中小企業におすすめの勤怠管理システム10選|選び方や費用も解説

中小企業でも従業員の労働時間や休暇など働くことに関する管理は、会社の義務となっています。勤怠管理システムを導入することで、作業を効率化できたり、正しい情報で管理することができます。中小企業におすすめの勤怠管理を紹介するとともに、選び方や費用を詳しく解説します。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

ミツモア
  • 1201
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

中小企業が勤怠管理システムを導入するメリット・デメリット

提供:LIMIA編集部

中小企業が勤怠管理システムを導入した場合、メリットとデメリットがそれぞれあります。ここでは、メリットとデメリットを解説します。

メリット

  • 業務を効率化できる
  • 従業員の過度な労働を防げる
  • 労働基準法に対応できる

中小企業が勤怠管理システムを導入する大きなメリットとして、業務を効率的に進めることができる点があります。

また、時間外労働や年次有給取得などを管理して、従業員が過度に労働することを防ぐこともできます。さらに、製品によっては法改正をしたときに自動でアップデートをして、労働基準法に随時対応してくれるものもあります。

デメリット

  • コストがかかる
  • 操作が複雑と感じる場合もある

中小企業が勤怠管理システムを導入する大きなデメリットは、コストが継続してかかることです。ほとんどの勤怠管理システムは、月額または年額で利用料金が発生するため、予算内におさまるか、あらかじめ見積もりをとるのも良いでしょう。

また、勤怠管理システムによっては、操作が複雑で使いにくく感じる製品もあります。操作が不安な場合には、サポートサービスを受けられる製品を使用するのもおすすめです。もし、無料トライアルがある製品であれば、事前に実機を触って使いやすさなどを確かめるのも良いでしょう。

中小企業の勤怠管理システムの選び方

提供:LIMIA編集部

中小企業が勤怠管理システムを選ぶときのポイントを紹介します。導入を考えている人は以下のポイントを参考に選んでみましょう。

費用が予算内におさまっているか

中小企業に限ったことではありませんが、予算内で使用できる料金であるか事前に計算したり、見積もりをとるようにしましょう。ほとんどの製品は1人につき月額数百円程度の料金が発生します。

なかには、一部機能制限がかかりますが、無料で使える勤怠管理システムもあります。無料で使える範囲であったり、機能が足りていれば、無料の勤怠管理システムを利用するのも良いでしょう。

欲しい機能が備わっているか

勤怠管理システムを導入する前に、欲しい機能を事前にリストアップしておくと、選ぶのがスムーズになります。例えば、どんな打刻方法を活用するのか、不正防止機能の要不要などがあります。

そのほかにも、正社員だけでなく契約社員やアルバイト契約をしている従業員がいる場合、雇用形態に合わせてシフトや労働時間を自由に設定できる機能があると便利です。

サポートサービスがあると安心

中小企業で初めて勤怠管理システムを導入するときに、導入の仕方や操作に不安がある場合は、サポートサービスを受けられるものがおすすめです。

無料でチャットや電話、メールで問い合わせできる製品もありますが、なかにはサポートサービスが有料である製品もあります。サポートサービスの利用を検討している場合には、利用料金についてもあらかじめチェックしておきましょう。

中小企業におすすめの勤怠管理システム比較表

サービス名

利用料金

無料トライアル

主な打刻方法

シフト管理機能

有給・残業申請機能

不正防止機能

アラート機能

サポート体制

ハーモス勤怠 by IEYASU

・フリープラン:無料/30人以下(一部機能制限あり) ・基本機能:月額100円/1人(31人以上) ・シフト管理オプション:月額50円/1人 ・有給休暇管理・届出申請オプション:月額100円/1人 ・日報オプション:月額50円/1人 ※税抜価格

PC、スマホ、タブレット、ICカード、Slack、LINE、QRコードなど

あり(有料プランまたはオプション追加で利用可能)

あり(有料プランまたはオプション追加で利用可能)

