勤怠管理アプリおすすめ13選!スマホで使える無料アプリも紹介

勤怠管理アプリは、どこでも打刻や管理ができることがメリットです。どのようにして勤怠管理アプリを選ぶのがいいかについて解説します。iPhoneやAndroidで使える勤怠管理アプリを紹介します。ダブルワークなどで個人で自分の勤務状況を管理したいときに無料で利用できるアプリもピックアップしました。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

ミツモア
  • 1699
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

勤怠管理アプリのメリット・デメリット

提供:LIMIA編集部

メリット

・直行直帰などでも場所を選ばず打刻ができる ・GPS、生体認証機能があれば不正も防げる ・少額で始められる

デメリット

・セキュリティーが弱い場合もある

勤怠管理アプリは、直行直帰や在宅勤務時などに場所を選ばず打刻や勤怠管理ができるのがメリットのひとつです。また、不正行為を防ぐために、GPSや生体認証、顔認証などの機能が搭載されているアプリもあります。そして、コストが安く抑えられるのもメリットです。

一方で、誰でも管理者ページにアクセスできたり、セキュリティーが弱い勤怠管理アプリもあるため、選ぶときには注意しましょう。

勤怠管理アプリの選び方

提供:LIMIA編集部
  • さまざまな雇用形態に対応できるか
  • 欲しい機能が搭載されているか
  • 操作がしやすいか
  • 運用コストが予算内であるか
  • サポート体制がしっかりしているか

さまざまな雇用形態に対応できるか

正社員や契約社員だけでなく、アルバイトや業務委託などを雇用している場合には、それぞれの雇用形態に対応しているかチェックしましょう。

個人によって勤務時間や休暇などが異なる場合もあるため、そのような労働時間に関連する情報をしっかり管理できるかがポイントになります。

欲しい機能が搭載されているか

タイムレコーダータイプ

設置したタブレットやスマホを操作して打刻するタイプ

多機能タイプ

勤怠管理だけでなく、有給やシフト管理などができるタイプ。勤怠管理を全体的に効率化したいならおすすめ

他業務連携タイプ

給与計算ソフトや会計ソフトなどの他ソフトと連携ができるタイプ。勤怠管理だけでなく、その他の業務も効率化したいならおすすめ

勤怠管理アプリを利用する上であらかじめ欲しい機能を洗い出しておくと、選ぶときにもスムーズです。また、タイプによって使える機能や性能も異なるため、どのようなタイプが会社に合っているのかチェックしておきましょう。

操作がしやすいか

勤怠管理アプリを選ぶときには、従業員や管理者が見やすく、管理しやすく、操作しやすいデザインや機能であることも重要なポイントです。ほかのサービスと連携できるものであれば、より使用方法も広がるため、連携のしやすさも注目してみましょう。

運用コストが予算内であるか

勤怠管理アプリは、少額から始められるものもありますが、1人登録するのに〇〇円といった形態で利用料が発生する場合があります。登録人数が多ければ多いほど、費用がかかるため、運用コストが予算内でおさまるのかも事前に計算しておきましょう。

サポート体制がしっかりしているか

サポートサービスは勤怠アプリや利用プランによって異なる場合があります。例えば、チャットなどで問い合わせできないアプリも存在します。もし、不安な人はチャットやメール、電話でサポートしてもらえるアプリを選ぶと良いでしょう。また、FAQやチュートリアルが分かりやすいかもあらかじめ確認しておくと安心です。

タイムレコーダータイプの勤怠管理アプリ3選

サービス名

主な打刻方法

シフト管理機能

有給・残業申請機能

無料トライアル

初期費用

利用料金

サポート体制

Taskal Time-Card

顔認証

勤怠管理セットプランのみ利用可能

勤怠管理セットプランのみ利用可能

あり(3ヶ月間)

無料

・打刻のみ:月額100円/1人 ・勤怠管理セットプラン:月額250円/1人 ※税表記なし

タブレット タイムレコーダー

アプリ操作

11,800円/10人まで

・無料プラン:3人まで ・ライセンス:11,800円(税込)/3人以上10人まで

Smile Work

PC、スマホ、タブレット、ICカード

あり

あり

あり(1ヶ月後。申込後のみ)

