを乱尺で敷き詰めているため、変化に富み、飽きのこない演出となっています。 さらに天井のダクトをむき出しにすることで、天井高を確保しつつ今流行りのインダストリアルな雰囲気もプラス。ステンレス製のオーダーキッチンとよく合い、天板をバイブレーションで仕上げ、くすみがかった表情がヴィンテージな内装に自然と馴染むようになっています。 水廻りはタイル仕上げで統一、キッチンはシンプルな四角タイルで仕上げ、サニタリーは薄いグレーのタイルが程よいアクセントとなっています。

    Cuestudio(キュースタジオ)
    • 2184
    • 17
  4. 思わず友達を呼びたくなる!こだわりの作り付け家具が満載の家。 ー「10年愛♡の家」Vol.3 ー

    時を経ていくことでより愛着が湧いてくる、そんな家を紐解いていく連載企画。3回目となる今回は、家の中心となるリビングが空間を繋いでくれる、そして家族をも繋いでくれる、そんなHさん宅をご紹介しましょう。ロフト構造を持った空間演出の効いたリビングとこだわりの作り付け家具が魅力的な、生活のしやすさとお友達を呼びたくなる清潔感が同居したお宅だったのです。

    LIMIA編集部
    • 12030
    • 59
  5. 劇場がある暮らし・180インチ大画面でリビングシアターを楽しむ家

    施主さまがずっと温めてきた夢のリビングシアターが圧巻の住宅が完成しました。180インチのスクリーンと吹き抜けのあるリビングでダイナミックな映像を観るのはまさに劇場です。2階からも座って観たりと場所を変えて、思い思いのスタイルで楽しめる空間をつくりました。シアターシステムは当社の専門インストーラがいたしました。 設計の段階で同時にシアター設置を進めると、コスト面ももちろんですが、無駄のない空間とハイクオリティーなリビングシアターが出来上がります。 先日、「ホームシアターファイルVol.82」に掲載されました。詳しくは、書店または、当社のホームページをご覧ください。

    CALL SPACE DESIGN
    • 690
    • 10
  6. 「Alivio」 日本初、広島初が盛りだくさんの賃貸マンションで

    新しい価値観の創造とターゲットの絞込みにより私たちは飽きのこないシンプルなデザインの追及と他との差別化を図った。色調をモノトーンにまとめ、ラインの構成によるシャープなファサードデザインとし、共用部から駐車場に至るまで照明計画を施し、居住者に対し、ここに住まうこと自体にステータスを感じさせることを目的としている。 さらにプラスアルファとして様々な分野とコラボレーションする形で日本初・広島初のものを詰め込んでいったのである。 各階6戸がすべて形状も設備も異なり、様々な表情を見せる。100インチのスクリーンを標準装備したシアターをもつ部屋、インテリアに合わせて照明を完全設置した部屋、温熱環境を突き詰めRC打放の化粧壁を設けた部屋・・・、挙げればキリがないほどに続く。 また各戸、携帯を用いて帰宅前の湯張りやエアコン・照明器具などの操作ができたり、戸外設置のカメラによる不在時の来客をメールにて知らせたりなど防犯機能も備えたシステムを導入している。 オリジナルのキッチンや洗面台も手掛け、既製品の組合せからは生まれない豊かな空間づくりも行っている。 入居者の中には「自分のライフスタイルを変えたくて選んだ」という方や、近隣より高い家賃設定にもかかわらず安いと感じる方が多い。現在も空室待ちが出ている状態が続いている。 デザイン性と機能性が融合する全く新しい形の賃貸マンションとなったのではないだろうか。

    arch-plus
    • 535
    • 2
  7. 小菅ヶ谷の家

    建て主の奥様の御実家を建替えてLDKのみ分離型とした2世帯住宅とする計画。敷地は東西を高低差のある2つの道路に挟まれていて、南側隣地の地盤は計画敷地よりも高く、家が迫っていて南からの日照の妨げとなっている。1階は母の暮す空間と共用の客間と水廻りを設け、2階とロフトは子世帯専用の空間とした。1、2階ともに見晴らしと日当たりの良い西側を主な採光面としている。外観は切妻屋根を重ねた屋根と杉下見板張の外壁。

    tentline(テントライン)
    • 520
    • 1