あり

マネーフォワードクラウド勤怠

・パーソナルミニ:月額980円/個人 ・パーソナル:月額1,680円/個人 ・パーソナルプラス:年額35,760円/個人 ・スモールビジネス:月額3,980円/法人50人以下 ・ビジネス:月額5,980円/法人50人以下 ※年額プランあり ※51人以上の法人は要問い合わせ ※税抜価格

あり

PC、タブレット、スマホ、ICカードなど

あり

あり

あり

あり

freee 人事労務

・ミニマム:月額2,600円/5人 ・スターター:月額3,900円/5人 ・スタンダード:月額5,200円/5人 ・アドバンス:月額7,150円/5人 ※年額プランあり ※最低利用人数5人以上 ※税抜価格

PC、タブレット、スマホ、ICカード、指紋認証など

あり

あり

あり

あり

キンコン

月額220円/1人 ※最低利用人数5人 ※年額プランあり ※税込価格

あり(最大2ヶ月間)

PC、スマホ、ICカード、Slackなど

あり

あり

あり

あり

あり

ジョブカン勤怠管理

・無料プラン ・有料プラン1(機能1つ):200円/1人 ・有料プラン2(機能2つ):300円/1人 ・有料プラン3(機能3つ):400円/1人 ・有料プラン4(機能4つ):500円/1人 ※月額最低利用料金2,000円 ※大規模(500名目安)は要問い合わせ ※税抜価格

あり(30日間)

PC、スマホ、ICカード、Slack、LINE、顔認証など

あり

あり

あり

あり

あり

KING OF TIME

月額300円/1人 ※税表記なし

あり(30日間)

PC、タブレット、スマホ、ICカード、指紋認証、顔認証など

あり

あり

あり

あり

あり

CLOUZA

・月額200円/1人 ・年次有給休暇管理オプション:月額100円/1人 ・申請承認ワークフローオプション:月額100円/1人 ・年次有給休暇管理+申請承認ワークフローオプション:月額150円/1人 ・在宅勤務管理オプション:月額50円/1人 ※税抜価格

あり(30日間)

PC、タブレット、スマホ、ICカードなど

あり

あり(有料オプション)

あり

あり

あり

attenly(アテンリー)

・ベーシックプラン:月額2,500円〜(一部機能制限あり) ・プレミアムプラン:月額10,000円〜 ※税抜価格 ※利用人数によって変動 ※年払いも可能

あり(30日間)

PC、ICカード、顔認証など

あり

あり

あり

RecoRu(レコル)

月額110円/1人 ※税込価格 ※最低利用料金は3,300円(税込)から

あり(30日間)

PC、スマホ、タブレット、ICカード、生体認証など

あり

あり

あり

あり

Taskal Time-Card

・打刻のみ:月額100円/1人 ・勤怠管理セットプラン:月額250円/1人 ※税表記なし

あり(3ヶ月間)

顔認証

勤怠管理セットプランのみ利用可能

勤怠管理セットプランのみ利用可能

あり

中小企業におすすめの勤怠管理システム10選

提供:LIMIA編集部

ここでは、中小企業におすすめの勤怠管理システムを紹介します。利用料金や主な機能や特徴を簡単に解説するので、選ぶときの参考にしてみてくださいね。

ハーモス勤怠 by IEYASU

出典:ハーモス勤怠 by IEYASU

「ハーモス勤怠 by IEYASU」は、株式会社ビズリーチの子会社が運営している勤怠管理システムです。一部機能の制限がありますが、30人までであれば無料で利用ができるので、中小企業にもおすすめですよ。

また、給与明細や年末調整などのほかのハーモスシリーズの製品とスムーズに連携が取れます。ハーモスシリーズの製品以外にも日次勤怠データや月次集計データなどは、CSVで出力できるため外部の給与ソフトなどにも対応可能です。

利用料金

・フリープラン:無料/30人以下(一部機能制限あり) ・基本機能:月額100円/1人(31人以上) ・シフト管理オプション:月額50円/1人 ・有給休暇管理・届出申請オプション:月額100円/1人 ・日報オプション:月額50円/1人 ※税抜価格

無料トライアル

主な打刻方法

PC、スマホ、タブレット、ICカード、Slack、LINE、QRコード

シフト管理機能

あり(有料プランまたはオプション追加で利用可能)

有給・残業申請機能

あり(有料プランまたはオプション追加で利用可能)

不正防止機能

アラート機能

あり

サポート体制

▼口コミや評判はこちらもチェック!