10,000円

・月額利用料:300円/1人 ・端末レンタル料:3,000円/月額 ・初期費用:10,000円 ※税表記なし

あり

Taskal Time-Card

出典:Taskal Time-Card

「Taskal Time-Card」は、iPadで顔認証打刻ができる勤怠管理アプリです。iPad以外にもスマホやWindows PCでも打刻ができます。

打刻のみであれば1人の登録につき月額100円で利用でき、月額250円のプランであればシフト管理や有給の申請・承認などの機能も利用できます。

打刻や勤怠関連の情報の保存期間は約10年間保存されるため、バックアップ体制もしっかりしています。

主な打刻方法

顔認証

シフト管理機能

勤怠管理セットプランのみ利用可能

有給・残業申請機能

勤怠管理セットプランのみ利用可能

無料トライアル

あり(3ヶ月間)

初期費用

無料

利用料金

・打刻のみ:月額100円/1人 ・勤怠管理セットプラン:月額250円/1人 ※税表記なし

サポート体制

タブレット タイムレコーダー

出典:タブレット タイムレコーダー

「タブレット タイムレコーダー」は、iPadで打刻ができる勤怠管理アプリです。打刻するときには、顔写真が撮影されるため、不正行為を防ぐことができます。

打刻時に伝言板機能を使って、メッセージやビデオメッセージを表示させることができる楽しい機能も搭載されています。

利用料は、初期費用の11,800円(10人まで)でライセンスを購入するだけで月額費用は必要ありません。3人までであれば、無料での利用も可能です。

主な打刻方法

iPad

シフト管理機能

有給・残業申請機能

無料トライアル

初期費用

11,800円/10人まで

利用料金

・無料プラン:3人まで ・ライセンス:11,800円(税込)/3人以上10人まで

サポート体制

Smile Work

出典:Smile Work

「Smile Work」は専用端末をレンタルできるため、別途でパソコンを準備する必要がなく、簡単に利用開始できる勤怠管理アプリです。

専用端末にICカードをかざすと打刻ができる仕組みで、出勤状況をリアルタイムで管理できます。スマホやパソコンからも打刻でき、GPS機能が搭載されているため、不正行為も防げます。また、シフトの作成や管理、日報機能も搭載しており、有料で会社に合わせたカスタマイズも可能です。

主な打刻方法

PC、スマホ、タブレット、ICカード

シフト管理機能

あり

有給・残業申請機能

あり

無料トライアル

あり(1ヶ月間。申込後のみ)

初期費用

10,000円

利用料金

・月額利用料:300円/1人 ・端末レンタル料:3,000円/月額 ・初期費用:10,000円 ※税表記なし

サポート体制

あり

多機能タイプの勤怠管理アプリ4選

サービス名

主な打刻方法

シフト管理機能

有給・残業申請機能

無料トライアル

初期費用

利用料金

サポート体制

ハーモス勤怠 by IEYASU

PC、スマホ、タブレット、ICカード、Slack、LINE、QRコード

オプションあり(50円/1人)

オプションあり(100円/1人)

・フリープラン:無料/30人以下(一部機能制限あり) ・基本機能:月額100円/1人(31人以上) ・シフト管理オプション:月額50円/1人 ・有給休暇管理・届出申請オプション:月額100円/1人 ・日報オプション:月額50円/1人 ※税抜価格

マネーフォワードクラウド勤怠

PC、タブレット、スマホ、ICカード

あり

あり

あり(1ヶ月間)

・パーソナルミニ:月額980円/個人 ・パーソナル:月額1,680円/個人 ・パーソナルプラス:年額35,760円/個人 ・スモールビジネス:月額3,980円/法人50人以下 ・ビジネス:月額5,980円/法人50人以下 ※年額プランあり ※51人以上の法人は要問い合わせ ※税抜価格

あり

freee 人事労務

PC、タブレット、スマホ、ICカード、指紋認証

あり

あり

・ミニマム:月額2,600円/5人 ・スターター:月額3,900円/5人 ・スタンダード:月額5,200円/5人 ・アドバンス:月額7,150円/5人 ※年額プランあり ※最低利用人数5人以上 ※税抜価格

あり

KING OF TIME

PC、タブレット、スマホ、ICカード、指紋認証、顔認証など

あり

あり

あり(30日間)

月額300円/1人 ※税表記なし

あり

ハーモス勤怠 by IEYASU

出典:ハーモス勤怠 by IEYASU

「ハーモス勤怠」は、多くの人事や労務業務をサポートしてきたノウハウを活かして作られた勤怠管理アプリです。登録人数が30人までであれば、無料で利用ができます。

打刻はパソコンやスマホ、タブレットはもちろん、SlackやLINE、QRコードでも可能です。専用スマホアプリを使えば、ICカードをスマホに当てるだけで打刻機能も使えます。

基本的な打刻に有料のオプションを追加することで、シフト管理や有給の申請・承認・管理、日報などの機能も付け加えることができます。

主な打刻方法

PC、スマホ、タブレット、ICカード、Slack、LINE、QRコード

シフト管理機能

オプションあり(50円/1人)

有給・残業申請機能

オプションあり(100円/1人)

無料トライアル

初期費用

利用料金

・フリープラン:無料/30人以下(一部機能制限あり) ・基本機能:月額100円/1人(31人以上) ・シフト管理オプション:月額50円/1人 ・有給休暇管理・届出申請オプション:月額100円/1人 ・日報オプション:月額50円/1人 ※税抜価格

サポート体制

マネーフォワードクラウド勤怠

出典:マネーフォワードクラウド勤怠

「マネーフォワードクラウド勤怠」は、多種多様な雇用や勤務形態に対応可能な勤怠管理アプリです。例えば、在宅勤務や交通費などの任意の項目をカスタマイズして、データを集計することができます。また、異常な打刻や残業時間が一定の範囲を超えると、アラート通知を行ってくれます。

法人プランだけでなく、個人プランも提供されているため、フリーランスや副業をしている人にもおすすめの勤怠管理アプリです。使える機能によって複数の料金プランが用意されているので、自分や会社に合ったプランを選ぶことができます。

主な打刻方法

PC、タブレット、スマホ、ICカード

シフト管理機能

あり

有給・残業申請機能

あり

無料トライアル

あり(1ヶ月間)

初期費用

利用料金

・パーソナルミニ:月額980円/個人 ・パーソナル:月額1,680円/個人 ・パーソナルプラス:年額35,760円/個人 ・スモールビジネス:月額3,980円/法人50人以下 ・ビジネス:月額5,980円/法人50人以下 ※年額プランあり ※51人以上の法人は要問い合わせ ※税抜価格

サポート体制

あり

freee 人事労務

出典:freee 人事労務

「freee 人事労務」は、労務の業務をより効率化してくれるアプリです。さまざまな雇用形態に対応しており、一人一人に合わせたシフトパターンを作成できます。打刻や管理はウェブからでき、インターネットがあればどこからでも使用可能です。

導入時には専任の担当者が操作方法をレクチャーしてくれます。また、メールやチャット以外にも電話でのサポートも受けられるので安心です。

使える機能の数によって利用プランが異なるので、欲しい機能が希望するプランで利用できるかあらかじめ確認しておきましょう。

主な打刻方法

PC、タブレット、スマホ、ICカード、指紋認証

シフト管理機能

あり

有給・残業申請機能

あり

無料トライアル

初期費用

利用料金

・ミニマム:月額2,600円/5人 ・スターター:月額3,900円/5人 ・スタンダード:月額5,200円/5人 ・アドバンス:月額7,150円/5人 ※年額プランあり ※最低利用人数5人以上 ※税抜価格

サポート体制

あり

KING OF TIME

出典:KING OF TIME

「KING OF TIME」は豊富な機能で業務の効率化を進めてくれる勤怠管理アプリです。1人の登録につき月額300円で、打刻や集計、管理すべての機能が利用でき、個人や法人問わず使えるのもおすすめポイント。無料トライアルも30日間体験でき、まずは実機に触れてみたい人にもぴったりです。

