【おすすめ】ホームシアター用プロジェクター5選!4K対応から短焦点まで

おすすめのホームシアター用プロジェクターを5種類紹介します。4K対応のものや超短焦点のものなど、幅広いホームシアター用プロジェクターをまとめました。そのほか、ビジネス用との違いや選び方などのお役立ち情報も紹介しています。ホームシアター用プロジェクターをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

  • 12983
  • 164
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ホームシアター用プロジェクターとは? ビジネス用との違い

ホームシアター用のプロジェクターとビジネス用のプロジェクターに、決まった違いはありません。それぞれに推奨される機能はありますが明確な違いはないため、搭載されている機能が、ホームシアター向きかビジネス向きか、という点で判断します。

大きな判断のポイントは、ルーメン数です。ルーメン数が高いほど、明るい場所で映像を投影することができます。

ビジネスにおいては、会議室のような明るい場所でプロジェクターが使用されるため、ある程度のルーメン数を確保しておく必要があるでしょう。

ホームシアターとして使う場合は、暗い状態で使うシーンが多いので、ルーメン数よりも解像度や映像の動きの速さにどれだけ対応できるのかなどを確認しておくのがおすすめです。

ホームシアター用プロジェクターの選び方|6つのポイントを確認

ホームシアター用プロジェクターは、さまざまなメーカーからたくさんの商品が販売されています。その数の多さから、どれを選べばいいのか悩んでしまいがち。

ここでは、ホームシアター用プロジェクターを選ぶ際に役立つ、前もって確認しておきたいポイントを6つにまとめて説明します。ぜひ参考にしてみてください♪

1.DVDやテレビ? それともゲームや映画? 用途をチェック!

まず、自分がどんな用途で使いたいのかを確認しましょう。使い道によって必要な機能が異なります。

部屋を暗くせずテレビが見たいのであれば、ルーメン数が高いものを。臨場感をもって映画を観たいのであれば、解像度の高いものを。ゲームに使いたいのであれば、動きに強いといわれている「ゲームモード」が搭載されたものを。

上記のように、用途に合わせて搭載されている機能をチェックしておきましょう!

2.ルーメン数をチェック!

先ほども説明しましたが、ルーメン数が高いほど明るい環境で投影することができます。昼間の明るい場面で使う場合は3000ルーメン以上、夜間のように暗い環境で使う場合は1500ルーメン以上を目安にしておくのがおすすめです。

3.投影距離をチェック! 部屋が狭ければ短焦点も視野に入れて

投影距離も重要なチェックポイントです。投影距離とは、プロジェクターのレンズと投影するスクリーンの間にある距離を指します。

同じ100インチサイズで投影できるプロジェクターでも、適する投影距離は商品によって違うため、使用する部屋の大きさや畳数を考慮して投影距離を確認しておきましょう。

十分な距離が確保できないという場合は、短焦点タイプのプロジェクターがおすすめ。短焦点のプロジェクターは、投影距離が1m未満のものも多く、短い距離で映像を映すことができます。

4.解像度と縦横比をチェック!

解像度は、プロジェクターを選ぶ上で非常に重要なポイントです。解像度とは、映像を表示する際のドット数を表しており、解像度が高いほど映像の細かい部分まで投影することができます。

解像度が低い場合、投影された文字がつぶれて見える、登場人物の顔がよく分からないなどといった問題が考えられるので、クオリティの高いプロジェクターを探している方は、解像度の高いものを選ぶのがいいでしょう。

5.設置方法をチェック! 天井に吊るすことも

購入する前に、プロジェクターの設置方法を確認しておきましょう。投影距離や今置いてある家具など、設置にかかわる要素はたくさんあります。あらかじめ決めておけばスムーズにプロジェクターを設置できるので、購入前にチェックしておくのがおすすめ。

今あるものを動かすのはむずかしいという方は、天井から吊るして設置する道具もあるので、視野に入れてみてください。

6.音響設備をチェック! スピーカーの導入も検討

プロジェクターを導入するなら、音響設備は前もって確認しておきたいポイント。プロジェクター本体にもスピーカーは付いていますが音質が良くないものも多いので、その場合は別でスピーカーを導入することを検討しておきましょう。

おすすめのホームシアター用プロジェクター5選

それでは、おすすめのホームシアター用プロジェクターを8種類紹介します。リーズナブルな価格でコスパ抜群のものから、高価格帯のハイパフォーマンスなものまで、幅広いプロジェクターをまとめました。ぜひ参考にしてみてください♪

BEAMERKING
BEAMERKING プロジェクター LED 3500lm 1080Pフル
19,000円(税込)
幅広いサイズの画面を投影可能なプロジェクター
『BEAMERKING』の『プロジェクター LED 3500lm 1080Pフル』は66インチから220インチまで投影することが可能です。USBケーブル1本でスマホやiPadと接続できるため、手軽にプロジェクターを楽しむことができますよ。3500ルーメンの明るさを持っているので、会議室のような明るい環境でも使えます。
CASIO
カシオ プロジェクター XJ-V100W
87,501円(税込)
水銀不使用でエコ&起動時間が早いプロジェクター
『カシオ』の『プロジェクター XJ-V100W』の魅力は、なんといっても最短5秒で起動してくれること。使いたいと思ったとき、すぐに使い始めることができます。また、水銀不使用であることも特徴のひとつ。水銀を使わないエコなアイテムとして、財団法人日本環境協会から“エコマーク商品”に認定されています。
オプトマ
オプトマ フルハイビジョン3D対応 超短焦点 DLPプロジェクター EH320UST
169,400円(税込)
フルハイビジョンで3Dにも対応するプロジェクター
『オプトマ』の『フルハイビジョン3D対応 超短焦点 DLPプロジェクター EH320UST』は“超短焦点”プロジェクターです。31cmという短い投影距離で、100インチの大画面を投影することができるほか、フルハイビジョン3Dに対応していることも魅力のひとつ。
エプソン
エプソン ホームシアタープロジェクター EPSON dreamio EF-100W
96,800円(税込)
5
5 Stars
1件)
小型サイズでも機能性◎のプロジェクター
『EPSON』の『dreamio ホームプロジェクター』はメディアストリーミング端末の動画を大画面で再生ができるプロジェクター。高性能スピーカーも内蔵されている上に小型で持ち運びやすいです。天井をスクリーンにしたりインテリアに合わせたデザインにしたりとプラスaが楽しめるのもうれしいポイント!
エプソン EH-LS500W ホームプロジェクター 4000lm 4K
299,799円(税込)
4
4 Stars
2件)
数々のアワードを受賞した高画質&高音質プロジェクター
『EPSON』の『dreamio ホームプロジェクター EH-LS500W』は投写距離約50cmで80インチの大画面を映し出す超短焦点レーザー光源のプロジェクター。その実力は数々のアワードを受賞するほどで、高画質と高音質にもこだわり抜かれています。

ホームシアター用プロジェクターでぜいたくな映像鑑賞を

おすすめのホームシアター用プロジェクターを8種類紹介しました。お気に入りの商品はありましたか? ホームシアター用プロジェクターは、映画鑑賞やゲーム、DVDを、大画面かつ自宅で楽しめるすてきなアイテムです。迫力満点の映像をぜひ自宅で体感してみてくださいね♪

  • 12983
  • 164
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

家電のデイリーランキング

おすすめのアイデア