箕面の家

 大きく区画された敷地に新しい家が立ち並ぶ分譲地に建つ。計画地は3方向を道路に囲まれ、道路面より少し高台となった敷地形状となっている。まわりを通る人は、建物外周全てを見ることが出来ることとなる。

 そこで箱が並べられて組みあがった様子とし、建物四周が眺める場所によって表情を変えるように考えていった。外観形状から作られる南側の大きな窓と、四周をめぐるハイサイド窓やスリット窓により、いろいろな方角から光が入り込む。
 
  大きな窓は外部デッキスペースに面し、箱状の外壁に合わせるようにデッキまわりに対して壁を立ち上げており、外の視線を気にすることなく開放的に過ごすことができる。

場所:大阪府箕面市
竣工年:2012年
用途(家族構成):専用住宅(夫婦+子供3人)
敷地面積:243㎡ (74坪)
建築面積:81㎡ (25坪)
延床面積:120㎡ (36坪)
階数:地上2
構造:木造
写真撮影:矢野紀行
写真家HP:http://www.yanofoto.com/

  • 790
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 790
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

当設計事務所は、大学で同級生だった、藤原慎太郎と室喜夫が、2002年に設立し、今年で14年目を迎えました。家族とゆったり過ごす住まい、小さな住宅、景色を楽しむ住…

おすすめのアイデア

話題のキーワード