管理者の設定も自由にできるため、閲覧や編集を限定したいデータを保護することもできます。サポートもメールやチャット、電話で問い合わせできるので、もしものときにも安心です。

主な打刻方法

PC、タブレット、スマホ、ICカード、指紋認証、顔認証など

シフト管理機能

あり

有給・残業申請機能

あり

無料トライアル

あり(30日間)

初期費用

利用料金

月額300円/1人 ※税表記なし

サポート体制

あり

他業務連携タイプの勤怠管理アプリ2選

サービス名

主な打刻方法

シフト管理機能

有給・残業申請機能

無料トライアル

初期費用

利用料金

サポート体制

kincone

PC、スマホ、ICカード、Slackなど

あり

あり

あり(最大2ヶ月間)

月額220円/1人 ※最低利用人数5人 ※年額プランあり ※税込価格

あり

ジョブカン勤怠管理

PC、スマホ、ICカード、Slack、LINE、顔認証など

あり

あり

あり(30日間)

・無料プラン ・有料プラン1(機能1つ):200円/登録1人につき ・有料プラン2(機能2つ):300円/登録1人につき ・有料プラン3(機能3つ):400円/登録1人につき ・有料プラン4(機能4つ):500円/登録1人につき ※月額最低利用料金2,000円 ※大規模(500名目安)は要問い合わせ ※税抜価格

あり

kincone

出典:kincone

「kincone」は、ほかの業務ソフトなどと連携することで、利用シーンの広がる勤怠管理アプリです。打刻方法はさまざまあり、ICカードやパソコン、スマホ以外にもSlackやChatWork、LINE Worksでの打刻にも対応しています。

集計した勤怠に関連するデータは、CSVやExcelで出力ができるため、ほかの業務ソフトとの連携もスムーズです。

利用するには最低5名の従業員を登録する必要があるので、注意しておきましょう。

主な打刻方法

PC、スマホ、ICカード、Slackなど

シフト管理機能

あり

有給・残業申請機能

あり

無料トライアル

あり(最大2ヶ月間)

初期費用

利用料金

月額220円/1人 ※最低利用人数5人 ※年額プランあり ※税込価格

サポート体制

あり

ジョブカン勤怠管理

出典:ジョブカン勤怠管理

「ジョブカン勤怠管理」は、パソコンやスマホ、ICカード以外にSlackやLINE、顔認証でも打刻ができる勤怠管理アプリです。スマホのGPS機能を利用して打刻場所を特定することも可能で、ジオフェンシング打刻と言った特定の場所からのみ打刻ができるシステムもあります。

日本語表示以外にも、英語や韓国語、スペイン語、タイ語、中国語、ベトナム語の切り替えも自由に行えてグローバルな人材への対応も可能です。

主な打刻方法

PC、スマホ、ICカード、Slack、LINE、顔認証など

シフト管理機能

あり

有給・残業申請機能

あり

無料トライアル

あり(30日間)

初期費用

利用料金

・無料プラン ・有料プラン1(機能1つ):200円/登録1人につき ・有料プラン2(機能2つ):300円/登録1人につき ・有料プラン3(機能3つ):400円/登録1人につき ・有料プラン4(機能4つ):500円/登録1人につき ※月額最低利用料金2,000円 ※大規模(500名目安)は要問い合わせ ※税抜価格

サポート体制

あり

個人で利用ができる勤怠管理アプリ4選

  1. 1.勤務ろぐ Free
  2. 2.タイムシート - タイムカード - 勤務時間 - 業務日誌
  3. 3.簡単入力!!「タイムシート」
  4. 4.TimeAndEntry

ダブルワークなどをしている人や自分でも勤怠状況を管理したい人には、個人で利用できる無料の勤怠管理アプリを活用するのもおすすめです。

勤務ろぐ Free

出典:勤務ろぐ Free

「勤務ろぐ Free」は、個人で利用するAndroid機器対応の無料の勤怠管理アプリです。勤務時間をパターン化して設定でき、出退勤時間を簡単に管理できます。欠勤や有給、代休の消化数、残業や深夜業も管理可能です。

