ミルク作りにはウォーターサーバーがおすすめ!メリットや選び方のコツを紹介

子育て中の方の多くは、ミルク作りが負担に感じていることでしょう。そんな方には、ウォーターサーバーがおすすめ!本記事では、ミルク作りにウォーターサーバーを活用するメリットと機器の選び方について解説します。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 3502
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ミルク作りにウォーターサーバーがおすすめな理由

ウォーターサーバーのほとんどは、冷水機能と熱湯機能の両方が備わっています。熱湯機能は約80℃~87℃となっているため、手軽にミルク作りが可能です。

では、ウォーターサーバーを活用することで、ミルク作りのどのようなメリットが得られるのか1つずつ見ていきましょう。

時短でミルクが作れる

ウォーターサーバーを活用するメリットは、時短でミルクが作れるところです。通常ミルクを作ろうとするとお湯を沸かすところから始めなければならず、時間がかかってしまいます。

しかしウォーターサーバーであれば、すぐにお湯が出ます。忙しい方にとっては、うれしい機能と言えるでしょう。

離乳食や他の食事が作れる

ウォーターサーバーのメリットは、ミルク作りのみならず離乳食や他の料理などが作れるところです。カップ麺や鍋料理、ドリンクなどの料理を作ることができ、家事の負担が軽減しやすくなります。

ウォーターサーバーは育児だけに限らず、家事全般に役立つ存在になるでしょう。

クリーン機能でボトルが清潔に保たれやすい

育児の方で気になるのがウォーターサーバーの清潔感! ウォーターサーバーの水が清潔でないとミルク作りにはあまり使いたくないでしょう。しかし多くのウォーターサーバーにはクリーン機能が搭載しており、清潔感のある水をキープしてくれます。(※)

自動で熱殺菌の処理を行ってくれるので、常に清潔感のあるウォーターサーバーを使えるのが魅力です。

※"アルピナウォーター 公式HP"参照

チャイルドロック機能で火傷のリスクが減らせる

小さい子供がいると、ウォーターサーバーをいたずらに触って火傷しないか心配になることでしょう。しかし、ほとんどのウォーターサーバーにはチャイルドロック機能が備わっており、複雑な操作をしない限りはお湯が出ないようになっています。

ものによっては操作の複雑さに手間取ってしまいますが、慣れてしまえば簡単に使いこなせるようになるでしょう。

ウォーターサーバー選びのポイント

手軽にミルク作りができるウォーターサーバーですが、選ぶ際は注意が必要です。何となく使ってみたいという理由で選んでしまうと思わぬ損を受けてしまうかもしれません。

ここからは、ウォーターサーバーの選び方について解説します。

軟水またはRO水(ピュアウォーター)を使っている

ミルク作りに適したウォーターサーバーを選ぶ場合は、軟水またはRO水(ピュアウォーター)のものを選びましょう。RO水とは、RO膜(逆浸透膜)ろ過という技術により0.0001マイクロメートルの細かいフィルターに通して99.9%の不純物を取り除いたお水のことです。ピュアウォーターとも呼ばれています。

「硬水ではダメなのか?」と疑問に感じる方がいますが、硬水だと赤ちゃんの内臓に負担がかかりやすくなってしまいます。場合によっては、便秘の原因にもなるので注意が必要です。(※)

赤ちゃんに負担をかけないためにも、軟水やRO水(ピュアウォーター)タイプのウォーターサーバーを選びましょう。

※"Reset Time 公式HP"参照

70℃以上のお湯が出る

ウォーターサーバーを選ぶ際は、70℃以上のお湯が出るタイプのものを選びましょう。ミルク内の細菌を殺菌するためには70度以上の熱が必要で、基準よりも下回ってしまうと赤ちゃんの身体に負担がかかってしまいます。(※)

ほとんどのウォーターサーバーの場合は約80℃~87℃の温度をキープしていますが、念のためどれくらいの熱湯になっているのか確認しましょう。

※"プレミアムウォーター 公式HP"参照

ランニングコストを確認する

ウォーターサーバーの購入前には、どれくらいのランニングコストが掛かるのか事前に確認しましょう。メーカーによって料金が異なっており、約1,000~5,000円ほどのコストが掛かります。家族の人数が多ければ多いほど、ウォーターサーバーにかけるコストも増えるでしょう。

無駄なコストをかけないためにも、どれくらいのコストが掛かるか料金体制やサーバーレンタル料、オプションなどチェックしてみてください。メーカーごとに料金相場を比較するのがおすすめです。

ボトル交換がしやすい

ウォーターサーバーを選ぶ際は、ボトル交換のしやすさも重要です。ボトルの容量は約10L前後のものが多く、交換するだけでも労力を使います。上部にセットするタイプのものだと持ち上げなければならないため、女性にとっては身体の負担がかかってしまうことでしょう。

より手軽にボトル交換をしたい場合は、足元にセットするタイプか軽量ボトルタイプのものがおすすめです。

除菌・抗菌システムが備わっている

ミルク作りに適したウォーターサーバーを選ぶ際は、除菌や抗菌機能が備わったタイプのものを選びましょう。クリーン機能やUV除菌機能などが備わったウォーターサーバーは、定期的にボトル内部をクリーンにしてくれるのでおすすめです。

メーカーによっては除菌と抗菌の仕方が異なるので、事前にチェックしてみてください。

ウォーターサーバーでミルクを作るポイント

ウォーターサーバーでのミルク作りは、通常のミルク作りと変わりません。しかし機器によっては、熱湯の温度が異なるため、赤ちゃんにとってのミルクの適温を細かく調整する必要があります。

【ウォーターサーバーでのミルクの作り方】

  1. 1.完成量の2/3程度に哺乳瓶にお湯を入れる
  2. 2.お湯が入ったら粉ミルクを入れる
  3. 3.粉が少しでも早く溶けるよう軽く振る
  4. 4.粉ミルクが溶けたら完成量まで冷水を入れる
  5. 5.腕に1、2滴ミルクをたらし人肌程度の温度になっていれば完成

ミルク作りにおすすめのウォーターサーバー4選

ここからは、ミルク作りにおすすめのウォーターサーバー4つを紹介します。お得なキャンペーン情報やデザイン、機能性など詳しく解説するので、ぜひチェックしてみてください。

1. 北アルプスの天然水のピュアウォーター「アルピナ」PR

ウォーターサーバーでミルク作りをするなら、「アルピナウォーター」がおすすめです。水は北アルプス産の天然水を使用! アルピナウォーターは、ミネラルなどを含む不純物を99.9%除去したピュアウォーター。雑菌はもちろん、放射性物質の心配もありません。ピュアウォーターのアルピナなら赤ちゃんにとってベストバランスなミルクが作れます。(※1)

WHO(世界保健機関)の定める基準によると、軟水の基準は硬度60mg/L未満(※2)。日本では硬度100mg/L未満を「軟水」と称する場合が多いようです。

なお市販のペットボトルのミネラルウォーターは、代表的なブランドでも硬度50mg/L未満のものもあります。アルピナは硬度1mg/L以下のため、「ミルクが溶けやすい」「赤ちゃんへの負担軽減が期待できる」のが特徴。軟水の中でも硬度が低いものにこだわりたい方におすすめです。

料金は12Lボトルで、1,242円(税込)から利用可能! リーズナブルな価格となっているため、低コストでウォーターサーバーを活用したい方におすすめです。月の定期購入ノルマなしで利用できるので、自分のペースで活用したい方は、ぜひ「アルピナウォーター」をチェックしてみてください。

※1:“アルピナウォーター 公式HP”参照
※2:“厚生労働省 公式HP(PDF)”参照

【一部媒体限定】乗り換えキャンペーン実施中!

アルピナウォーターでは、他社ウォーターサーバーから乗り換えた場合に、①現金5,000円②初回お届けボトル③320ml×24本特典がプレゼントされるキャンペーンを実施中です!

さらに、申し込み時にフォーム連絡欄にキャンペーンコード「TCP-006」を記入すると、約2ガロン(約7.6L)が追加でプレゼントされます。

一部媒体限定のキャンペーンなので、LIMIA(この記事)からの申し込みがおすすめ!少しでも気になった人は、下記リンクより詳細をチェックしてみてください。

※「TCP-006」が記載されていない場合、限定キャンペーン対象外となります。
※ 2回目のお届け本数は、お住まいの地域により異なります。
※ お届け本数のうち2本分が無料となり、それ以外のボトルは有料となります。

2. ハワイの大自然で生まれたおいしい水「ピュアハワイアン」

https://www.hawaiiwater.co.jp/ hawaiiwater.co.jp

「ピュアハワイアン」は、ハワイの大自然で生まれた天然水を最新技術で分子レベルまで磨き上げたピュアウォーター(※)。また、ウォーターサーバーとしてミルク作りにも利用可能です。

温水&冷水機能や、チャイルドロック機能と充実した機能が付いているのもうれしいポイント。サーバーレンタル料は無料なので、水の料金のみで利用できます。

※"ピュアハワイアン 公式HP"参照

3. 部屋の雰囲気に馴染むウォーターサーバー「クリクラFit」

「クリクラFit」は、スリムなデザインが魅力のウォーターサーバーです。部屋に馴染みやすいデザインとなっており、インテリアアイテムとして活用できます。

「クリクラFit」の魅力は、水受け皿が哺乳瓶にフィットしているところ! 哺乳瓶がぴったり収まるような形状となっているため、しっかり固定した状態でお湯が注げます。

片手で赤ちゃんを抱っこした状態で使えるのは、育児中の方にはありがたいでしょう。

4. 徹底的にろ過された水!暮らしで便利なウォーターサーバー「アクアクララ」

https://www.aquaclara.co.jp/ aquaclara.co.jp

「アクアクララ」は、日本人に合った飲みやすく飽きのこない水を提供しているウォーターサーバー。生活にも馴染みやすいデザインや充実した機能が付いており、子育ての方も利用しやすいです。

冷水や温水が使える機能や、出し入れ自由なウォータートレイ、チャイルドロック機能など、こだわりが詰まっています。また、赤ちゃんに優しい軟水を使用しているので、ミルク作りにもおすすめです!

ウォーターサーバーを使ってミルクを作ろう

本記事では、ミルク作りにウォーターサーバーを活用するメリットと機器の選び方について解説しました。ウォーターサーバーを活用することで、ミルクが時短で作れるだけでなく、離乳食やスープ、コーヒーなどの飲食も作れるのでおすすめです。気になった方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 3502
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア