給湯器の交換はどこに頼む?業者の特徴や依頼する際のポイントを解説

給湯器の交換をどこに頼むか迷っている方へ向けて、メーカーやガス会社など、依頼できる業者の特徴や選び方を解説します。「安いところがいい」「実物を見て比較したい」など、目的にあった依頼先を選びましょう。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 2024
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

給湯器の交換はどこに頼むのがいい?おすすめ業者の特徴

  • 給湯器メーカー
  • リフォーム会社
  • ガス会社・水道会社
  • 家電量販店・ホームセンター
  • 給湯器業者

給湯器の交換は危険を伴う作業であり、依頼先を選ぶ際には慎重に検討する必要があります。業者の選択は給湯器の性能や交換作業の品質、さらには費用にも影響を与えるため、各業者の特徴を理解し、適切な選択を行うことが大切です。

ここでは、給湯器の交換を依頼できる業者の特徴について解説します。

給湯器メーカー|自社製品の深い知識がある

給湯器のメーカーに交換を依頼する場合、メーカーの技術者は自社製品に関する深い知識と豊富な経験を持っているため、確実な技術とサービスを提供してくれます。

特に新しいモデルに交換する際には、最新の機能や設定に関する正確な情報を提供してくれる可能性が高いです。しかし、メーカー直営のサービスは費用が高額になることがあり、予算が限られている場合には他の選択肢も検討するといいでしょう。

リフォーム会社|給湯器まわりのリフォーム工事も一緒に

リフォーム会社は給湯器交換だけでなく、キッチンやバスルームのリフォームなど幅広いサービスを提供しています。

給湯器交換を含む家のリフォームを計画している場合や、給湯器交換を一部のリフォーム作業と組み合わせたい場合には、リフォーム会社に依頼するのが良い選択となります。作業の効率化やコスト削減ができる一面も嬉しいポイントです。

ガス会社・水道会社|工事の経験が豊富で安心感がある

ガス会社や水道会社は給湯器の交換をはじめ、ガスや水道に関連するさまざまなサービスを提供しています。

ガスや水を使用する給湯器の扱いにも長けており、修理や交換まで対応してくれるのもポイント。費用の安さや最新の給湯器設備などよりも安心感がほしい方はガス会社や水道会社がおすすめです。

家電量販店・ホームセンター|給湯器の実物を比較できる

家電量販店やホームセンターでは、給湯器の展示や販売を行っており、一部の店舗では導入や交換のサービスも提供しています。

給湯器を実際に見たり触ったり、複数のメーカーを比較したりと生の情報を得られるため、給湯器選びの面においては良い場所といえるでしょう。ただし、店舗スタッフは専門業者と比べると詳しくないケースもあります。

給湯器業者|給湯器の修理や交換に早く安く対応できる

専門の給湯器業者は給湯器の取り扱いに特化しているため、給湯器の修理や交換に関する高い専門知識と技術を持っています。

給湯器業者は全国各地に点在するため、住んでいる地域に対応している業者を比較することで高品質なサービスを受けられるほか、費用の安い業者を簡単に見つけられます

ただし、費用が安いあまりサービスの品質が落ちるようでは元も子もありません。サービスの品質と費用の両面を見て給湯器交換業者を選びましょう。

給湯器の交換をどこに頼むか決める業者選びのポイント

  • 作業員は有資格者か
  • 交換費用に納得できるか
  • アフターサービスや保証があるか
  • 口コミや実績が確認できるか

作業員は有資格者か

給湯器の交換は専門的な技術と知識が求められる作業です。特にガス給湯器の場合、安全に関わる作業が含まれるため、作業員が適切な資格を持っていることは必須です。

業者に依頼する前に、作業員がガス主任技術者などの関連する資格を持っているかどうかを確認しましょう。資格を持つ作業員は、安全かつ正確に作業を実施し、万が一トラブルが発生した場合でも適切な対応が期待できます。

交換費用に納得できるか

給湯器交換の費用は、業者や給湯器のモデルによって大きく異なります。費用が予算内であるかどうかを確認するためにも、事前に複数の業者から見積もりを取得し、比較検討することが重要です。