タイムシート - タイムカード - 勤務時間 - 業務日誌

出典:タイムシート - タイムカード - 勤務時間 - 業務日誌

「タイムシート - タイムカード - 勤務時間 - 業務日誌」は、Android機器で個人で利用できる無料の勤怠管理アプリです。出勤や退勤時間だけでなく、休憩時間も素早く記録して管理ができます。複数のシフトパターンを登録でき、給与の計算も可能です。CSVやExcelでの出力もできるので、ほかのアプリやソフトとも連携できます。

簡単入力!!「タイムシート」

出典:簡単入力!!「タイムシート」

iOSで利用できる「簡単入力!!「タイムシート」」は、出退勤を2タップで素早く記録できます。さまざまな雇用形態に合わせて、シフトや交通費の設定が可能です。

一覧で勤務時間を閲覧でき、課金すればPDFデータを送信できたり、有給に関連する機能も制限なく使用できるようになります。課金は月額で280円、年額で2,500円です。

TimeAndEntry

出典:TimeAndEntry

iPhoneで利用できる勤怠管理アプリです。打刻が1タップででき、残業時間や給与計算ができるのも魅力。ひと目で残業時間や労働時間が分かりやすいデザインです。タイムシートや経費レポートはPDFやExcelで出力ができるのも便利な機能のひとつ。

アプリもある勤怠管理システムを比較検討するならミツモアもチェック!

出典:ミツモア
  • 簡単な質問に答えるだけで選べる
  • ユーザーの口コミがあるから参考にしやすい

勤怠管理アプリや製品選びに悩んだときには、比較検討できるサービスを利用してみましょう。「ミツモア」では会社にあった勤怠管理が可能な製品を提案してくれます。

選び方は質問に答えるだけ

「ミツモア」は約2分の簡単な質問に答えるだけで、要望にあった勤怠管理システムや料金プランを提案してくれます。また、最大5つまで提案してくれるので比較がしやすく、より使用状況や会社に合った勤怠管理製品を選択することも可能です。

ユーザーの口コミは選ぶときの参考になる

「ミツモア」が提案してくれる勤怠管理アプリの情報には、実際に勤怠管理アプリを利用しているユーザーの口コミも掲載されています。実際に勤怠管理アプリを使っているユーザーの評価がしっかり見えるため、勤怠管理アプリ選びに迷ったときにも参考になります。

勤怠管理アプリに関するQ&A

出典:LIMIA編集部

Q1. 勤怠管理アプリのメリットやデメリットはある?

A. どこでも打刻や勤怠管理ができるが、セキュリティー面で不安もある

勤怠管理アプリは、どこでも打刻や勤怠管理ができるのがメリットであり、GPSなどの機能を活用すれば、不正も防止できます。一方で、セキュリティーがどこまで強化されているのか分からないアプリもあるのがデメリットです。

Q2. 勤怠管理アプリの選び方は?

A. 予算内で機能が使えるか。操作しやすく、サポート内容は充分かで選ぶ

勤怠管理アプリは1人の登録につき〇〇円という料金形態が多いので、予算内で欲しい機能が使えるか計算しておきましょう。また、分かりやすい機能と見やすいデザインであるかも大切です。もし、操作などに不安があれば、サポート内容が充分であるかも選ぶ基準のひとつになります。

Q3. 個人的に利用できる勤怠管理アプリはある?

A. 本格的なアプリから無料で使えるアプリもある

フリーランスなどの個人で利用できる勤怠管理アプリもあります。有料で本格的な勤怠管理ができるアプリから、アプリストアから無料でダウンロードして使えるアプリもあります。自分の雇用や勤務形態にあったアプリを選んでみましょう。

勤怠管理に関する記事をチェック

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年11月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 1699
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

ビジネスの課題解決や業務効率化に役立つ情報をお届けします。

LIMIAビジネス部さんの他のアイデア

ビジネス向けソフトウェアのデイリーランキング

おすすめのアイデア