住空間に統一感を。インテリアフラワーを楽しむコツ

  • 1961
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ

今、我が家のリビングに飾っているお花は
「ハナナス」(花茄子)という枝ものです。

ハナナスとは、その名の通りナス科の枝もので、
小さいナスのような可愛らしい実が付いています。

写真ではシンプルな花器に活けているだけですが、

このように下の方にまで実(または花)が付いているものの場合、
クリアなガラスベースを使って中まで見せるように活けるのがポイントです。

また、この実をちょっとだけカットして別の小ぶりのベースに活ければ、
パウダールームやキッチンにも飾ることができます。

(写真ではレモンリーフを一本添えてパウダールームに活けています)

リビングと同じお花を別の空間に活けることで、住空間に統一感も生まれます。

わざわざ数種類のお花を用意しなくても、一種類のお花を切り分けて使えば
スマートにインテリアフラワーを楽しめるのでおすすめですよ!

  • 1961
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

食空間コーディネーターFlower,Table&Wine Salon『日美彩花』主宰。「貴女の毎日をちょっと素敵に豊かなものに」をコンセプトに、上質なシ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード