横浜のペット火葬おすすめ10選|選び方やペットが亡くなった際の流れも解説

横浜市のペット火葬業者を紹介します。ペット火葬の方法や費用といった選び方のポイント、火葬する際の流れについても解説しているので、ペットを火葬する予定がある方は参考にしてみてください。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 1775
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

横浜のペット火葬の選び方

  1. 1.ペットの火葬方法で選ぶ
  2. 2.火葬や葬儀にかかる費用で選ぶ
  3. 3.対応が丁寧で早い会社を選ぶ

【1】ペットの火葬方法で選ぶ

横浜でペットの火葬を選ぶ際には、まず火葬の方法を理解することが重要です。一般的には「個別火葬」と「合同火葬」の2種類があります。

個別火葬は、あなたのペットだけを火葬する方法で、より個人的な時間を持てる選択肢です。一方で合同火葬は、他のペットと一緒に火葬されるため、費用を抑えられますが、個々のペットに対する特別な配慮は少なくなります。

どちらを選ぶかは、ペットとの関係性や予算、そしてお別れの形に対する希望によって異なります。

【2】火葬や葬儀にかかる費用で選ぶ

費用は誰にとっても重要な選択基準の一つです。横浜のペット火葬サービスは、提供するプランによって価格が異なります。

骨壺や記念品などのオプションによっても費用は変動しますので、事前にしっかりとプランを確認し、予算内で最善の選択をすることが大切です。

【3】対応が丁寧で早い会社を選ぶ

サービスの質はペット火葬を扱う会社選びで非常に重要です。丁寧で迅速な対応をしてくれる会社を選ぶことで、ペットとの最後の時間がより穏やかなものになります。

実際にサービスを利用した人の口コミや評判、会社が提供するサポート体制、火葬の予約から返骨までの流れを確認することが重要です。心の準備ができるまで待ってくれる配慮や、迅速な手配が可能かどうかも、会社選びの大きなポイントになるでしょう。

横浜のペット火葬おすすめ10選

ペット葬儀110番

出典:ペット葬儀110番

※1:事業者の運営サイト全体のお問合せ件数(2022年10月末時点)
※2:対応エリア・加盟店により当日実施できない場合もあります

ペット葬儀110番は、シェアリングテクノロジー株式会社が提供するペットの火葬サービスです。ペットの飼い主と火葬サービスを提供する提携している加盟店とを仲介する役割を担っています​。加盟店と利用者を仲介することにより、全国どこでもサービスを利用できます

また、ペット葬儀110番は24時間365日対応可能であり、利用者はいつでもペット葬儀110番を通して加盟店に連絡を取り、相談や依頼を行うことができます。突発的なペットの死に直面した際でも、すぐにサポートを受けられる安心感が嬉しいポイントです。

よこはま動物葬儀センター

横浜動物葬儀センターは、昭和47年に設立された歴史あるペット葬儀センターです。横浜市旭区にある妙蓮寺境内に位置するペット納骨堂では、預けられたペットの骨に対して毎朝欠かさず読経と供養が行われています。

また、火葬炉を6基備え、犬猫に限らず、フェレット、ハムスター、小鳥などさまざまなペットの即日火葬に対応しています。

ジャパン動物メモリアル社

ジャパン動物メモリアル社は、ペット専門の葬儀サービスを提供する企業です。人間の葬儀から派生したビジネスモデルをペットに特化させており、ペット葬儀だけでなく仏具販売も手がけています​

自宅での火葬サービスを可能にする移動式火葬車を利用しており、依頼主のニーズに応じた柔軟なサービスを提供しているほか、遺族の感情に寄り添うホスピタリティを重視し、ペットの清めや潤いを無料で提供するなど、細やかな配慮がなされているのが特徴的です。

ペットヘブン

ペットヘブンは、横浜駅から徒歩7分に位置するペット専門の葬儀場です。無宗教・無宗派で、さまざまな宗教背景を持つ家族が利用できます。

小動物から40kg以上の大型犬まで対応しており、24時間体制の電話サポートと納骨堂も備えています。飼い主が家族同然に暮らしていたペットに対し、スタッフ全員で心のこもったサービスを提供しているのが特徴です。

日本ペットセレモ

日本ペットセレモは、残された家族とのコミュニケーションを大事にしているペット火葬・葬儀会社です。ペットの葬儀や火葬において、家族の希望に沿ったお別れを重視し、限られた時間内で深い配慮を行っています。

また、スタッフの中にはペット終活アドバイザーが在籍しており、専門的なアドバイスやサポートを提供しています。さらに、希望すれば僧侶による法要の実施も可能です。

横浜ペットセレモニー

横浜ペットセレモニーは、神奈川県を中心に出張ペット火葬を提供しているペット火葬会社です。出張には、火葬設備を備えた専用車を使用しています。ほかにも、個別火葬や合同火葬の後に提携寺院での埋葬などが可能です。

さらに、毎月8日と年2回(春・秋)にペットを供養するための法要を執り行い、立会個別火葬を依頼した方には、無料でメモリアルフォトを作成し、郵送するサービスも提供しています​​​​​​。

ポチたま霊園

ポチたま霊園は、常に花々と緑に囲まれた家庭的な雰囲気を持ち、ペットたちがリラックスして旅立てるような環境を提供しています。

火葬サービスでは、ペットのお骨を美しく残すことに注力しており、個々のペットに合わせた調整を行っています。また、動物専用に設計された霊園として、ペットと家族の絆を大切にする歴史があり、訪問しやすい立地と充実した施設が特徴です。

ほしあかり

ほしあかりは、完全個別火葬を行うペット訪問個別火葬です。個別に火葬するため、他のペットの骨が混ざることはありません

動物を心から愛する女性スタッフによって提供されており、ペットの家族の気持ちに寄り添い、真心を込めてお見送りを手伝っています。火葬料金は火葬から返骨までの料金が含まれているため、追加料金などがかからない明朗会計です。

横浜ペット火葬 想花(おもいばな)

横浜ペット火葬 想花(おもいばな)は、東京・神奈川・埼玉を中心にサービス展開している訪問ペット火葬、ペット葬儀です。

ペットの遺骨を白い骨壷や六角形の骨袋で返還してくれるほか、ペットへのお別れメッセージを書ける「六文銭」を提供しており、火葬の際に一緒に納めることができます。訪問火葬の際にはお花で飾った祭壇のワゴン車を手配し、心のこもったお別れが可能です。

ペット火葬を横浜でする際の流れ

  1. 1.腐敗を防ぐためペットを冷やす
  2. 2.火葬業者を探して連絡する
  3. 3.セレモニー・火葬を行う
  4. 4.家族への返骨や霊園への納骨などを行う

ペット火葬をする際の流れは上記の通りです。供養については手元供養、ペット霊園への納骨、散骨など、さまざまな方法がありますが、何を選ぶにしてもペットに対する愛情をもって行うことが大切です。

ペット火葬に関するQ&A

提供:LIMIA編集部

ここからは横浜市のペット火葬に関する疑問をQ&A形式で答えます。

Q1. 横浜市で犬が死んだらどうすればいい?

A. ペットが犬の場合は死亡した日から30日以内に届け出をしましょう

横浜市で犬が亡くなった場合、登録を抹消するために住んでいる地域の福祉保健センターへ連絡する必要があります。

参考:飼い犬が死亡したときの登録抹消の手続きについて教えてください。 - 横浜市

Q2. 横浜市営の業者で火葬してもらえる?

A. 横浜市民は市営斎場が利用できます

ペット火葬ができるのは、戸塚斎場です。個別火葬から合同火葬まで対応しており、利用者にあわせた対応が可能です。詳細は横浜市の公式ホームページで確認してください。

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年11月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 1775
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

ペット・ペット用品のデイリーランキング

おすすめのアイデア