建築のアイデア(40ぺージ)

建築に関する記事一覧。有名建築や建築家に関する記事や、注文住宅やリフォーム、リノベーションを行うときに参考になる記事をまとめました。 リミアでは多くの建築の専門家が、実際に手がけた建築を豊富な写真と記事でご紹介しています。こだわりの家づくりを検討している方は、自分のイメージに近い建築を実例と共に探すことができます。 また、リミアでは多くの建築家にリフォームや注文住宅の見積もり・相談を無料ですることができます。まだ先だけどリフォームやリノベーションを検討している方など、お気軽にお問い合わせください。

  1. 【WORKS】アーバンリゾートスタイル ユーソニアハウス

    都会的でありながら自然を感じられるアーバンスタイルのユーソニアハウス。 大地を抱え込むように低く抑えた深い軒、リズミカルに連続する窓、 伸びやかな水平ラインが強調されたゆったりした外観は街並みに優しく馴染み 安心感をもたらします。 屋外と屋内が流れるように融合し、明るい自然の光が溢れ、心から落ち着けると 同時に随所にドラマチックな演出が仕掛けられた空間は、家族が快適で豊かな生活を 送る場となり、いつまでも大切に住まい続けられることでしょう。 良いデザインは決して色あせることはありません。 流行に左右されない普遍的な家、心から満足できる上質な住まいをご提案します。

    オーガニックハウスFSM木更津 ㈱ジーシーオー
    • 1561
    • 17
  2. 目の前にある風景を、ふんだんに取り入れた大空をつかむLDK空間!!(徳島県)

    敷地はレンコン畑の拡がるのどかな農業地域。 「県産材を力強く使った住まい」が住まい手の一番の要望であった。一階に和室や夫婦寝室といった落ち着ける場所をつくり、二階にはダイナミックな木組みに囲まれた、レンコン畑と大きな空を一望できるLDK空間を設けた。毎日変化する風景をふんだんに味わいながら家族で家事や勉強、食事を楽しむ住まい。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 1499
    • 18
  3. 【伝統の匠の技】接ぎ木、埋木の技法を駆使した文化財修復事業

    重要伝統的建造物群保存地区である比叡山延暦寺の門前町「坂本(滋賀県大津市)」の里坊の門の修理・修景工事です。 文化庁・滋賀県・大津市の指導の下、構築物(門)を一旦解体し、一つ一つの材を念入りに調査。再利用できるものは極力、修理・補強の上、再利用するという文化財修復特有の難しい所があり、根気とそれぞれの職人の卓越した技術を求められる作業です。再利用できる材は表面を丁寧に削り、腐食した部分は慎重に接ぎ木や埋木等の技法を駆使し修復、補修を施します。また腐食し再利用できない部分は新調して再度組み上げ、仕上に古色塗で全体を彩色し、創建当時の姿を忠実に再構築しました。 尚、文化財修復に用いた様々な技法は歴史ある住宅(町屋・古民家)のリフォームでも活用しております。

    共和木材工業株式会社
    • 659
    • 4
  4. まちなかでも開放的に暮らす、吹き抜けある住まい!!(福井県)

    敷地は一般的な住宅街の中にある宅地。 「吹き抜けのある住まい」が住まい手の要望であった。一階にLDK空間を配置し、木塀に囲まれた芝生の庭で暮らしを楽しめるように内と外が緩やかに繋がるウッドデッキを設けた。二階には子供室や夫婦寝室を設け、吹き抜けを通して「自分が暮らすマチ」を望めるようにした。刻一刻と変わりゆくマチを望みながら時間と共に「育まれる住まい」。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 2448
    • 17
  5. #017 集合住宅の緑とあかり

    今までの集合住宅は建物と駐車場が敷地一杯にあり、樹木等を植栽すること、庭を設けることなどは積極的に行ってきませんでした。近年、その傾向は徐々に変化しつつあります。今回、機会を得て小スペースながらもある程度の植物を植えることが出来ました。春夏秋冬、四季折々の表情を少しでも楽しんでいただければ幸いです。 南棟1階の3戸にはそれぞれ庭があり、高木を一本ずつ植栽しました。管理面を考え化粧砂利と常緑樹一本という極シンプルな構成ですが、考え方を変えれば余計なものをそぎ落としたミニマルな庭、といっても良いかもしれません。忙しい日々の中で窓の外に目を向けると樹木の緑を感じることが出来ますし、花が咲く樹種や実を付ける樹種もありますので、緑を存分に体感できるはずです。 植栽工事の他に照明器具の選定、配置も計画させていただきました。テーマは”当てて照らす”です。建物の立面図を見た時に窓のない壁面が多く存在したので、窓を避けながらほぼ等間隔でスポットライトを配置し、壁面を照射することとしました。ポールライトは目立ちすぎないように地上高400mm以下、反射板で足元を照らすタイプを選びました。施工性等の観点からスポットライトとポールライトの2種類のみで計画を立案しましたが、シンプルながらも多様で質の高い空間となりました。 今回の事例は、はじめの一歩です。人の住まう場所に緑があり安らぎ憩う、防犯機能だけではなくライトアップにより非日常空間を感じ楽しむ。周辺環境の上質な空間が個々人の生活の質の向上につながると信じ、少しずつでも進んでいければと思っております。

    Green Scape Lab(GSL)
    • 1071
    • 11
  6. 手すりが揺れない階段の秘密【すぐに設計の現場で使える技を紹介します】

    スチール階段はもう珍しくはない中、 問題があるとすれば手すりの揺れではないでしょうか。 ここでは手すりの揺れを最小限に抑えた設計のポイントを実例写真と データを交えて解説していきます。 すぐに設計の現場で使える技です。

    カワジリデザイン(k-design)【家具設計】
    • 3313
    • 7
  7. 畳のお手入れについて

    和室の畳は一度住み始めると、そのまま長い年月が経ってしまいがちです。定期的なメンテナンスや、傷んだら取り替えるなどのお手入れをお勧めします。 【ご自身でするお手入れ】 半年に一度、晴れた日に天日干しにします。畳表が日焼けしないよう裏にして壁に立て掛け、布団を叩く要素で畳のホコリを叩きだした後4~5時間太陽に当てましょう。 ※畳は元の位置と違う場所に敷くと上手く収まらない場合があります。畳を剥がす前に、どの位置・どの向きで敷いてあるかとメモして畳に貼っておきましょう。 【専門家に依頼するお手入れ】 使用年数や状況によって色々なメンテナンスがございます。 畳の変色や傷みが気になったらお気軽にアフター管理課にご相談下さい。

    株式会社 富士住建
    • 466
    • 0
  8. 【1月14・15・22日】2週連続構造見学会開催!!

    呼吸する「木の家」構造見学会開催のお知らせ 2週連続開催!! ①認定低炭素住宅 開場:沼田市東倉内町地内 日時:1月14㈯・15㈰日10:00~16:00 ②省エネ住宅 開場:昭和村地内 日時:1月22㈰日10:00~16:00  完成前の姿が見られるチャンスです!!何を使っているの?地震対策は?口では何とでも言えます。実際にご自分の目で現場を見て安心な家づくりをしてください。

    鞍城建設
    • 517
    • 4

3286件中 781 - 800 件を表示