マネーフォワードクラウド勤怠

出典:マネーフォワードクラウド勤怠

「マネーフォワードクラウド勤怠」は、多様な雇用形態やシフトに対応できるカスタマイズ性の高い勤怠管理システムです。

中小企業に対応した法人料金プランは、月額3,980円と月額5,980円の2プランが用意されています。それぞれ使える機能が異なり、50人までであれば、既存のどちらかのプランで利用が可能です。51人以上での利用を検討している場合、問い合わせをすれば、見積書を送付してくれます。

サポートはメールまたはチャットでのみ無料で受け付けています。

利用料金

・パーソナルミニ:月額980円/個人 ・パーソナル:月額1,680円/個人 ・パーソナルプラス:年額35,760円/個人 ・スモールビジネス:月額3,980円/法人50人以下 ・ビジネス:月額5,980円/法人50人以下 ※年額プランあり ※51人以上の法人は要問い合わせ ※税抜価格

無料トライアル

あり

主な打刻方法

PC、タブレット、スマホ、ICカード

シフト管理機能

あり

有給・残業申請機能

あり

不正防止機能

アラート機能

あり

サポート体制

あり

freee 人事労務

出典:freee 人事労務

「freee 人事労務」は、勤怠管理システムも取り扱うサービスです。勤務状況もリアルタイムで管理でき、規定の残業時間を超えると従業員にアラート通知を行ってくれる機能があります。

また、雇用形態に合わせたシフトパターンを自由にカスタマイズでき、従業員ごとに合わせたシフトを組むこともできます。

プランによって使用できる機能数が異なるため、使いたい機能がプランに含まれているか事前に確認しておきましょう。最低利用人数は5人以上からとなっており、お得な年払いプランもあります。

利用料金

・ミニマム:月額2,600円/5人 ・スターター:月額3,900円/5人 ・スタンダード:月額5,200円/5人 ・アドバンス:月額7,150円/5人 ※年額プランあり ※最低利用人数5人以上 ※税抜価格

無料トライアル

主な打刻方法

PC、タブレット、スマホ、ICカード、指紋認証など

シフト管理機能

あり

有給・残業申請機能

あり

不正防止機能

アラート機能

あり

サポート体制

あり

キンコン

出典:キンコン

「kincone」は、勤怠管理システムから他社サービスへの連携が取りやすい製品です。出勤時に交通系ICカードをスマホにタッチすると、打刻と同時に交通費を読み取ってくれる機能もあります。Googleカレンダーに連携すると、訪問先までの交通費を自動で計算してくれる機能も便利です。

利用料金は1人につき月額220円(税込)で利用できるので、従業員が少ない中小企業でもコストを最小限で抑えられます。また、年払いの場合には5%割引のお得な支払い方法もあるため、活用するのも良いでしょう。

利用料金

月額220円/1人 ※最低利用人数5人 ※年額プランあり ※税込価格

無料トライアル

あり(最大2ヶ月間)

主な打刻方法

PC、スマホ、ICカード、Slackなど

シフト管理機能

あり

有給・残業申請機能

あり

不正防止機能

あり

アラート機能

あり

サポート体制

あり

ジョブカン勤怠管理

出典:ジョブカン勤怠管理

「ジョブカン勤怠管理」は、6か国語に対応していたり、日勤・夜勤など複雑なシフトにも対応した勤怠管理システムです。

出勤管理、シフト管理、休暇管理・申請、工数管理(単独利用不可)のなかから使いたい機能を選び、それに応じて利用料金が変わるシステムです。

無料でも利用できますが、機能に制限がかかります。有料プランは1つの機能につき1人あたり月額200円(税抜)から利用できます。月額最低利用料金は2,000円(税抜)となっているため、注意しておきましょう。

利用料金

・無料プラン ・有料プラン1(機能1つ):200円/1人 ・有料プラン2(機能2つ):300円/1人 ・有料プラン3(機能3つ):400円/1人 ・有料プラン4(機能4つ):500円/1人 ※月額最低利用料金2,000円 ※大規模(500名目安)は要問い合わせ ※税抜価格

無料トライアル

あり(30日間)

主な打刻方法

PC、スマホ、ICカード、Slack、LINE、顔認証など

シフト管理機能

あり

有給・残業申請機能

あり

不正防止機能

あり

アラート機能

あり

サポート体制

あり

KING OF TIME

出典:KING OF TIME

「KING OF TIME」は、ワンプランで1人の登録につき月額300円で全ての機能が使用できる勤怠管理システムです。勤怠管理システム以外にも給与計算や人事労務といったKING OF TIMEシリーズと連携して使えます。もちろん、外部の給与計算ソフトとも連携も取れます。

また、基本的な勤怠管理機能以外にも豊富な機能を兼ね備えており、データ分析やアラート管理機能なども搭載されています。

セキュリティも強化されており、無料のシステムバージョンアップやデータのバックアップも行われているのも特徴です。

利用料金

月額300円/1人 ※税表記なし

無料トライアル

あり(30日間)

主な打刻方法

PC、タブレット、スマホ、ICカード、指紋認証、顔認証など

シフト管理機能

あり

有給・残業申請機能

あり

不正防止機能

あり

アラート機能

あり

サポート体制

あり

CLOUZA(クラウザ)

出典:CLOUZA

「CLOUZA」は、1人の登録につき月額200円(税抜)で利用できる勤怠管理システムです。クラウド型の勤怠管理システムなので、サーバーを会社で用意する必要がないのがポイント。さらに、クラウド型なので会社でサーバーメンテナンスなどを行う必要がなく、法改正時には自動でアップデートしてくれます。

有給休暇の管理や申請フローは有料オプションになり、管理と申請フローがセットになったお得なオプションプランもあります。

また、在宅勤務時の管理も行える有料オプションもあるので、業務形態に合わせて追加することも可能です。

利用料金

・月額200円/1人 ・年次有給休暇管理オプション:月額100円/1人 ・申請承認ワークフローオプション:月額100円/1人 ・年次有給休暇管理+申請承認ワークフローオプション:月額150円/1人 ・在宅勤務管理オプション:月額50円/1人 ※税抜価格

無料トライアル

あり(30日間)

主な打刻方法

PC、タブレット、スマホ、ICカードなど

シフト管理機能

あり

有給・残業申請機能

あり(有料オプション)

不正防止機能

あり

アラート機能

あり

サポート体制

あり

attenly(アテンリー)

出典:attenly

「attenly」はシンプルなデザインで操作が簡単なのが特徴的な勤怠管理システムです。基本的な勤怠管理機能に加えて、就業規則などの社内で共有しておきたい書類を共有できる機能といった便利な機能もあります。

利用料金は登録する人数によって異なり、ベーシックプランの場合は1〜20人の登録で2,500円(税抜)となります。基本的には1つのプランで300人まで利用可能です。また、年払いで支払うと約2ヶ月分の利用料金が無料になるお得な支払い方法もあります。

利用料金

・ベーシックプラン:月額2,500円〜(一部機能制限あり) ・プレミアムプラン:月額10,000円〜 ※税抜価格 ※利用人数によって変動 ※年払いも可能

無料トライアル

あり(30日間)

主な打刻方法

PC、ICカード、顔認証など

シフト管理機能

あり

有給・残業申請機能

あり

不正防止機能

アラート機能

あり

サポート体制

RecoRu(レコル)

出典:RecoRu

「RecoRu」は、スマホからでもパソコンからでも操作しやすいシンプルなデザインの勤怠管理システムです。打刻方法は、タブレットやスマホ、パソコン以外にも生体認証やSlackを使った打刻ができます。

利用料金は全ての機能が使えて、1人の登録につき月額110円(税込)です。バージョンアップや機能追加による追加料金は発生しないので、中小企業にもおすすめですよ。

利用料金

月額110円/1人 ※税込価格 ※最低利用料金は3,300円(税込)から

無料トライアル

あり(30日間)

主な打刻方法

PC、スマホ、タブレット、ICカード、生体認証など

シフト管理機能

あり

有給・残業申請機能

あり

不正防止機能

あり

アラート機能

あり

サポート体制

Taskal Time-Card

出典:Taskal Time-Card

「Taskal Time-Card」は、顔認証で打刻ができる勤怠管理システムです。顔を認証するスピードが早く、わずか0.5秒で打刻ができます。打刻にはiPhoneやiPad、Android、Windowsのパソコンが利用可能です。

打刻のみのプランは1人の登録につき月額100円、勤怠管理とのセットプランは1人の登録につき月額250円の2プラン用意されています。

利用料金

・打刻のみ:月額100円/1人 ・勤怠管理セットプラン:月額250円/1人 ※税表記なし

無料トライアル

あり(3ヶ月間)

主な打刻方法

顔認証

シフト管理機能

勤怠管理セットプランのみ利用可能

有給・残業申請機能

勤怠管理セットプランのみ利用可能

不正防止機能

アラート機能

あり

サポート体制

中小企業向けの勤怠管理システムをもっと比較するならミツモアもチェック

出典:ミツモア

中小企業にあった勤怠管理システム選びに困ったら、比較サイトを使って情報収集するのも良いでしょう。ここでは、「ミツモア」の比較サービスについて解説します。

質問に答えるとおすすめ製品を提案!

「ミツモア」では、自社の情報や欲しい機能などの質問に答えると、おすすめの勤怠管理システムを最大5つ提案してくれます。質問は約2分程度で終わり、最後には見積もりをメールで送付してくれるのも便利です。

口コミで実際の使用感がわかりやすい!

「ミツモア」には実際に勤怠管理システムを利用しているユーザーの口コミが掲載されているのも特徴です。無料トライアルなどがない製品や初めての導入で不安を感じているときには、口コミを参考に選ぶのも良いでしょう。

中小企業向け勤怠管理システムに関するQ&A

出典:LIMIA編集部

Q1. 勤怠管理システムとは?

A. 休暇や労働時間など働くことに関連する情報を管理するシステム

勤怠管理システムとは、休暇や欠勤数、労働時間など働くことに関連する情報を管理するシステムのことです。勤怠管理は中小企業、大企業問わず義務となっているので、勤怠管理システムを活用するのも良いでしょう。

Q2. 中小企業が勤怠管理システムを導入するメリットはある?

A. 業務を効率化でき、従業員の健康を守ることができる

中小企業が勤怠管理システムを導入する大きなメリットは業務を効率化でき、従業員の過度な労働を防げることです。とくに、従業員の少ない中小企業では、業務を効率化することで従業員の手間を省き、より多くの業務に取り掛かれたり、時間を有効活用することができます。

Q3. 中小企業向けの勤怠管理システムを選ぶポイントはある?

A. 欲しい機能が予算内で使用できるかチェックする

中小企業で勤怠管理システムを選ぶときには、欲しい機能が予算内で使えるかを確認しておきましょう。また、操作に不安がある人はサポートを行ってくれる製品を選ぶのもおすすめです。

勤怠管理に関連する記事もチェック

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年12月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 1201
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

ビジネスの課題解決や業務効率化に役立つ情報をお届けします。

LIMIAビジネス部さんの他のアイデア

ビジネス向けソフトウェアのデイリーランキング

おすすめのアイデア