火災保険で外壁塗装ができる条件3つ!塗装費用は無料になる?

火災保険を使って外壁塗装費用を補うには、3年以内の自然災害による被害であり、外壁修理の費用が免責金額を超えている必要があります。火災保険の種類によっては、水漏れや水害等の被害でも適用されることがあるので、詳しく事例などを確認してみましょう。また、見積もりや必要書類などの準備は専門業者のサポートを受けるのがおすすめです。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 4335
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

火災保険で外壁塗装できる?種類によって適用範囲が異なる

提供:LIMIA編集部

住宅火災保険

住宅総合保険

オールリスク保険

火災

風災

落雷

雪災

破裂・爆発

雹(ひょう)

水害

×

水漏れ

×

暴行・破壊

×

飛来・落下・衝突

×

事故・不注意での破損

×

×

火災保険には火災の補償だけでなく、家屋に起きうる損害を備える保険という意味合いもあります。

そのため、風災や落雷などでも火災保険が適用され、外壁塗装ができる可能性もあります。ただし、火災保険の種類によっては適用範囲が異なるので、加入している火災保険の適用範囲を調べておきましょう。

【1】住宅火災保険

提供:LIMIA編集部

一般的な住宅火災保険の場合、火災や風災、雪災に加えて、落雷や雹(ひょう)、破裂や爆発などの原因で外壁の塗装が破損した場合に適用されます。

水漏れや水害では適用されないので、注意しておきましょう。

【2】住宅総合保険

提供:LIMIA編集部

住宅総合保険は、住宅火災保険の内容に加えて、水害や給排水設備の不具合による水漏れ、建物の外から物が当たったときやデモなどの暴行での破損したときに適用されます。不注意で起きた事故などには適用されません。

【3】オールリスク保険

提供:LIMIA編集部

オールリスク保険は、住宅火災保険と住宅総合火災保険の内容に加えて、不注意で起きた事故などの破損にも適用される保険です。

「住宅総合保険ワイド補償」など保険会社によって名称や保証内容は異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

火災保険を使って外壁塗装をするときの3条件

提供:LIMIA編集部

火災保険が適用される外壁塗装の条件について解説します。

【1】自然災害などの被害を受けた

火災や落雷、風災、雹、雪災、破裂、爆発などの自然災害が原因で外壁塗装が必要になった場合、火災保険が適用されることがあります。

水害や水漏れ、デモや不注意での事故などはプランによって、適用範囲は変動します。自分の入っている火災保険がどのような条件で適用されるのか確認しておきましょう。

【2】被害にあってから3年以内

被災してから3年以内で外壁塗装が必要であれば、火災保険が適用される可能性があります。この時効は保険法によって規定されていますが、保険の種類によって異なる場合もあります。

時効については加入している保険会社に問い合わせるとよいでしょう。

【3】免責金額を超えている

保険会社では「免責金額」と呼ばれる自己負担額の基準が定められています。

加入しているプランや保証内容によって異なりますが、フランチャイズ方式であれば一般的に約20万円の免責金額が設定されていることがあります。エクセス方式の場合には、被害金額から免責金額を差し引いた金額が保証されます。

免責金額より見積額が下回った場合には自己負担になります。また、免責金額を上回ったからと言って、必ず満額で保険金が支払われるとも限らないので、注意しておきましょう。

火災保険では経年劣化が原因の外壁塗装はできない

外壁塗装をするときに火災保険が適用されないケースもあります。苔が生えたときやひび割れたなどの経年劣化が理由の場合には、火災保険は適用されません。主に適用されるのは、自然災害などで外壁が破損したときなので注意しましょう。

火災保険で外壁塗装をするときの流れ

提供:LIMIA編集部

【1】保険会社に連絡して必要な書類などを確認する

自然災害などで外壁塗装が必要になったら、まずは火災保険が適用範囲であるか保険証券を確認しつつ、保険会社に問い合わせをするようにしましょう。

このときに、申請に必要な書類について確認しておくと、準備をスムーズにできます。

【2】専門業者に連絡して調査と見積書の作成をしてもらう

火災保険が適用される条件が揃っていれば、専門業者に連絡をして調査と見積書などの必要書類を作成してもらいましょう。

専門業者に連絡するときには、火災保険の申請予定であることを伝えておくとスムーズです。また、損害箇所が分かるように写真も撮っておくことを忘れずにしましょう。写真をとるときには家全体の様子と、損害状況などを分かりやすくするためにも角度を変えた写真を何パターンか撮っておくと親切です。

【3】必要書類を用意して申請する

専門業者による調査を受けて、見積書を作成してもらったら申請を行います。申請には請求書や見積書、損害が分かる写真などの必要書類を一式揃えてから送りましょう。また、申請は被保険者が行うようにしてください。

【4】損害保険会社による調査を受ける

申請が終わると、損害保険会社が選んだ鑑定人による損害状況の調査を受けることになります。鑑定人が申請書などを元に実際の被害を確認したり、損害額を算定します。

【5】受給確定後、保険金が支払われる

保険会社が申請と鑑定人からの情報を元に火災保険が適用されると認定された場合、保険金が支払われます。

ただ、外壁塗装の施工前に支払いがあるとは限りません。保険金の支払いが間に合わない場合には、一時的に施工費用を自己負担する必要があります。

一般的には申請から30日後に支払われますが、保険会社や状況によって異なるので、注意しておきましょう。

火災保険で外壁塗装を行うときの注意点

火災保険で外壁塗装を行いたいときには、いくつか注意点があるので、念頭においておきましょう。

【1】被害が確認できる写真は必ず撮っておく

火災保険で外壁塗装をするときは、一般的に自然災害によって損害を受けたときに適用されます。

災害にあった被害状況を確認できる写真がないと火災保険が適用されない可能性があります。やむをえず、すぐに外壁を修繕する必要がある場合には必ず被害状況を写真に撮っておくようにしましょう。

【2】火災保険の申請は被保険者が必ず行う

火災保険の申請は被保険者が行う必要があります。業者によっては、申請を代行すると言ってくることがありますが、申請の代行は火災保険の契約違反になりかねません。

ただし、申請に必要な書類や写真などを用意してもらうなどのサポートを受けても問題はありません。

【3】申請が受理されても費用が無料になるとは限らない

申請が受理されて火災保険が適用されたとしても、外壁塗装の費用を保険会社が全額負担してくれるとは限りません

そのため、塗装費用の支払いができないなんてことがないように、費用を算出できるか計算しておきましょう。

外壁塗装は専門業者に相談してみよう!

火災保険申請時の見積もりや、受理後の外壁塗装は専門業者に行ってもらいましょう。ここでは外壁塗装業者を紹介してくれるおすすめのサービスを紹介します。

ヌリカエ

出典:ヌリカエ

ヌリカエは、自分の住んでいる地域の外壁塗装業者を調べて依頼ができるサービスです。サイト内の簡単な質問に答えることで、自分に合った外壁塗装業者を検索できます。

外壁塗装以外にも屋根の塗装やリフォーム、解体などの業者も検索できます。電話相談時の通話料は無料で、受付時間は10:00〜19:00、土日祝日の問い合わせも可能なので、気軽に問い合わせしやすいです。

外壁プランナー

出典:外壁塗装プランナー

※サイト全体での問い合わせ件数(2022年10月末時点)

外壁塗装プランナーでは、外壁塗装に特化した専門業者を一括で見積もりできるサービスです。外壁塗装について困っているのであれば、一度相談してみましょう。

電話での相談は年中無休で受け付けているので、気軽に問い合わせできるのも魅力です。

※対応エリア、加盟店により対応できない場合もあり

火災保険適用の外壁塗装に関するQ&A

Q1. 火災保険が適用される外壁塗装の条件は?

A. 自然災害・被害から3年以内・免責金額を超えている

火災保険が適用される外壁塗装には、上記のような条件があります。自然災害であってもプランによっては、水害や水漏れなどが適用されないこともあります。また、被害にあってから3年以内で、保険会社が設定している免責金額を超える場合に適用される可能性があります。

Q2. 火災保険が適用されない条件とは?

A. サビやひび割れ、苔の発生などの経年劣化

経年劣化による外壁塗装には火災保険は適用されません。また、火災保険によっては、水害や水漏れ、事故、衝突などは適用範囲外であることもあります。確認しておきましょう。

Q3. 火災保険が適用されると費用は無料になる?

A. 保険金で全額負担されるとは限らない

火災保険が適用されてたとしても、塗装費用が全額負担されるとは限りません。一部は自己負担する可能性もあります。

Q4. 火災保険で外壁塗装するときの注意点は?

A. 被害状況を写真に残し、被保険者が申請を行う

火災保険を使って外壁塗装するためには、被害状況が分かる写真が必要です。専門業者に調査してもらうときに、写真の撮影も依頼しておくのがおすすめ。また、火災保険の申請は被保険者が行う規則です。業者に申請を代行してもらうと、契約違反で適用されない可能性もあります。

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年7月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 4335
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

住宅設備・リフォームのデイリーランキング

おすすめのアイデア