使いやすさ倍増! パントリー&勝手口で快適なキッチンに

作業効率の良いキッチンにはどのような特徴があるのでしょうか?今回アイムの家ではコラム「使いやすさ倍増! パントリー&勝手口で快適なキッチンに」を公開しました。ぜひご覧ください。

  • 25186
  • 108
  • 0
  • いいね
  • クリップ

機能的で使い勝手のよいキッチンにするため、欠かせない要素がパントリーと勝手口。
十分な広さを確保しても、家事導線が生きてなければ、その脳力は半減します。

パントリーは導線第一で考えましょう

パントリーとは、キッチンのそばにある収納のことで、
食品や飲料などをストックするためのスペースです。
ウォークインタイプや奥行きの浅いものなど種類も様々あります。

パントリーは、「どこに配置するか」で使い勝手に大きく影響を及ぼします。
例えば、次の間取用のように、2つの出入りルートを
もつよう配置するのはいかがでしょう。

●2つの出入りルートをもつパントリー

この間取りなら、玄関→パントリー→キッチン、
勝手口→パントリー→キッチンの2つの出入りルートがあることで、
重い荷物もすぐに収納することができます。キッチンから出たごみも
サービスヤードへ出しやすい機能的な導線となっています。

●2階キッチンにあるパントリー
また、2階にキッチンがある場合、ゴミや保存野菜の置き場に
便利なサービスバルコニーを設けるのもおすすめです。
パントリーを併設することで、内外2段構えの収納ができます。

パントリーの配置場所は、食材をできるだけ低温に保つため、
太陽熱の影響を受けにくい北や東に配置するのがよいでしょう。
十分に換気のできるつくりにすることも大切です。

パントリーを風除室にして勝手口を設ける

ゴミ出しや泥付き野菜の搬入などに玄関から出入りするのは、
汚れやにおいが気になり不便ですよね。
そんな時は、キッチン付近から出入りできる勝手口が便利です。

従来の勝手口は、キッチンの片隅に靴脱ぎのための土間があるだけでしたが、
これではドアを開けた途端に冷たい冷気が流れ込み、
近ごろのオープンキッチンには不向きです。
そこで上記の間取りのように、キッチンとは別室にした
パントリーに勝手口を設けるとよいでしょう。
パントリーが風除室の役割も果たし、一石二鳥です。

アイムの家では、女性のこだわりをカタチにした
「サンデー ラテ ハウス」を公開中!
女性の家づくりのプロが集まって「家事がしやすくて、生活も楽しめる」を
テーマにした、いいとこ取りのモデルハウスです。
キッチン周りの技ありアイディアもたくさん!
ぜひ、お越しくださいませ。

  • 25186
  • 108
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

完全自由設計で理想のマイホームを実現するアイムの家です。当社の大きな特徴が、専任の女性インテリアコーディネーターが打ち合わせから完成まで家づくりを担当します。お…

おすすめのアイデア

話題のキーワード