見積もりはサービス内容が明瞭で分かりやすいものであること、追加料金が発生しないことを確認しましょう。さらに、費用に対してのサービス内容が適切なバランスであるかどうかを検討することも重要です。

アフターサービスや保証があるか

給湯器交換後にトラブルが発生する可能性はゼロではありません。そのため、アフターサービスや保証が提供されている業者を選ぶことをおすすめします。

保証期間内にトラブルが発生した場合、無償や低費用などでの対応が期待でき、安心して利用することができます。アフターサービスや保証の内容は業者によって異なるため、詳細を確認し、納得できるサービスを提供している業者から選びましょう。

口コミや実績が確認できるか

業者の信頼性や実績を判断するためには、過去の利用者の口コミや評価を確認する方法が使えます。

インターネット上のレビューサイトやX(旧:ツイッター)やインスタグラムなどのSNS、業者の公式サイトに掲載されている事例などを参考に、良い評判や実績がある業者を選びましょう。

給湯器の交換業者で迷ったらガス救fromおうちのアラートに依頼しよう

出典:ガス救fromおうちのアラート

給湯器を交換する際は、「ガス救fromおうちのアラート」がおすすめです。ガス救fromおうちのアラートは、ガス給湯器を専門に扱っており、国内の主要メーカー品を取り扱っているほか、価格の安さや施工の丁寧さが魅力のサービス。

関東と関西にそれぞれ拠点を持っている地域密着型の強みを生かした最短即日の工事で、緊急時にも対応してくれます。

Webフォームからの申込で3,000円オフになるお得なサービスが利用できるため、給湯器の修理を考えている方は以下から利用してみてください。

給湯器の交換サイン

蛇口からお湯が出ない

給湯器からお湯が出ない、または温度が安定しない場合は交換サインです。

給湯器内でお湯を沸かす機能が正常に動いていないことを示しています。給湯器内部にあるサーモスタットなどが損傷している可能性があり、修理や交換が必要な状態です。

ガス栓や給水栓が閉まっているなどのすぐに解決できる原因でない場合は、速やかに専門家に相談し、必要に応じて給湯器の修理や交換をしましょう。

水漏れしている

給湯器からの水漏れは、配管の劣化や破損を示す典型的なサインです。

水漏れは、給湯器自体の問題だけでなく、配管接続部分の問題である可能性もあります。特に、貯湯式の電気給湯器では、タンク内の圧力変化や腐食によってタンクが破損し、水漏れを引き起こすことがあります。

水漏れを放置すると床や壁に損傷を与える可能性があるため、発見したら速やかな交換が必要です。

寿命を迎えている

給湯器の一般的な寿命はリンナイやノーリツなどのメーカーによる設計上の標準使用期間で約10年とされています。

給湯器が寿命を迎えると、効率が低下して故障のリスクが高まります。また、古い給湯器を使用し続けることは、エネルギーの無駄遣いにもつながることもあるでしょう。

寿命を迎えた給湯器は、新しい給湯器に交換することでエネルギー効率の向上や安全性の確保が期待できます。

給湯器の交換に関するQ&A

提供:LIMIA編集部

ここからは、給湯器の交換に関する疑問をQ&A形式で答えます。給湯器の交換で疑問があればチェックしてみてください。

Q1. 給湯器が壊れたらどこに頼む?

A. 給湯器の修理や交換の依頼先には以下があります

  • 給湯器メーカー
  • リフォーム会社
  • ガス会社・水道会社
  • 家電量販店・ホームセンター
  • 給湯器業者

それぞれに特徴がありますので、自分の目的からどこに頼むか選ぶのがおすすめです。また、アパートやマンションなどの賃貸物件に住んでいる場合は、管理会社へ連絡をして業者の手配をお願いしましょう。

Q2. 給湯器の交換費用はどれくらい?

A. 給湯器の修理費用の目安は1万2,000円(※)です

交換するパーツや本体の価格などによって最終的な費用は異なります。必ず見積もりを取った上で確認してください。

※:2023年10月時点。LIMIA編集部の調査に基づく

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年12月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 2024
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

住宅設備・リフォームのデイリーランキング

おすすめのアイデア