西宮のリノベーション

兵庫県西宮市の住宅街に建つ、3階建ての建物のリノベーションです。
親世帯が住んでいた建物を、2世帯住宅にリノベーションしました。
元々あった建物は鉄骨造。数年前から他の場所での、新築の検討もしていましたが、最終的には、実家のリノベーションを進めることになりました。
既存の建物は鉄骨造ということもあり、内部の柱が少なく、プランの自由度がありそうでした。
そうしたことから、希望される住まいが実現できるのではないかと、リノベーションのプランを提案しました。

1階は親世帯の使い勝手を重視して、親世帯の部屋、両世帯が利用する洗面、浴室、WCを配置。親世帯の部屋にはミニキッチンを設置しています。
2階3階は、子世帯の住まいに。2階は間仕切りを取り払い、できるだけ広い空間を取ることに。
バルコニーをデッキとして、大きな開口を設けることで、内外のつながりをつくっています。
キッチンはオープンキッチンをデザインして、たっぷりと収納を設けました。
階段をガラスで仕切ることで、圧迫感を減少させ、上下階とのつながりを持たせています。
壁と天井は漆喰仕上げとし、スチールや無垢材なども、仕上げ材として利用しています。
3階は、寝室に子供室を配置。3階の子供室は、将来の間仕切りができるように計画し、3つの子供室がつくれるように考えています。
全体としては、外装は綺麗な状態でしたので、手を入れず、内部は壁を取り払い、断熱材を追加していきました。

リノベーションは大きさに制約のある中で、希望の住まいをどう実現するか、というのがプランの大きなポイントです。今回の建物は、1~3階の面積を合計すると、2世帯としても面積は満たされている建物でした。しかし、1階に駐車場と親世帯と水回り、2階は階段が中央付近に位置することでのプランの制、3階に寝室と子供室3つの部屋という面積の制約、がありました。狭小住宅の設計で培った、細かな寸法設定や家具の配置の検討をすることで、限られた面積の中、広がりも感じられるプランを実現することができました。

場所:兵庫県西宮市
竣工年:2015年
用途(家族構成):専用住宅(夫婦、母親、子供2人)
敷地面積:72.45㎡(21.88坪)
建築面積:54.34㎡(16.41坪)
延床面積:152.40㎡(46.04坪)
階数:地上3
構造:鉄骨造
写真撮影:藤原慎太郎

  • 851
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 851
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

当設計事務所は、大学で同級生だった、藤原慎太郎と室喜夫が、2002年に設立し、今年で14年目を迎えました。家族とゆったり過ごす住まい、小さな住宅、景色を楽しむ住…

おすすめのアイデア

話題のキーワード